2012年7月25日 更新

セブに来たら絶対に行って欲しい「アイランドホッピング」!綺麗な海でスノーケリングを楽しもう!

セブに来たら絶対に行って欲しいところ。

それは「アイランドホッピング」です!

アイランドホッピングとは島巡りのこと。大きなバンカーボートに乗って行きます。

アイランドホッピングでは、スノーケリングやBBQランチでセブの海を思いっきり満喫できちゃいます!

セブに来たら絶対行ってみたい11の所。の記事でも紹介されています。



こちらがアイランドピクニック用のバンカーボート。真っ白で大きくてカッコイイですね。



 

アイランドホッピングではいくつかの島を巡りますが、今回は人気のルートをご紹介します。

 

まず最初に、「ヒルトゥガン島」という島に行きます。この島は周りが海洋保護区になっていて、小さな魚から大きな魚までたくさん生息しています。ニモだって、大きなツバメチョウチョウウオだって、大きな青ヒトデだって見れますよ。

 

 

ここでボートからのスノーケリングを楽しみます。



ちなみに、島から少し離れると崖になっているためダイビングポイントにもなっています。

 

 

そして次は「ナルンスアン島」に行きます。

ここはアイランドホッピングで一番人気の島だと思います。

 

特徴は長い長い桟橋。どこまでも続いています。

橋の向こうにはレストランや宿泊施設があります。



 

ここでランチタイム。ナルスアン島のレストランでフィリピン式BBQランチを頂きます。

お肉や新鮮なお魚、甘い南国フルーツはいかがですか?





 

お腹いっぱいになった後は、可愛い小屋で一休み。



 

レストランの前は、浅瀬のビーチが広がっています。

満潮だともっと水位は上がります。水が透明でとってもきれい。



 

桟橋の反対側はスノーケリングポイントになっています。

さぁ、食後のエクササイズの時間です!

 

ここには、黒と白のシマシマの魚 オヤビッチャニモなどがたくさんいます。島の周りが海洋保護区になっていて、ここもダイビングポイントになっています。

こんな透き通った海でスノーケリングを楽しんでください。



中には魚にエサをあげている人も。



 

スノーケリングをたっぷり楽しんだ後はホテルへ向かいます。

もうひとつ島へ行きたい場合は、ナルスアン島から15分ほど離れたパンダノン島に行くことも出来ます。ここは白浜が綺麗な島で、のんびりとした時間を過ごすことが出来ますよ。

 

どうですか?アイランドホッピングに行きたくなってきました?

きっと忘れられない思い出になること間違いなしです!

 ご家族で、お友達同士、恋人同士でいかがですか??

 

(SHIHO)




ツアー紹介: PTNトラベル

アイランドピクニック



マクタン島内ホテルから約10分程度でツアーを催行しているショップに到着します。 そこからアウトリガーと呼ばれる浮木が船の左右に装備されたバンカーボート乗って約30分程度のマクタン沖合を目指します。 心地よい風と太陽の温かい日差しをお楽しみください。サンクチュアリー(珊瑚の海洋保護地区)では思い存分シュノーケリングをお楽しみ頂けます。 ダイビングポイントにもなっているエメラルドグリーンの綺麗な海です。クマノミやカラフルな熱帯魚がのどかに泳いでいる南国の竜宮城でのシュノーケリング をゆっくりお楽しみ下さいませ。ライフジャケットもあるので泳ぎが苦手な人も安心。セブ島とボホール島に囲まれたマクタン沖は内海で大きな波も少なく小さ なお子様から安心して楽しめますよ。

このツアーの詳細をもっと読む >>
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

LCCも就航し、直行便であれば5時間程で来ることのできるフィリピン、セブ! その手軽さと、物価の安さから比較的お手頃な価格で楽しむことができるセブは、幅広い年代の日本人に人気になっております! このページを見て下さっている皆様は、フィリピンという国がが7000もの島からなる国ということをご存知でしょうか? どの島にと独自の特色があり、唯一無二の魅力に溢れております! その中でも筆者が大好きな島の1つである【ナルスアン島】について今回紹介させて頂きます。
SHOTA | 136 view
セブ島を120%楽しむ!セブ島遊び完全攻略ガイド!【2017年度最新版】

セブ島を120%楽しむ!セブ島遊び完全攻略ガイド!【2017年度最新版】

今やアジアを代表するビーチリゾートとして知られるセブ島。快適なリゾートホテルと、歴史の面影を残すフィリピン最古の町という2つの表情が魅力です。 セブ島だけではありませんが、旅行のスケジュールでもっとも悩むのが現地での過ごし方ですよね。 今回はセブ島旅行に来られる方や、検討中の方に向けて、これを抑えれば間違えなくセブ島を楽しめる現地での遊び方や過ごし方を紹介します。 ツアーを申し込む前に読んでいただくと、自分にあったセブ島旅行のイメージが湧くのではないでしょうか?
reon | 376 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shiho shiho