2016年1月30日 更新

モダンなイタリアン・GUSTOでパスタとワインを楽しもう!

ワイン好きには堪らないワインバー・GUSTOをご存じの方も多いのではないでしょうか?


豊富な種類のワインを取り揃えており、従業員の方に自分の好みのテイストを伝えると、それにあったワインを提供してくます。筆者は以前までワインが少し苦手でしたが、こちらで自分のアルコールの好みを伝えると、おいしいワインに出会うことができました。


実はGUSTOはワインだけではなく、料理にもこだわりがあるのです!モダンなイタリアン料理のGUSTOをチェックします。




Gusto-AP


Gusto-IN


GUSTOイタリアのカフェやニューヨークのバーから着想を得たレストランです。自分の好みの味を伝えれば、それに添ったワインと出会えたり、本格的な窯焼きのピザや種類が豊富なパスタを楽しむことができます。IT ParkのCalyx Centerと言うビルにあり、夜は仕事帰りの人でよく賑わっています。


Gusto-M1-pizza


Salsiccia Pizza 365ペソ(約985円)


「サルシッチャピザ」ソーセージ、ピーマン、チーズ、トマトソースと、具材はとてもシンプルです。サルシッチャはイタリア語でソーセージのことを意味します。パリパリ薄いタイプの生地で、ワインのツマミによく合います。店内の窯で焼いており、とても美味しく感じます。


ここのパスタのメニューは特徴的で、シーフード・野菜・お肉のカテゴリから、各々9種類のパスタが選ぶことができます。それぞれのパスタに一番良く合う味付けがされるのです!


Gusto-M2-linguine


Linguine Seafood 295ペソ(約780円)


「リングイネ」細くて平べったいパスタのことです。シーフードの場合、にんにく、イカ、エビ、白身魚などのミックスシーフード、エクストラ・バージン・オリーブオイル、バジルペーストが使用されます。(※写真はバジルソースの不足のため、トマトソースに変更されています。)


Gusto-M3-fusilli


Fusilli Seafood 265ペソ(約715円)


「フッジーリ」はくるくるの螺旋状のパスタです。麺に厚みがあり、もちもちとしています。シーフードだと、エビ、にんにく、トマトソース、オリーブ、アンチョビ、ケッパーで作られます。


この他にも様々なパスタの種類が用意されています。毎回くるたびにパスタの種類を変えてみるのも、GUSTOでの楽しみ方のひとつです。


GUSTOで自分好みのパスタ、ピザ、ワインがきっと見つかるでしょう!


(Misaki)

1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

misaki misaki