2012年4月18日 更新

セブに来たら行かなきゃ損!大人気「ボホール島1日観光」!

 

セブと言ったらやっぱりメガネザルの『ターシャ』ですよね。

 

この愛らしい世界最小のメガネザルは、ボホール島という島に住んでいます。

ボホール島はセブ島のすぐ南側にあり、フィリピンで10番目に大きな島

ボホールはここ数年日本のメディアにも取り上げられ、エコツアーが盛んなセブに無い大自然の息吹が残ったネィチャーアイランドです。

 

今回はそんなボホール島1日観光のツアーをご案内します!





 

人気のボホール観光は、高速艇でセブ島からボホール島に移動します。

約2時間ほどで到着してしまいます。



 

船内はこんな感じ。これがエコノミーシート。他にビジネスクラスもあります。





 

ボホール島到着後、まず『血盟同盟記念碑』を見学。

 

そしてランチ。ロボックリバーのクルーシングランチはバンドも船に乗り込み楽しい雰囲気でフィリピン料理を楽しめます。







ランチは、日本人にも食べやすい味のフィリピン料理!新鮮で甘いフルーツもあります。

 

 

 

そして、ランチ後は『ターシャ』を見学。本当に可愛いですね!





ターシャについてご紹介したブログはこちら。

ちなみに、ターシャを手のひらに乗せることは出来ません。また、フラッシュを利用した撮影は禁止です。なぜなら、ストレスでターシャが自殺してまうことがあるんです。

 

ターシャ見学の次は、マンメードフォレストと言う植林で出来た森を抜けて、

『チョコレートヒルズ』を見学します。



チョコレートヒルズの展望台から眺める景色も絶景です。

ボホールの有名な「ピーナッツキッス」というお菓子の形にそっくり。

1000を超える丘陵の不思議な景色を楽しめます。

 

地元のお土産はカラマイというココナッツともち米そしてブラウンシュガーを練ってココナッツの殻に入れたお菓子があります。ほんのり甘くて美味しい素朴な餅菓子。

 

そしては最後は『バクラヨン教会』を見学。フィリピンで最古級の教会です。



 

どうですか?ボホール島に興味が湧いてきました?

1日ツアーでは効率よくボホールの観光地を周ることができます。

日本語ガイド付きなので安心ですね。

 

大自然の魅力に溢れるボホール島。絶対に行かなきゃ損ですよ!!

(SHIHO)




ツアー紹介: PTNトラベル

ボホール一日観光 



人気のボホール観光はWI-FI対応の高速艇でセブ島からボホール島に移動します。セブの港からボホールへの高速艇は朝9時20分の予定です。お帰りは ボホール発17:30発でセブ港着が19:20になります。セブのガイドが乗船のお手伝いを致します。稀に復路の高速船が遅れる事がございます。ツアー後のご予定は余裕を持って設定頂くようお願致します。
ボホール島内では、血盟同盟記念碑見学、バクラヨン教会見学、ターシャ見学後にロボックリバーのクルーシングランチ。バンドも船に乗り込み楽しい雰囲気でフィリピン料理を楽しめます。

このツアーの詳細をもっと読む >>
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shiho shiho