2016年2月24日 更新

日々のご褒美にとんかつ寺澤でお腹いっぱいになろう!

フィリピンでも日本料理は人気です。特にとんかつは、多くのフィリピン人にも親しまれていて、日本料理ブームの先駆けにもなりました。


今回はアヤラモール1階にある「とんかつ 寺澤」の、日本人にもフィリピン人にも大人気のとんかつをご紹介します!



Tonkatsu-AP


フィリピンで本格的なとんかつを楽しむなら、「とんかつ 寺澤」がおすすめです。日本のとんかつが味わえ、また味噌汁・白ご飯・キャベツがおかわりし放題なので、きっと満足することでしょう。


Tonkatsu-IN


他にもサイドには小鉢が2品ほどついてきます。とんかつはそれぞれロースもしくはヒレを選ぶことができます。


Tonkatsu-M1-Rosu


ロースカツ定食(160g) 375ペソ(約1,020円)


もっともポピュラーな「カツ定食」は、120g・160g・200gから好きな量を頼みます。シンプルなとんかつですが、シンプルだからこそお肉の甘味やサクサクの衣を感じることができます。タレ・塩・ごまが用意してあるので、自分の好きな味付けで食べることができるのも魅力的です。


Tonkatsu-M2-Cheese


ロースチーズカツ定食 I 375ペソ(約1,020円


「チーズカツ定食」には、とんかつにたっぷりと濃厚なチーズがかかっています。チェダーチーズのような濃厚さで、とんかつによく合います。


Tonkatsu-M3-Miso


味噌ローソカツ定食 360ペソ(約980円)


「味噌カツ定食」には、本格的な赤味噌が使用されています。本店が名古屋とだけあって、味噌には力を入れているようです。甘辛の赤味噌で、ごはんがついつい進んでしまいます。


値段設定は少しお高めですが、味噌汁・白ご飯・キャベツのおかわりが何度もできるので、たまのご褒美に少しだけ奮発してとんかつを堪能してみてもいいかも知れません。


(Misaki)

1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

misaki misaki