2016年1月29日 更新

フィリピン航空のビジネスクラスはどんな感じ?

セブやマニラなどを仕事や観光で訪れる方の多くがフィリピン航空を利用されていると思います。現在はセブ・パシフィック、ジェットスター、JAL、ANA等多数のキャリアが日本の各地とフィリピンの主要都市を結んでいます。今回筆者は日本からマニラへのフィリピン航空の便でビジネスクラスに搭乗してみました。いつもとはどう違ったのでしょうか。



今回筆者は成田発のマニラ便、フィリピン航空に搭乗しました。普段はもちろんエコノミークラスに搭乗していますが、今回は機会が重なり図らずもビジネスクラスに搭乗することとなりました。まずフィリピン航空とは関係なく、ビジネスクラスを取ると空港のラウンジが使えますよね。搭乗時間になるまでの間、雑誌や軽食、お酒などを楽しむことができます。またラウンジでは搭乗時間の案内も行ってくれるので、時間を気にせずゆったりできるものありがたいポイントです。

さて実際に搭乗すると無論、席が広い!ということをまず感じます。足を伸ばせるぐらいのスペースがありますので、逆にここに座ることで「エコノミークラス症候群」がその名を取った由来を感じてしまいます。今回筆者の席は一番前の1列目、右の窓側でした。ビジネスクラスのテーブルにはテーブルクロスが敷かれます。

IMG_0808

 

最初に出てきたのはナッツです。日本のものなので「最後の晩餐」感が漂います。ドリンクは白ワインを選択、この時点で既に優雅な気分に。またビジネスクラスの良いところは更衣室が近いところと、1つの更衣室に対して使う人の数が限られているため、たいていの場合は待つことがない点です。飲んだり食べたりして楽しい時間を過ごすだけでなく、設備面でもアドバンテージがありますね。

 

IMG_0809

 

ワインを楽しんでいるとトラベルグッズ一式がもらえました。目隠しでぐっすり睡眠、歯ブラシですっきり、そして左上の黒いものは靴下です。以前筆者はトルコ航空でイスタンブールを経由してモロッコへ訪れたことがあるのですが、長いフライトの場合これらのグッズはエコノミークラスでも配られることがあります。しかし成田からマニラは4時間強で、離陸後と着陸前の各30分ほどは準備やシートベルト着用が義務付けられたりもするので席に座っている時間は3時間と少し。そんな中でこのグッズが貰えるのはビジネスクラスだけになります。ただし靴下は今後も使えるようなものではなく、あくまでも機内でリラックスするためのものです。

 

IMG_0810

 

そして次に運ばれてきたのが機内食です。最近は空弁という駅弁の飛行機版が一般的にも浸透していますが、純日本食が提供されるビジネスクラスの食事は嬉しいですね。特にフィリピンをベースにしている日本人にとっては、機内食が最後の日本での食事にカウントされることになるので、美味しいものを食べたいところ。日本人の観点で言えば少し味噌汁が薄すぎたかな?と思った他は、作りたては提供できない機内食としては、全体的に味も整っていて美味しかったです。

 

IMG_0814

 

最後にデザートも登場!筆者が個人的に好きなクッキアンドクリームがありました。他にもバニラなどがあったと思います。こうやって提供されたもので時間を過ごしていると、だいたい1時半30分ぐらいは既に経過していました。その後本や機内誌を手に取ったり休憩しているとすぐにマニラへ到着します。ビジネスクラスでなくとも、日本とマニラは非常に近い距離にあります。ほとんどの便が直行便であることからもそれが言えると思いますし、便の状況は台湾と似てきています。セブとは違うショッピングや観光地なども充実するマニラに是非訪れてみてください!

(Taku)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第二次世界大戦時に激戦区となったコレヒドール島に訪れた。

第二次世界大戦時に激戦区となったコレヒドール島に訪れた。

コレヒドール島(Corregidor)はマニラ湾にあるおたまじゃくしの形をした小島。 世界三大夕日で有名なマニラ湾にあり、マニラより対岸のバターンに近くにあります。 とてものどかに思えるこの島は、第二次世界大戦時には激戦区となりました。それはその島の位置に関係します。もともとこの島はスペイン統治時代には、マニラ湾に出入りする船の検問所として利用されていました。この島のコレヒドールという由来もスペイン語の「検査」という意味らしく、それらを可能にするのが、この島の立地でした。 第二次世界大戦勃発後には、海からの攻撃に対する要所としてアメリカ軍の基地が設営されました。 コレヒドール島で行われた激戦では多数の命が失われました。これは日本軍のみならず、アメリカやフィリピンの軍にも同じことが言えます。そんな歴史の傷跡の残る島では、貴重な砲台や建築物が大切に保存され、歴史の証人として現在もその戦いの激しさを物語っています。
SHIN | 13 view
フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

今では数多くの巨大なショッピングモールが乱立するマニラ。 特にアジア最大級のショッピングモールのSMシティ・ノースEDSA(SM City North EDSA)やモールオブアジア(Mall of ASIA 通称MOA)など、日本人観光客にも馴染みの深いショッピングモールがあるなどフィリピン・メトロマニラはショッピングモール天国なのです。 その中でも、ショッピングモールの先駆けハリソンプラザは1976年に出来たフィリピン最初のショッピングモールなのです。 40年以上も地元のマニラっ子に愛され続けるショッピングモールとはどんなものなのでしょうか
SHIN | 91 view
バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

このFIVE STAR BUSは、ルソン島東側に位置するビーコル地方(Bicol)に本社があるバス会社で、ビーコルエリアとメトロマニラを結ぶ路線を担っています。 ※ビーコル地方には、フィリピンの富士山といわれるマヨン山や、美しい自然で有名なカタンデュアネス島 (Catanduanes island)があります。 このようにメトロマニラと各地方を結ぶバス会社があり、それぞれが地方と首都を結んでいます。 それぞれ行きたいエリアによって、バス会社は異なりますので、行先に見合ったバス会社でチケットを購入することになります。 実際には同じエリアの路線に何社もバスが通っていたり、料金によってサービスも異なったりするので、情報収集が必要です。 実際にバス会社のチケット窓口に行くと詳細を聞くことが出来るので安心です。 今回は、このFIVE STAR BUSを例に説明します。
SHIN | 93 view
アジア最古の鉄骨造の美しいサンセバスチャン教会がマニラにあるのを知っていますか?

アジア最古の鉄骨造の美しいサンセバスチャン教会がマニラにあるのを知っていますか?

マニラにはいくつもの教会が存在します。この教会はカトリック系の教会。 薄い緑に近い外観が美しいこの教会は、1891年建立されました。それは当時では珍しい鉄骨造。アジアでも最古の鉄骨造の教会として有名です。 その教会を見に行きました。
SHIN | 43 view
毎年200万人以上が集まるブラックナザレ祭で有名なキアポ教会。

毎年200万人以上が集まるブラックナザレ祭で有名なキアポ教会。

マニラでは毎年1月9日にブラックナザレ祭が開催されます。 これは、400年以上もの間続けられている一大イベントで、敬虔なキリスト教徒が全国から集まります。 お祭りの内容は、普段キアポ教会にまつられている黒い十字架を背負ったキリスト像が、年に一度教会の外に持ち出され、台車にせて街中を練り歩くというものです。 当日は多くの人がブラックナザレと同じ衣装の黄色の服を着て、病を治すという奇跡を求めてブラックナザレに触れようとする人たちでごった返します。その参加者の数は毎年200万人とも300万人ともいわれています。
SHIN | 138 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku