2014年9月6日 更新

新しくなった「PCR」パシフィックセブリゾートを見てみよう!

セブ島・マクタン島には本当に沢山のホテルがあります。更に現在、マクタン島の南部コルドバエリアでは開発が進んでおり、新たなリゾートの建設も続々と進んでいるようです。5年後のセブ島観光事情は、大きく変貌を遂げていくものと予想されます。そんな中で、ダイバーに根強い人気を持つ、通称「PCR」パシフィックセブリゾートが改装を行ったとのことで、今回実際に視察に行ってきました!

パシフィックセブリゾートは、マクタン島のマリゴンドンクロスから、更に南に数分行ったところに位置しています。かなり大きな敷地を有しており、各施設も完備しています。マクタン島には素晴らしいホテルが沢山あるので、各ホテルはそれぞれ工夫を凝らし、独自性を伸ばしていった結果、個性豊かなリゾート地が形成されてきました。

エントランスから白を基調としたデザインを感じます。
ホテル全体、スタッフの方々のユニフォームまで白で統一されているのが印象的でした。ちなみに、女性はオレンジ、男性はブルーのブルーのベルトを身につけているところもおしゃれです。

IMG_4687

 
エントランスにはヤシの木が沢山植えられています。
南国の雰囲気を入り口から感じられるのは楽しいですね!

IMG_4681

 

IMG_4683

 
今回筆者は沢山の施設を見学したのですが、
とても広いため、ポイントごとに抑えてレポートしたいと思います。

IMG_4639

IMG_4638

まずは最も低いカテゴリーのスーペリアルームです。
一般的なツインベッドのお部屋です。

IMG_4640 IMG_4642

続いてはファミリールームです。
このカテゴリーは2階建てとなっており、
1階がリビング・2階がベッドルームという設計になっています。

夜になるととても静になる地域なので、
ベッドルームでぐっすり眠ることができそうです。

どのお部屋も白く清潔感を感じます。

IMG_4648

白い部屋に赤い花のウエルカムサービスはとても色が映えてきれいに見えます。

IMG_4652

続いてはビーチ沿いのテラス・デッキです。
この日はやや曇りがちで、前日が雨だったためやや色がくすんでしまっていましたが、晴れていればもっと眩しいほどにきれいに見えると思います。

IMG_4658

十分な大きさのビーチが3つあります。
特にロビー裏のプールにはプールバーが設置されており、
泳いで少し疲れたら、水に入りながらドリンクを飲むことができます。

このプールバーは写真の右奥、ヤシで作られた屋根の部分です。

IMG_4660

ホテル施設内にはスパもあります。
手作り感のあるこのボードで目を惹きます。

IMG_4662

筆者がおすすめしたいのはこのベッドです。
ヘッドレストの部分がベッドから独立しているため、体全体をしっかりとベッドにおずけることができます。このため、ベッドの上の方に穴が空いているタイプよりも、よりしっかりとリラックスすることができます。

IMG_4663 IMG_4664 IMG_4665 IMG_4669

フットマッサージ・サウナの各施設も完備されており、備品の置き方も他のスパよりも気を使っている印象を受けました。この施設はただ体を押すだけのマッサージではなく、各種の施術用具を使ってさらなる癒やしが期待できそうでした。

IMG_4673 IMG_4676 IMG_4677

最後におすすめしたいのはこの2ベッドルーム!

なんと写真2枚目にあるツインベッドの部屋が、3枚目の写真でも確認して頂けるように「2つ」あります。共用のリビングルームもあるため、学生の方で友達同士で泊まったり、会社の同期4人で泊まったり、はたまた家族で泊まったりと、活用方法は様々だと思います。

パシフィックセブリゾートはこの他にも施設内にPCダイバーズというダイビングショップが有り、日本人のスタッフの方が勤務されている他、700メートルにも及ぶ桟橋がロビー裏から海にまっすぐ伸びています。

ダイビングのみならずホテルでの時間も楽しむ事ができるPCRを観光の拠点として、セブ島観光に是非お越しくださいね!

 

(タク)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku