2016年10月4日 更新

マクタンニュータウンのビーチをチェックしてみよう!

マクタン島にパブリックビーチはいくつかあります。

エキサイトセブでも今までそんなパブリックビーチをご紹介してきました。

マクタン島のパブリックビーチといえば整備はあまりきちんとされておらず、日本人にとっては少し物足りなさが感じられるかもしれません。

しかしながら、今回、比較的他のパブリックビーチよりきれいで日本人の方にも満足頂けるビーチを見つけましたのでご紹介したいと思います。



今回、筆者が行ってきたビーチはマクタンニュータウンのビーチです。

マクタンニュータウンといえば現在コンドミニアム、ホテル、ショッピングモールなどが建設中の地域で、近い将来マクタン島の繁華街となる場所であります。

そんなマクタンニュータウンのすぐ近くにビーチができました。行き方はマクタンニュータウンの噴水のある入り口から入り、ひたすらまっすぐ行くとビーチに突き当たります。行き方は至って簡単です。

dsc_1556-a

入場料は一人当たり200ペソ(約480円)です。他のパブリックビーチの入場料が50ペソ(約120円)ほどなのでかなり高く感じました。

しかしながら、他のビーチと比べると比較的砂もきれいでゴミも少ないように感じました。ドリンクやアイスクリーム、お菓子などを販売している売店などもあります。

dsc_1554-a

そして、マリンアクティビティも有料になりますが体験することができます。パラセイリング、ジェットスキー、バナナボート、ジェットボート、ウェイクボートなどがあり家族や友達などで来ると充実した時間が過ごせそうです。

新しくできたビーチで、まだ知名度が低いようで比較的すいているのでゆっくりできるのではないでしょうか。

dsc_1555-a

入場料が他のパブリックビーチと比べて少し高いですが、リゾートのビーチは高すぎてビーチになかなか行けないとお悩みの方にはぴったりだと思います。

気になる方は一度チェックしに行ってみてはいかがでしょうか。

 

(KEI)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リノベーション完了!生まれ変わったビーリゾートを見てみよう!

リノベーション完了!生まれ変わったビーリゾートを見てみよう!

皆さんこんにちは! 今回はエキサイトセブでも数回ご紹介したビーリゾートを様子を紹介したいと思います。 約1年近く大規模なリノベーション工事を続けていたビーリゾートですがついにリノベーション工事を終了して新しく生まれ変わりました。
hiroki | 96 view
【朝活】セブホワイトサンズホテルのモーニングユース!

【朝活】セブホワイトサンズホテルのモーニングユース!

そろそろ日本もいよいよ秋へ突入というところ! これから少し遅めの夏休みを取る方も多いのではないでしょうか!? そんな皆様にオススメする、セブの朝活情報についてまとめていきます!
SHOTA | 281 view
【絶景ビーチ対決】スミロン島・パンダノン島行くならどっち!?

【絶景ビーチ対決】スミロン島・パンダノン島行くならどっち!?

セブといえば海! そんなセブのビーチが楽しめると評判のパンダノン島とスミロン島! それぞれ日本人観光客に大人気な島であり、最高な絶景をみることができる島になります。 今回の記事では、そんな絶景を誇る2つの島がそれぞれどんな魅力があるのか紹介して行きます!
SHOTA | 302 view
透明度抜群のビーチ『マクタンニュータウンビーチ』、入場料はたったの150ペソ

透明度抜群のビーチ『マクタンニュータウンビーチ』、入場料はたったの150ペソ

みなさんが抱くセブのイメージ・・・ 青い空に白い雲、そしてビーチ・・・ そんなイメージを想像した方も多いはず。 そのイメージも間違いではありませんが、日本人観光客の多くが宿泊するマクタン島、セブシティには手軽な場所に公共のビーチがなかったりします。 そこで今回は、誰でも簡単に使える美しいビーチ『マクタンニュータウンビーチに』ついてまとめたいと思います。
SHOTA | 1,352 view
【新アクティビティ】サップボードでアイランドピクニック

【新アクティビティ】サップボードでアイランドピクニック

スタンドアップパドルボード(Stand Up Paddleboard)は、その頭文字をとってSUP(サップ)と呼ばれています。 サップボードは、ハワイ発の マリンスポーツです(*'ω'*) サーフボードよりも少し大きめの 板の上に立ち、カヌーのように パドルを使って漕いで楽しみます💗 ちなみに立って漕ぐだけではなく、 サップボードの上でヨガをするのも🧘‍♂️◎ 体幹がすっごい鍛えられてナイスバディに なれますよ👌🏻
SHIHO | 115 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kei kei