2018年8月14日 更新

セブで1番お勧めのおしゃれイタリアンレストラン「Anzani(アンザニ)」

皆さんこんにちは 今回は接待やデート等、ここぞというときにピッタリのレストラン「Anzani(アンザニ)」をご紹介します。 セブ島にはおしゃれで高級感のあるレストランがいくつもございますがその中でもここアンザニは特に高級感があり店員の接客やサービス、食事の味等どれをとっても100点のレストランです。

皆さんこんにちは
今回は接待やデート等、ここぞというときにピッタリのレストラン「Anzani(アンザニ)」をご紹介します。
セブ島にはおしゃれで高級感のあるレストランがいくつもございますがその中でもここアンザニは特に高級感があり店員の接客やサービス、食事の味等どれをとっても100点のレストランです。
場所はセブ島のマルコポーロホテルの少し手前にあります。
タクシーで行くときはマルコポーロホテルの少し手前とドライバーに言えばわかりやすいかと思います。
少し上に行くと夜景の綺麗なトップスに行けるのでデートコースとしても良いかもしれません。
 (8910)

お店の入り口からおしゃれな雰囲気が漂っていいます。
best of Cebuやtrip asviser等にも取り上げられているほど知名度があります。
 (8914)

 (8915)

アンザニは1品からのアラカルトメニューも豊富にありますがコース料理もあります。
コース料理は3品4品5品6品からのコースとなっていて料金も1600ペソほどからとなっております。
アラカルトもステーキ等は少々割高かなと思いますが、平均的には高すぎない料金かなと思います。
さて今回は4品のコース料理を頼んでみました。
まず出てくるのがキノコ型のパンです。3種類から選べます。
そのあとにパンにつけるソースが運ばれます。
オリーブオイル、トマトソース、バルサミコ酢の3種類あります。
どれも高級感あるれる大人な味でした。
 (8918)

こちらが前菜のsmoked duck breast(カモの胸肉の燻製)です。
お店の雰囲気にピッタリの上品な前菜でした。
2品目がマッシュルームを使ったリゾットだったのですがあまりにも見た目も良くおいしかったので写真を撮りすれてしまいました。。。。すいません。。
 (8922)

メインは魚料理でした。
魚も身がかなりしかっりしていてトマトソースとの相性も抜群でとてもおいしい料理でした。
 (8924)

デザートはシュークリームのようなものだったのですが、そこまで甘くなくとても落ち着いた味でした。
こちら4品料理で1600ペソ(税別)です。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<フィリピンのファミレス>お手軽なフィリピン料理を楽しむならココ!!「KUYA J (クヤジェイ)」

<フィリピンのファミレス>お手軽なフィリピン料理を楽しむならココ!!「KUYA J (クヤジェイ)」

今回は、セブ滞在中にお手軽にフィリピン料理を楽しみたい!という方にオススメの「KUYA J (クヤジェイ)」というレストランを紹介いたします♪ 値段もお手軽で、現地のフィリピン人も多く、日本のファミレスのような雰囲気です。
SORA | 104 view
マリバゴ地区にできたおいしいフレッシュマンゴーのデザート出店「Mango Almighty」

マリバゴ地区にできたおいしいフレッシュマンゴーのデザート出店「Mango Almighty」

セブといえばマンゴー! セブで食べるマンゴーは本当に美味しい! そんなフレッシュマンゴーがデザートで出てきたら美味しいに決まってる!!! そんな夢のようなフレッシュマンゴーを使ったデザート屋さんがマリバゴに新しくオープン! フィリピン人も美味しい!と感動した美味しくて安いマンゴーデザートを今回はご紹介!!
SHIORI | 163 view
【マクタン島】Shakey'sに行ってみた♡!

【マクタン島】Shakey'sに行ってみた♡!

日本にも店舗のある“あのファストフードチェーン店”がマクタン島にもオープン!早速行ってみました♪
Aika | 188 view
プンタエンガーニョ地区オススメのレストラン『guiseppe』

プンタエンガーニョ地区オススメのレストラン『guiseppe』

セブ島に来たらせっかくなら美味しいものを食べて、飲んで、、、 そんな時間を過ごしたい方も多いと思います! セブ島といえばやっぱりフィリピン料理!しかし、毎日食べていると少し飽きてしまうのも事実! 今回ご紹介するレストラン『guiseppe』はマクタン島の中でも数少ない本格イタリアンが食べられるお店! 平日も多くのお客様が来店する人気の理由についてもまとめていきたいと思います!
SHOTA | 102 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiroki hiroki