2017年9月14日 更新

フィリピン航空で貰える無料のトラベルSIMカードを使ってみよう!

こんにちは、ヒロフルカワ(@MailTomix23)です。

現在はセブ島に短期滞在中ですが、僕は携帯電話を使えるようにして、日々ストレスのないように生活をしています。

その一つが「現地のSIMカードを使う」というのです。

久々にフィリピン航空を利用して驚いたのが、トラベルSIMカードを無料で貰えるというサービスでした。これまでにこうしたサービスを受けたことがなかったので、とても新鮮な気持ちになりました。

そこで今回は、「フィリピン航空から無料で受け取れる、Globe回線のトラベルSIMカードの受け取り方・使い方」について紹介します。

SIMフリーの携帯電話を持っていれば、セブ島の滞在がラクになるのでオススメです。費用も押さえられますよ。


トラベルSIMの受け取り方・使い方




フィリピン航空の機内にて、入国カード・関税申告書と一緒に配られるSIMカードのチラシ。

よくよく見るとFree Travel SIMと書いてありました。普段からSIMフリーのiPhoneを使う僕としては、これを利用しない手はありません。



早速、無料のSIMカードをもらいに行くことにしました。今回はフィリピン航空から配られるSIMカードの受け取り方について紹介します。

 

1.フライト番号を記入する

裏面にPRと書かれた箇所があるので、その横の空欄に乗ってきたフライトを書き込みましょう。



 

2.Globeのブースに持っていく




税関を抜けたあとのすぐ左手に、Globeの小さなブースがあります。

そこでフライト番号を記入した紙を渡してください。すると、SIMカードの入った袋を渡してくれるので、受け取りましょう。



ちなみに、300ペソで5日間有効のプランなどオトクな利用サービスもあります。

ぜひとも活用してみて下さい。

 

3.SIMを入れ替える




渡された袋からSIMカードを取り出して、持っている携帯に合わせてSIMカードを切り取りましょう。

次はiPhoneでSIMカードのトレイを取り出します。トレイを取り出す際は、iPhone専用の細い棒が必要になるので必ず持ってきましょう。

 

もしも忘れた場合は、ブースの人がやってくれる可能性もあります。声をかけてみてはどうでしょうか。

随分と前の話ですが、マニラのブースにいたお兄ちゃんにSIMカードを交換してもらったことがあります。

準備ができたら、トレイに合わせて乗せたSIMカードをiPhoneの右横に挿し込みます。



 

SIMカードを挿し込んだ後、すこししたら番号が認識されます。

あと一息で携帯電話が使えるようになるので、最後の手順である携帯番号の認識させる作業をしていきます。

 

4.8080にMABUHAYと送る


ここからがフィリピンの特殊な携帯事情。

SIMカードを挿し込んで認識された後、ショートメッセージ(SMS)から、宛先を8080としていして、本文に「MABUHAY」と打ち込んでメッセージを送信します。

下の画像を参考にしてみて下さい。すぐに返信が返ってきます。

メッセージを送ることによって番号が認識され、トラベルSIMカードの特典が利用可能になります。



SIMカードを差し込むだけだと上手く機能しないので、メッセージの送信を忘れないようにしてください。

フィリピン航空で配られるトラベルSIMカードの特典はコチラです。

  • Globe同士の通話が無制限で無料

  • SMSは20通まで

  • 15MBのデータ通信が無料


これらの中でも、3つ目の15MBのデータ通信が特に嬉しいところですね。フィリピンに着いて早々にラインやSNSが使えると考えたら、かなり使い勝手のいいものだと思います。

 

旅行好きはSIMフリーのスマホを持っておこう


トラベルSIMカードを使うには、SIMフリーの携帯を持ち歩く必要がありますが、SIMフリーの携帯電話を持つメリットは通信業者を選べるようになります。

しかも日本国内外で使えるので、旅行やバックパッカー、旅には必需品です。

 

僕の場合は銀座のアップルストアにて、iPhone SEのシルバーを購入しました。

日本にいる間はY!mobileを使って通信費を2千円以下に押さえていますが、海外に行ったら現地のSIMカードを挿して使っています。

空港などでwifiルーターをレンタルするよりも、現地のSIMカードでインターネット回線を使った方が安上がりの場合もありますからね。

 

フィリピンでの1週間の携帯代は500円いかないくらい(SIMカードの購入費込)なので、旅行にかかる通信費用を安く抑えることができます。

 

安く押さえた費用を、食事やマッサージ、ショッピングに使うのもいいでしょう。

 

まとめ:国内のサービスが向上している


最後はちょっと話がズレました。これまでジェットスターや大韓航空を利用してきましたが、久々に利用したフィリピン航空は、以前に比べてサービスの質がかなり向上しました。

なんとフィリピン航空は、客室乗務員のサービスにおいて東南アジア系のエアラインの第4位になっています。

 

フィリピンが国を挙げて、観光業にチカラを入れているのがよく分かりますね。

SIMカードがすぐ手に入れば、現地の友人にすぐ連絡送れるのでいいですよね。家族への安否の連絡にも役立ちます。

またエキサイトセブでは「観光客必見!セブパシフィック航空機内で無料で貰える携帯電話のSIMカードを使ってみた!」として、セブをベースとした航空会社・セブパシフィック入手できるSmartのトラベルSIMカードがレポートしています。

個人的にはGlobeよりもSmartを好んで使うので、こちらも要チェックですね。

 

(ヒロフルカワ)

転載元: Theoretical 【旅ハック】フィリピン航空で貰える無料のトラベルSIMカードを使ってみよう!
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro