2015年1月21日 更新

フェアトレード商品を買って地域貢献しよう!

フェアトレード」という言葉、ご存知でしょうか?

「フェアトレード」、直訳すれば「公平な貿易」。現在のグローバルな国際貿易の仕組みは、経済的にも社会的にも弱い立場の開発途上国の人々にとって、時に「アンフェア」で貧困を拡大させるものだという問題意識から、南北の経済格差を解消する「オルタナティブトレード:もう一つの貿易の形」としてフェアトレード運動が始まりました。

フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指ざす「貿易のしくみ」を いいます。(引用:http://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/000012.html)



フェアトレードは認証する機関によって多少定義は異なるものの、生産者や労働者の生活を改善するという目的は共通しています。そんなフェアトレードの商品を取り扱っているThe Fair Trade Shopがセブ島、クラウンレージェンシーの近くにあります

image

こちらが入口です。薄暗く人通りが少なくて正直やっているのか不安になりますが、思い切って入ってみましょう。

image

image

かごバックなどのハンドメイド製品はどれも素敵なデザインです。アバカと呼ばれるマニラ麻で作られたコインパースは80ペソ(約160円)、小さなバックでも150ペソ(約300円)ほどです。

image

ココナッツシュガーやモリンガの粉末などの健康食品も数多く取り扱っています。

image

また、日本でも流行っているヴァージンココナッツオイルもあります。大きい方が425ペソ(約850円)、小さい方が175ペソ(約350円)です。

image

さらに、台風ヨランダで被害を受けた地域の商品も取り扱っています。

 

そのほかドライマンゴーやバナナチップなど、お土産にもぴったりな商品もあります。The Fair Trade Shopでお土産を買って、素敵な思い出をくれたセブ島に恩返しするというのはいかがでしょうか。

(まや)

 

The Fair Trade Shop


住所:RM102 Jose R. MArtinez Bldg., Jones Ave., Osmena Blvd., Cebu City

電話:(032) 238-2671 or 0939-6243-408

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【スーパーマーケットネタ】save more (セーブモア)マリバゴで買えるお土産まとめ

【スーパーマーケットネタ】save more (セーブモア)マリバゴで買えるお土産まとめ

セブにはいくつものスーパーマーケットがあり、日々外国人観光客や現地の人で賑わいを見せています。 セブのスーパーマーケットは日本のものと比べてカラフルで、視覚的にも楽しい気分になります。 今回筆者が紹介するのは、外国人の観光客が多いマリバゴ地区にあるスーパーマーケット『save more(セーブモア)』。日用品からお土産まで幅広い商品を取揃えているセーブモア!実際にどんなお土産が買えるのかを一挙大紹介します!
SHOTA | 275 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

maya maya