2013年4月9日 更新

甘い秘密?パーティーなどで可愛らしいお菓子を作るLMGのパティシエにインタービューしてみた!

セブの魅力は観光、留学、ロングステイなどがありますが、食べ物も魅力の一つ。レストランのみならず、甘いスイーツも多く、安い価格で美味しいスイーツを楽しむことができます。

フィリピンは誕生日パーティーなどのイベントにとても大切にしており、親族などを集めて手作りの料理を多く用意したり、日本では見かけないようなカラフルで可愛らしいケーキなどを購入することが多く、この様なケーキはイベントの一躍を見せています。

セブには数多くのペイストリー店(ケーキ屋)があるのですが、中でも有名なのが今回紹介するLMG Pastry Chef(LMGペイストリーシェフ)というお店。そのお店のオーナーでもあるLani(ラニ)さんにお話を伺うことが出来たので、インタビューして来ました!

 



LMGペイストリーシェフというお店はITパークが付近にあるラホグ地区にあります。2008年にこの会社がLani M. Garcia(ラニ)さんによって設立され、バースデーパーティー向けのケーキなどのイベントのケーキを作る他、ペイストリーを中心としたお菓子を作っています。

そんなLMGペイストリーシェフのオーナーであるラニさんお話を伺うことが出来たので、彼女が作るお菓子への想いなど聞いてみる機会があったので、インタビューをしてみましたよ!

 

筆者: ラニさんの背景を少し教えて下さい。ラニさんは誰ですか?何をされているのですか?


lmg3

ラニさん: 私の名前はLani M. GarciaLMG Pastry Chefというセブシティにあるペイストリー店のオーナー兼、ビジネスウーマンです。イベントによりデザートブッフェのようなセットアップをする他、オリジナルケーキやカップケーキ、クッキーなども作っています。

私たちのお店はセブで初めてクロカンブッシュケーキポップスを販売しているお店ということもあり、誇りに思っています。ニューヨークにインスパイアされたベイクドチーズケーキも作っています。

筆者: なぜこのお店を立ち上げようと思ったのですか?


LMG-Pastry-Chef

ラニさん: 料理・ペイストリーの学校に居た時、まだ学生だったその時当時の私には今後のプランなど全く考えていませんでした。ただ自分は食べ物が好きだということ、作るのを好きだったこともあり、もしこのまま私の人生の中にパティシエの人生を続けられたらなと思いました。

この思いを両親ぶつけて、彼らのサポートもあったことにより、ケーキ作りがブームになりました。ケーキ作り自体が私の人生への道だということも実感したのです。

筆者:他のお店よりLMGのお店が作るが良いと思うのはなぜだと思いますか?


lmg2

ラニさん: このお店を立ち上げた時、私は一つのゴールしか持っていませんでした。それは「量より質(Quality Over Quantity)」の商品を作るということ。私達が作る商品はいつも美味しく、美しく、細部への作りにもこだわっており、きっちりとしたケーキを作ることに専念しています。

私は小さい頃から負けず嫌いだったので、私の周りに他のパティシエと一緒に仕事するということが好きですね。後は仕事に少しの愛を注いでいるというのもあります。

筆者: 最初のお客さんは誰でしたか?


Cake-Pops-LMG-Pastry-Chef

ラニさん: 私の家族、親族そして私の友人たちです。

筆者: 商品の中で一番ベストセラーなのはどれですか?


ラニさん: お店のベストセラーは「I Love New York Cheesecake(アイラブ・ニューヨークチーズケーキ)」という商品です。これはどこにでも見かけられるようなチーズケーキと違っていて、何時間も焼く作業をしています。シンプルで美味しいのです!

i-love-new-york-cheesecake-LMG-Pastry-Chef

カスタマイズしたオリジナルケーキも作っており、その他カップケーキ、クッキー、ケーキポップスなど要望に合わせて作ることもできます。

ここ数年はイベントのテーマに沿ったデザートブッフェを多く提供しており、「新時代のケーキ」を作り出そうと思っています。私にとって、デザートブッフェのプランを立てるというのは楽しみの一つでもあります。

筆者: ここ最近は出費に関して気にする人が多くなって来ましたが、どの程度の予算ですか?


ラニさん: 私たちの商品はそこまで高くありません。でも決して安いという意味ではありません。お客さんの要望や予算にあわせた商品を私たちは提供しているのです。

筆者: ラニさんの商品の他に好きなことはなんですか?


lmg

ラニさん: 私はデザートブッフェの準備をすることが大好きです。デザートブッフェは商品の一つになるかもしれないけど、美しくて美味しいいので、どのパーティーでもゲストたちを魅了させるほか、話のネタにもなるので、そういう反応を見るのが楽しいのです。

筆者: 今あるお店を更に展開しようと考えていますか?


dessert-buffet-LMG-Pastry-Chef

ラニさん: 私は今あるLMG Pastry Chefのお店で十分満足しています。私の次のゴールはブランド名を維持するということ。もしそれがダメだったら数年のうちに改良を続けること。だから、更に私のお店を展開しようとは今のところ、思ってないわ。

筆者: これからラニさんのお店からどんな事を楽しみにしてればいいと思いますか?


LMG-Pastry-Chef-yum

ラニさん: 新しいトレンドをこれからも提供すると思います。色んなデザートブッフェ、チーズケーキ、色んなケーキ、そして色んな楽しいデザインとかね!

 

フィリピンは日本で見かけないようなカラフルで可愛らしいデザインのケーキを見かけることがありますが、このお店はデザートブッフェなどを提供しているお店ということもあり、人気が出てきているお店でもあります。

好きなことを仕事にできるというのはとても素晴らしいこと。好きなことをして、人に喜ばれるので、更にやる気が増しますよね!ラニさんによる作品はFacebookページ公式サイトでチェックすることができますよ。

もし、セブで誕生日パーティーや結婚式、大掛かりなイベントをやってみようと思う方はこのお店をチェックしてみると良いでしょう!

(Shaira Berame / 訳: MIKIO)

[ Zerothreetwo | A Sweet Secret: LMG The Pastry Chef ]

Additional Photos via LMG Pastry Chef
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio