2016年9月16日 更新

家を建てて貧困を削減するフィリピン最大のNGO「Gawad Kalinga」とは

こんにちは!フィリピンにいると、「貧困」を目のあたりにすることがあります。物乞いをする子供、シティの中に広がるスラムなど。
そんなフィリピンですが、フィリピン人らしさ、フィリピンの精神を大切にしつつ貧困を削減するNGOが存在します。日本ではあまり知られていませんが、フランスやアメリカ、カナダなどに広がるフィリピン発、世界を巻き込む「Gawad Kalinga」について是非日本の皆さんに知っていただきたいです。



img_1959

2024年までに500万世帯の貧困を削減することを目標とするフィリピン最大のNGO。住宅建設を行うことで貧困削減することを基本としています。その建設過程で、働くということや協力し合うという精神を生み、コミュニティをつくりあげます。

img_1957

GKは現在、家を手に入れたその先の労働を手にする過程を作り上げています。以前ご紹介したHumanNatureはそのひとつで、GKのコミュニティのプロダクトを販売しています。

img_1965

寄付やボランティアなどさまざまな形で貧困削減に世界は立ち向かっています。その中のひとつとしてGKは単純な住宅提供ではない、継続的な貧困解消を施していると私は思います。
img_1956

WALAN IWANAN(誰一人後ろに置き去りにしない)を掲げ、毎年行われるボランティアイベントBAYANI CHALLENGEではフィリピン人はもちろんのこと、フランスやオーストラリアをはじめとした世界中から若者が集まります。

今や世界から注目を浴びる「Gawad Kalinga」。たくさんの日本からの観光客も増え、語学学校生も多く、日本とフィリピンの距離は一層
近くなっている今、日本の皆さんにも是非知っておいていただきたい組織です。

 

追記:PTNトラベルマニラ支店ではGawad Kalingaへ
訪れるツアーのご案内を開始いたしました。


ツアーの詳細についてはこちらをご覧ください!

(ぴなこ)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのピースボートがセブに寄港!!

あのピースボートがセブに寄港!!

皆さんこんにちは! 今回は1月15日にあのピースボートがセブに寄港しその船内の様子などを視察してきましたのでぜひ紹介していきたいと思います。 まずピースボートとは、、 国際交流を目的として設立されたNGOでして別に船の名前ではないんですね。。 私はずっと船の名前かと思ってました笑 客船の名前は「オーシャンドリーム」で全長は205メートル、全幅26.5メートル、総トン数35,265トンで乗客定員はなんと1422名と規模の大きい客船となっています。
hiroki | 95 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hinako hinako