2017年4月5日 更新

自撮り大国フィリピンリリースされたSNS「Hoy!」とはどんなものだろう

フィリピン人は世界一カラオケが好きなことは有名な話ですが、もうひとつ、フィリピン人は世界一自撮りが好きな国とも言われているそうです。SNSが発達した現在、自身のライフスタイルを公開することは当たり前になってきました。

Facebookはもちろん、写真を中心としたInstagramなどさまざまなSNSを活用して自己表現を行っているようです。そんなSNSを愛するフィリピンで広まりつつある新しいSNSに「Hoy!」というものがあります。今回はそんなSNSの時代の最先端をいく「Hoy!」についてご紹介します。



スクリーンショット 2017-04-04 22.25.49「Hoy!」はSNSを活用した企業広告を目的にフィリピンでリリースされました。Hoy!と提携する企業やブランドの製品と一緒に撮影した自撮り写真をアップロードすることで企業から報酬をもらえる仕組みです。

FacebookやInstagram同様に、写真はアプリ内の友人のフィードに流れ、「HOYA<7741>」(Facebookでいう「いいね!」)を付けたり、コメントを書いたりする機能があります。

Screenshot_2017-04-04-22-29-24筆者も試しにアプリをインストールしてみました。Facebookと同期できるので、アカウントを持っている場合はものの数分でアカウントを作成することができます。

Screenshot_2017-04-04-21-14-29このように提携する企業が一覧で表示されて各ページに移るとそのお店を利用したユーザーの写真が大量に出てきます。

Hoy!だけではなく、Face Bookにも自撮り写真が拡散することで企業やブランドはタダ同然で大きな宣伝効果を得ることができる非常にコスパが良いPR方法といえるでしょう。

スクリーンショット 2017-04-04 22.19.50ユーザーが狙うものは企業からの報酬です。報酬は企業が設定するHOYA<7741>の目標数を獲得すると得られるようになっています。アプリをFacebookと同期させ、Facebook上の友人とつながったり、Facebookのフィード上にも写真をアップしてHOYA<7741>のかわりにいいね!をもらったりもできるので、ユーザーはあらゆるSNSを活用して報酬ゲットに尽力します。

フィリピン人の国民性を活かし、消費者と企業間の新しい広告コミュニケーションを創り出すサービス「Hoy!」がフィリピンでどうのように拡大していくか楽しみです。日本では聞いたことがないHoy!ですが、近々国内でリリースされる日もくるかもしれません。

 

(REON)

 

 

 

 

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

PUBLIC TRANSPORT(V-HIRE)でマクタンニュータウンからSMシューマートへ

PUBLIC TRANSPORT(V-HIRE)でマクタンニュータウンからSMシューマートへ

フィリピンの庶民の足といえば、だれもが知っているジプニー! タクシー、バイクタクシー、トライシクル、中には人力の自転車トライシクル、そしてマイバスなど色々ありますが、今回はマクタンニュータウンよりSMシティまでを往復してるPUBLIC TRANSPORT(V-HIRE)に乗ってみました。
shin | 20 view
セブ・マクタン島の地元のフェスタに参加してみた!

セブ・マクタン島の地元のフェスタに参加してみた!

今回はセブ・マクタン島の地元のフェスタをご紹介したいと思います。 年に一度のフェスタ。今年は9月30日と10月1日の土曜と日曜の2日間開催されました。 とはいえ、単なる地元のお祭りです。 前日の夜から準備を始めて、道路沿いに日本の小学校の運動会に使うような旗を掛けてビニール製の看板を掲げるだけです。
shin | 12 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

reon reon