2012年5月1日 更新

パラワン島で紫色をした新種のカニを発見。

まるでエイリアンみたい!?

観光地でも有名なパラワン島ですが、新種のカニが発見されたそうです。
鮮やかな紫色をした新種の淡水ガニ4種類をフィリピンのパラワン(Palawan)島で発見したと、独ゼンケンベルク動物学博物館(Senckenberg Museum of Zoology)に勤務するヘンドリック・フライターク(Hendrik Freitag)氏が21日、明らかにした。

-AFP通信



フィリピンは自然に覆われた国なので、生物の多様性がある国なのですが、生態学系は自然の破壊等で危機に面しているそうです。

このカニは大きもので5.3センチ程度の大きさで、低地の森林のごく一部の岩陰や川底の穴に生息し、夜間に枯れた草葉や果実、小動物の死骸などを食べているとみられているそうです。

 

この他にもレイテ島で新種のカエルが発見されたよう。

自然の神秘がいっぱい詰まっているフィリピンですからね。発見した人もさぞ喜んだことでしょう。

 

(MIKIO)

[ AFP ]
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio