2014年3月27日 更新

[マニラネタ]フィリピンで一番大きいテーマパークEnchanted Kingdom(エンチャンテッド・キングダム)を見てみよう!

海外に行くと観光地やレストランの他、娯楽施設などもチェックしてみたいと思いますよね。

同じフィリピンでもセブ島はビーチやアウトドアアクティビティが有名であったり、マニラに行けば大きなモールやセブ島には無いような娯楽施設もあったりします。遊園地もその一つ。

セブ島にはフィエスタで作られる小型な遊園地などがありますが、日本にあるようなテーマパークは見つける事は出来ません。でもマニラエリアに行けばフィリピンで一番大きい遊園地であるEnchanted Kingdom(エンチャンテッド・キングダム)があるという事をご存知だったでしょうか?

マニラエリアに行ったら出来れば寄っておきたい、その遊園地を今回紹介したいと思います!



ディズニーランドやユニバーサルスタジオ、シックスフラッグスなど海外には世界各国からの観光客を引き寄せる程のテーマパークや遊園地が点在しています。子供向けのライドやスリル満点のジェットコースターやフリーフォールなど年齢問わず楽しめると言うのが良いですよね。

セブ島には祭りであるフィエスタ向けの簡素な遊園地やパークモールにある小型な遊園地などがありますが、遊園地らしい遊園地は見かける事が出来ません。でもマニラに行けば本格的な遊園地を見つけることが出来るのです!

今回紹介するEnchanted Kingdom(エンチャンテッド・キングダム)もその一つ。フィリピンでは一番大きいテーマパークとして知られています。マニラに行ったら是非ともチェックしておきたいロケーションなので、どんな感じなのか見てみましょう!

IMG_6314

マニラネタとタイトルに書いてありますが、このエンチャンテッド・キングダム(EK)はマニラから39Km程離れたラグナ州、サンタローザ市にあります。

この遊園地のアクセスはバスもしくはFXというバンを利用して行くしかありません。EK専用の有料シャトルバスで行く場合は公式サイトにあるスケジュールを見ていくと良いでしょう。マカティ市のアヤラモールから乗る事が出来ます。

シャトルバスで行かない場合はFXなどを使って行く必要があります。筆者がオススメする方法はMRTのShaw Boulevard(ショー・ブルバード)駅の隣にあるStarmall(スターモール)からBalibago(バリバゴ)行きのFXに乗ればアクセスも簡単だと思います。運賃は1人70ペソ(約160円)です。

IMG_6310

高速道路などを通って行って45-60分程度の移動になります。 サンタローザ市に到着して最初の到着エリアがWaltermart(ウォルターマート)になるので、そこで降りてトライシクルに乗り換えます。運賃は1人18ペソ(約40円)です。

そしてこちらがそのエンチャンテッド・キングダム

IMG_6311

エントランスは週日、週末と値段が変わっており、週日だと大人が500ペソ(約1100円)、子供が250ペソ(約520円)。そして週末は大人が600ペソ(約1400円)、子供が320ペソ(約670円)になります。支払いを終えるとこの様なチケットが渡されます。

IMG_6315

エントランス部分やパークの作りを見ると、まるでディズニーランドに見えてきます。Wikipediaによればエントランスはディズニーランドをイメージして、その他はユニバーサルからアイディアを取り入れたとか。

IMG_6317

エンチャンテッド・キングダムのマスコットは魔法使いのエルダー(Eldar)。エンチャンテッドは魔法という意味なので、魔法をイメージしたテーマパークとなっています。

IMG_6319

パーク内は7つのエリアに別けられて、エリアごとにイメージが変わってきます。

IMG_6320

本格的なライドを楽しめるというのもこのエンチャンテッド・キングダムならではです。

スプラッシュ系のライドは本当に濡れてしまうので、お昼などの暑い時に行ってみるのも良いかもしれません。

IMG_6324

スプラッシュ系で面白いライドはスプラッシュ・マウンテンの様なLog Jamというライド。2回ほど落ちますが、結構オープンな感じなのでスリルが倍増します。絶対濡れるライドです。

IMG_6328

もう一つは丸いボートに乗ってラフティングを体験できるRio Grande。座る椅子に関係なく水が振りかかる、まさにロシアンルーレットの様なライドです。

運が良ければ全く濡れない事もあります。

IMG_6337

フリーフォールであるEK Extremeというライドもあります。筆者は試しませんでしたが、最上部まで上がり、1回落とされるシンプルなものになっていました。

IMG_6346 IMG_6350

こちらはFlying Fiestaと言って回転ブランコ。子供から大人まで人気のあるライドです。

IMG_6340 IMG_6344

海賊船に乗って振り子を楽しむバイキングのライドもあります。こちらではAnchors Awayという名前になっていました。

IMG_6335

ローラーコースター系だとこちらのSpace Shuttleがパーク内で一番絶叫ライドになるのでは無いでしょうか?

