2016年10月20日 更新

モールや観光地へのアクセスが容易なセブ市のホテル、ラディソン・ブル・ホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)

セブ島の観光といえばマクタン島にあるビーチリゾートをイメージするのがほとんどだと思いますが、ここ数年の都市開発が進み、新しいモールや夜景を楽しめる施設、またボホール島などのアクセスが容易などもあって、セブ市内での滞在を好む方も増えてきています。

メトロ・セブと呼ばれるセブ市、マンダウエ市内では数多くのホテルが点在しており、チョイスも幅広いのですが、中でもオススメなのが今回紹介するラディソン・ブル・ホテルセブ(Radisson Blu Hotel Cebu)です。



ラディソンブルはフランスの探検家、ピエールエスプリット・ラディソン(Pierre-Esprit Radisson )の名から取ったミネソタ州発祥のホテル。元々はアメリカ全国で展開しているラディソンホテルですが、1960年に海外することで本家であるラディソンホテルと区別が付くように「Blu」が付け加えられました。

世界の294のロケーションで展開しており、フィリピンではここセブ島で見つけることが出来ます。

img_0966

ラディソンブル・ホテルセブはSMシティセブモールに隣接する形で建てられています。

SMモールはフィリピンで1番の規模を持つ大型ショッピングモールで、他のモールよりも少し安くお土産や商品を見つけることが出来るので、ローカルの人達にも人気のあるモール。

Exif_JPEG_PICTURE

そんなモールがすぐ隣にあるだけではなく、ボホール島など他の島に行く際に利用するピア(Pier)がすぐそこにあったり、SMシーサイドシティモールやアヤラモール、ITパーク、トップスなどレストランが集まる商業プラザや観光地へのアクセスが簡単です。

Exif_JPEG_PICTURE

食事をするのに外出するのが少し面倒だと感じる方は、ホテル内に3つのレストランがあるので、そちらを利用してみるというのも良いでしょう。

中でもオススメなのがビッフェを楽しめるフェリア(Feria)で、フィリピン料理を初めとした数多くのインターナショナル料理を楽しむことが出来ます。ウォークインでも利用できるので、ビッフェレストランとしてもセブ島で人気があります。

Exif_JPEG_PICTURE

その他にはプールやジム、スパなどの施設がホテル内にあり、インターネット環境も比較的安定しています。

Exif_JPEG_PICTURE

マクタン島にあるようなリゾートとはまた違う、シティライフ向けのホテルになりますが、モールだけではなく、ビーチや観光地へのアクセスが簡単になるロケーションの中間地点にいることになるので、セブ島旅行の可能性がぐっと広がります。

ぜひ、ラディソンブルホテルをチェックして、優雅な休暇を過ごしてみてくださいね!

 

(TETSU)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブ島 卒業旅行にお勧め!!大部屋があるホテルのまとめ

セブ島 卒業旅行にお勧め!!大部屋があるホテルのまとめ

皆さんこんにちは! 2018年ももうすぐ1か月が過ぎようとしております。 冬が過ぎ出会いと別れの季節がやってきます。 今から卒業旅行など計画されている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は学生旅行にお勧めのホテルをまとめてご案内します。
hiroki | 73 view
マクタン島5つ星ホテルのガラディナーに参加!!

マクタン島5つ星ホテルのガラディナーに参加!!

皆さんこんにちは!! そしてあけましておめでとうございます!! 2017年はあっという間に終わり2018年を迎えました!2018年も様々なセブ島情報を発信していきますので本年も「エキサイトセブ」をどうぞよろしくお願いします。 さてさて皆さまは2018年をどのように迎えましたか? フィリピンの年越しは花火、爆竹が町中に鳴り響き大盛り上がりの年越しでした。 またホテルのはカウントダウンパーティーに参加された方も多いかと思います。 私はマクタン島の5つ星ホテルのカウントダウンパーティーに少しだけ参加してきたので一部紹介したいと思います。
hiroki | 90 view
【2018年最新版】格安旅行にお勧め!!マクタン島格安ホテルまとめ

【2018年最新版】格安旅行にお勧め!!マクタン島格安ホテルまとめ

セブ島といえば世界屈指のリゾート地。ホテルも様々なものがあります。 エキサイトセブでは高級5つ星ホテルや変わり種ホテルなども紹介していますが今回はなるべく値段を抑えてセブ旅行を楽しみたい!という方へぴったりのマクタン島格安ホテルをご紹介したいと思います。
hiroki | 279 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tetsu tetsu