2016年12月5日 更新

[バギオネタ]フィリピンの軽井沢!?バギオ観光のススメ〜おすすめ公園編〜

エキサイトセブをご覧のみなさんこんにちは!
フィリピンに滞在する日本人にとっては、マニラやセブ中心部の排気ガス、大気汚染にはじめは驚かされますよね…。

一方で“フィリピンの軽井沢“と呼ばれる「バギオ」は空気が綺麗で涼しいことで知られています。
そんな「バギオ」の公園で過ごすひとときは、ここがフィリピンであることも忘れてしまいそうなくらい気持ちよくて、贅沢とも言えるでしょう。

今回は、そんな「バギオ」のおすすめ公園スポットをご紹介したいと思います。



Mines View Park(マインズビューパーク)




山をかなり登ったところにあるので、タクシーでアクセスしましょう。「マインズビューパーク」と伝えれば中心街から80ペソ前後(約184円)で向かうことができます。入場料は無料です!



入場口前からお土産屋さん街が広がり、入ってからもイカ焼きやマンゴーシェイクをいただける屋台があり、お祭りのようです。



ひとり20ペソ(約46円)でバギオの先住民族「イフガオ族」の民族衣装を借りて写真を撮ることができます。



そしてなによりもおすすめポイントなのが、目の前に広がる広大な景色。溢れる自然の中で、気持ちいい空気を思いっきり吸うことができます。小さな公園ですが、バギオの良いところを贅沢に味わえます。

 width=

さらにおすすめポイントとなるのが、マインズビューパークの麓にある公園で乗馬を楽しめる点です。
30分400ペソ(約920円)で公園内を円周することができます。1時間800ペソ(約1840円)を選ぶとなんと、麓の公園からマインズビューパークまで乗馬で向かうこともできるのです。日本では考えられない破格で乗馬を楽しむことができます!

バギオボタニカルガーデン




続いてご紹介するのが「バギオボタニカルガーデン」。こちらも中心街からタクシーで約60ペソ前後(約138円)。入場料は無料。



皆さん入り口でびっくりしないでください。エントランスにはなんとたくさんのバギオの先住民族イフガオ族が!マインズビューパークでは衣装を借りて写真を撮ることができましたが、こちらでは本物の民族と写真を撮ることができます。写真を撮り終わったら20ペソ〜50ペソ(約46円〜115円)のチップを渡しましょう。



ボタニカルガーデン内ではカラフルなお花を眺めながらお散歩したり、お土産屋さんを楽しむことができます。30分ほどで楽しむことができるので、朝イチのお散歩や午後の休憩にいかがでしょうか?



いかがでしたか?今週も引き続きバギオの魅力についてご紹介しました。涼しいバギオではなんといっても落ち着いた公園でピクニックをするだけでも最高です。是非足を運んでみてください。

(ぴなこ)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hinako hinako