2012年11月24日 更新

セブにあるサント・ニーニョ教会にいってみよう!

セブシティーにある、観光名所「サントニーニョ教会」にやってきました!

セブにある観光名所は少ないので、一日で回る事だってできます。特にセブシティーの観光地、マゼランクロスサントニーニョ教会サンペドロ要塞、は全て徒歩圏内にあります。

この三つを押さえてしまえば、後はトップスとマクタン島にある「マクタンシュライン」くらいです。

今日はそんな観光名所、サントニーニョ教会に行ってきました!

 



 

サントニーニョ教会と言えば、スペイン時代に作られた教会で、その歴史はフィリピンで最も長いものです。そもそもセブシティーは、スペインが初めてフィリピンに上陸した時の初めての街なのです。

言い換えてしまえばフィリピンでもっともキリスト教の歴史が長い場所という事になります。

そんなサントニーニョ教会には、毎日のように敬虔なキリスト教信者がやってきます。この教会に祀られているのは、キリストの子供時代の人形「サント・ニーニョ」が飾られています。

この人形は、スペインの女王がセブの首長へと友好の証として送ったものです。この人形は幾度もの戦争を経験しても、傷一つ付く事が無かったとして有名になりました。

今ではセブの守り神として、各家庭に飾られていたり、お店に飾られていたりします。

スペイン時代に渡された人形が、この教会に今は祀られています。



そんなこの教会ですが、場所はダウンタウンにある為非常に危険です。できれば1人で行かず、数人でまとまっていくのが良いでしょう。

セブシティーの海沿いの地域は危険な地域の一つとして、注意してください。

さて、教会の中に入ってみましょう。



 

中庭には、こういった彫刻や噴水があります。スペイン時代を思い起こさせるものばかりです。

 



石造りの噴水が、周りの光景に溶け込んでいます。少し錆びれた感じが雰囲気を出していますね。

肝心のお祈りをする場所ですが、下の写真のようになっています!



沢山の信者で賑わっていて、歴史のある教会なのだな、という事を思い起こさせます。

ところで、肝心のサント・ニーニョの人形ですが、警備が厳しく写真撮影はできませんのでご注意ください。

また、沢山の観光客がこの教会にはやってきます。特にホーリーウィークと呼ばれるキリスト教のお祭りの時期は非常に多いです。

フィリピンの歴史を感じる事が出来る、サント・ニーニョ教会。

セブに来たら行っておきたい観光地として、今日も沢山の人々がやってきています。是非皆さんも行ってみてはいかがでしょうか?

(ひろ)

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

年末のセブ島旅行ならここで決まり!!【最新版 セブ島ホテルのまとめ】 高級5つ星ホテルを一気にご紹介します。

年末のセブ島旅行ならここで決まり!!【最新版 セブ島ホテルのまとめ】 高級5つ星ホテルを一気にご紹介します。

セブ島マクタン島屈指の高級5つ星ホテルを一気にご紹介します。年末のセブ島旅行で泊まるならここがおすすめです!年末には花火が盛大に上がり一生の思い出の年越しになること間違えなし。贅沢な年越しをセブ島の5つ星ホテルで過ごしてみてはいかがでしょうか。
hiroki | 396 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro