2015年11月27日 更新

いつもより強めのリップでフィリピンになりきろう!

皆さんはフィリピン人女性のメイクをご覧になられたことがありますか?

くっきりとした眉にはっきりなぞられたアイライン、そして強めのリップカラーが目を引くメイクです。フィリピン人の女性はフィリピン人に合うメイクをよく知っていて、ポイントを強調したメイクが好まれているようです。

日本での流行のメイクではリップはあまり強調されないことのほうが多いように感じますが、ここ最近では目を引く真っ赤なルージュが一部で流行っているようです。日本でも京都の舞妓さんのように、昔ながらの伝統の化粧では口紅で唇を真っ赤に染めていましたし、日本人に合わないこともないはず!と筆者は考えます。

今回はそんなフィリピンのドラッグストアで売られている口紅をご紹介します!



筆者は以前から赤いリップを好んで使用しています。真っ赤な口紅をつけると、どこか気が引き締まるのです。メイクをされる女性の方でしたら、ご自身のもっとも”アガる”ポイントメイクがあるのではないでしょうか。もしかしたら「口紅はあまり…」という方もいらっしゃるかも知れませんが、リップグロスに比べて口紅は落ちにくいですし、発色もいいので筆者はよく利用しています。

IMG_8395

今回は、ドラッグストアのwatsonにやってきました。こちらのドラッグストアのwatsonは、ショッピングモールでしたら必ずと言っていいほどお店を構えています。フィリピン人女性ならきっとメイク道具を購入するのに訪れる場所ではないかと考え、こちらのドラッグストアを選びました。

IMG_8387

まずはNICHIDOと言うメーカーのリップを見てみましょう。日本のような名前ですが、どうやらフィリピンのブランドのようです。こんなにいっぱい口紅が並んでいます。フィリピンでの口紅の需要がよくわかりますね!

IMG_8388

こちらはマットタイプのもの。

IMG_8389

今回はこちらのモイストタイプのものを選んでみました。

IMG_8428

NICHIDO Satin Moist Lipstick 150ペソ (約400円)

発色 ★★★☆☆

保湿 ★★★★☆

持久 ★★★☆☆

比較した別の口紅と比べて保湿力はかなり高かったですが、日本の高保湿を謳っているものと比べると、少しマットな印象でした。モイストタイプにしては発色もよかったですが、やはり、少し落ちやすいところがあるようです。口紅に慣れていらっしゃらない方は、こちらの商品をチョイスしてみるといいかもしれません。

IMG_8390

続いてever bilenaと言うブランドです。こちらもたくさんの種類の口紅が並んでいます。

IMG_8391

テスターがたくさんおいてあるのがありがたいですね!

マットタイプの口紅を選んでみました。

IMG_8432

IMG_8434

ever bilena MATTE 165ペソ (約450円)

発色 ★★★★★

保湿 ★★☆☆☆

持久 ★★★★☆

こちらのリップはダントツの発色の良さです!イメージの色がぴたっとついてくれました。ただ保湿力には欠け、唇が乾燥しがちです。また、容器の固定が少し緩くて、塗りにくく感じました。あまり強く押し付けてしまうと折れてしまうので、ご注意ください。実は筆者がこちらの商品を買うのは二度目なのですが、一度目に購入したものは力を入れすぎて折れてしまいました。しかし、日本のドラッグストアにはないような発色の良さに惹かれ、リピート購入です。

IMG_8392

最後はこちらのBYSと言うメーカー。

IMG_8393

他のメーカーと比べてもっとも色の幅が多いように感じました。日本人の肌に合う口紅が見つかるかもしれませんね。

こちらのメーカーもマットタイプを購入しました。

IMG_8430

BYS MATTE LIPSTICK 299ペソ (約800円)

発色 ★★★★☆

保湿 ★★★☆☆

持久 ★★★★☆

こちらの商品は今回新しく筆者のお気に入りを見つけられた!っと感じる、総合的にポイントの高いリップです。持久力は抜群で発色もとてもよく、日本人の肌によくあうリップを、店員さんが紹介してくださいました!やはり値段が少し他より高めな印象です。

 

今回、フィリピンのドラッグストアで売られている口紅をご紹介いたしましたが、体に合う合わないには個人差があります。特に海外のものですから、日本人の肌に合うのかは使ってみないとわかりません。ぜひ一度パッチテストを行い、数日様子を見てからの普段のご利用をおすすめします。

日本のドラッグストアにはないようなたくさんの種類とカラーが用意してある、フィリピンの口紅。この機会にひとつ試されてみてはいかがでしょうか?
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

misaki misaki