2015年11月19日 更新

お手頃なボホール島土産にPeanut Cookies(ピーナッツ・クッキー)

セブ島に訪れる際はぜひ立ち寄ってみたい島の一つ、ボホール島

多くの日本人が「南の島」と聞いて思い浮かべるような豊かな緑と広がる田園地帯に、時間の流れがゆくっりになってしまったような錯覚になる、心が癒やされる島です。チョコレート・ヒルズや世界一小さな猿・ターシャと言ったたくさんの観光名所もあり、毎日のように観光客で賑わっています。

そんなボホール島のお土産といえば、先日エキサイトセブでもご紹介したPeanut Kisses(ピーナッツキス)が有名ですが、今回はまた少し違ったお手頃なお土産を発見したので、ご紹介します!



あまり広く認識されていませんが、フィリピンではピーナッツを使用した食べ物が多いようです。ボホール島のお土産と言えばピーナッツのクッキーですし、カレカレと言うフィリピン料理のスープにはピーナッツペーストが使われています。フィリピンではチョコレートの生産もおこなっていて、朝食にホットチョコレートを飲む習慣もあるため、チョコレートによく合うピーナッツが自然と普及しているのかも知れません。

今回筆者が見つけたボホール島土産もピーナッツを使用しています。

IMG_8087

Peanut Cookies(ピーナッツ・クッキー) 30ペソ程度(約90円)

ボホール島の名所であるチョコレート・ヒルズの写真が使用されています。

IMG_8090

成分表はこのようになっています。小腹を空かせた時にちょうどいいカロリーになっているようです。

IMG_8092

袋の中身は箱の大きさに比べて少ないかな?と感じてしまいました。クッキーは15枚前後はいっているようです。

IMG_8096

食べてみるとピーナッツの風味が広がり、サブレのような素朴なザクザク感と、フィリピンのお菓子にしては珍しいナチュラルな甘さで、思わず手が進んでしまいました。

 

筆者はボホール島・タグビラランの港のターミナル内でこの商品を購入しました。「しまった!お土産を買い忘れた!」なんてときも、この商品を手に入れることができます。軽いので、自分へのちょっとしたお土産、なんてのもいいかも知れませんね。

 

ボホール島のローカルなお土産、みなさんもぜひ探してみてはいかがでしょうか?

 

(Misaki)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【期間限定のナイトマーケット】マクタン島で開催されているtrade fair2017を覗いてみた!

【期間限定のナイトマーケット】マクタン島で開催されているtrade fair2017を覗いてみた!

セブもクリスマスシーズン真っ只中ということで、街中では普段は見かけない催し物が増えてきました。 今回ご紹介するのは、その中の一つ。買い物をするのにぴったりな、ショッピング施設です! マクタン島のマリーナモール付近の特設会場にて、クリスマスの期間限定で開催されているtrade fair! ここは一体どのようなショッピング施設なのか実際に筆者が行ってみたので、この記事にまとめてみます。
SHOTA | 49 view
【コスパ○・機能○・デザイン○】フィリピン発のサングラスブランドsunnies studiosを見てみよう!

【コスパ○・機能○・デザイン○】フィリピン発のサングラスブランドsunnies studiosを見てみよう!

フィリピンでは欠かすことのできないアイテムの一つサングラス。 街中では勇気が有名ブランドのイミテーションサングラスが流通する中、スタイリッシュかつ機能性抜群のサングラスブランドがあるのをご存知でしょうか? 今回はフィリピン国内でも大人気のフィリピン発のサングラスメーカー『sunnies studios』をご紹介します!
SHOTA | 124 view
【スーパーマーケットネタ】save more (セーブモア)マリバゴで買えるお土産まとめ

【スーパーマーケットネタ】save more (セーブモア)マリバゴで買えるお土産まとめ

セブにはいくつものスーパーマーケットがあり、日々外国人観光客や現地の人で賑わいを見せています。 セブのスーパーマーケットは日本のものと比べてカラフルで、視覚的にも楽しい気分になります。 今回筆者が紹介するのは、外国人の観光客が多いマリバゴ地区にあるスーパーマーケット『save more(セーブモア)』。日用品からお土産まで幅広い商品を取揃えているセーブモア!実際にどんなお土産が買えるのかを一挙大紹介します!
SHOTA | 525 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

misaki misaki