IMG_6322 IMG_6369

ブーメラン型のローラーコースターで正面からスタートして3回360度回転した後に、今度は後ろ向きに3回回転、計6回転の回転を楽しめるコースターとなっています。絶叫系が好きな方は絶対乗っておくと良いですよ!

IMG_6360 IMG_6363

子供向けなどにもオススメな小型なローラーコースターもあります。でも子供よりも大人率が多かったり。

IMG_6351

パーク内にはライドだけではなく、お土産エリアやカーニバルをイメージした出店、ゲームセンターなどもあります。

IMG_6366

お腹が減った時は色んなレストランがあるフードエリアもあるので、そこで食事をする事が可能です。

IMG_6357 IMG_6356

夜になるとライトアップもされる様になり、とても綺麗でした。

IMG_6372

エリアによってはショーをやっている所も。

IMG_6378

3月ですが、クリスマスをイメージしたショーが行われていました。雪をイメージしているのか、空からは泡が降ってきています。

IMG_6379

筆者が他にもオススメするアトラクションはこちらのDisk-O-Magic。Uの字型のコースターですが、円盤式の座席が回転するので非常に不思議な感覚を作り出してくれてスリル満点です。

IMG_6400

夜はカラフルなライトアップもされてあるので、綺麗ですね!

観覧車といえば、ゆっくりと動いて景色を楽しむライドだとイメージする方が多いと思いますが、こちらの観覧車は約1分程度で1周してしまうスピードのあるものとなっています。

IMG_6354

そして座る席もオープンとなっているだけでは無く、回転させる事も出来るので、時によってはスリルのあるライドにする事も出来ます。

他にも色々なライドがありますが、17ヘクターの敷地なので短時間で見回る事ができます。人は多いですが、待ち時間も少なくスタッフの対応も良いので楽しめると思います。

子供連れであれば朝10時などに行くのも良いですが、友人やデートなどで行きたいと思う方は、午後3−4時にマニラを出発しても特に問題ないのでオススメです。

IMG_6377

週末は花火も上がったりするので、行くのであれば土曜日がベストだと思います。ただパークの営業日など不定期な場合もあるので、公式サイトをチェックしてから行くと良いでしょう。

IMG_6386

フィリピンでも一番大きいテーマパークなので日本人でも十分楽しめますが、一つ難点なのが移動方法。夜帰る場合は先ほど紹介したものの逆で行けますが、夜は特に混雑しているので、大変になるかもしれません。

でもマニラに来たら寄っておくと良いロケーションでもあるので、機会があればこのエンチャンテッド・キングダムをチェックしてみてはいかがですか?

 

(MIKIO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マニラパサイ市にある中華料理ゴールデンベイ Golden Bay

マニラパサイ市にある中華料理ゴールデンベイ Golden Bay

日本人にもお馴染みになった中華料理。 世界各国どこに行ってもある中華料理店。 もちろんマニラにもあります。 私は、色んな国に行くと必ずその国の料理を中心に食べるようにしています。 それはフィリピンに住んでいても同じこと。 しかし、日本に住んでいるからと行って、中華を食べない。イタリアンを食べない。なんてことはありません。よね? 私もそうです。 フィリピンに住んでいるからと行って、毎回絶対フィリピン料理しか食べない。と意地になっている訳ではありません笑
SHIN | 24 view
世界遺産サンオーガスティン教会 - San Agustin Church - があるイントラムロスでのランチ

世界遺産サンオーガスティン教会 - San Agustin Church - があるイントラムロスでのランチ

イントラムロス - Intramuros - とはマニラにある要塞の跡地のことです。 ここは16世紀にスペイン人たちによって建てられました。スペイン語で『壁の内側』と言う意味で、壁で囲まれた要塞を意味し、その厚く高い壁と堀とで囲まれた構造を言い表しています。 スペイン統治時代には、イントラムロスの事をマニラと呼んでいました。 そして、今でもその古い町並みは残っており、世界遺産に指定されているサンオーガスティン教会をはじめ、当時の住宅が残されているカサ・マニラ、マニラ大聖堂など多くの古き観光地があります。
SHIN | 64 view
フィリピンで光るジャパンクオリティ ヤマハ発動機 YAMAHA motor Philippines!!

フィリピンで光るジャパンクオリティ ヤマハ発動機 YAMAHA motor Philippines!!

フィリピンで乗用車やバイクといえば、何と言っても日本メーカーです。フィリピンのバイクの新車販売台数のメーカー別のシェアは、ホンダ・フィリピンが43%、ヤマハ・モーター・フィリピンが26%。カワサキ・フィリピンが17%、スズキ・フィリピンが13%、台湾系キムコ(光陽工業)が1%だそうです。 さすがホンダと言いたいところですが、このシェアはトライシクルに使うベースのバイクがホンダ製が多いからだそうで、実際に自家用に買うスクーターなどはヤマハが一番人気だそうです。 確かにフィリピン地元の友達に聞くと、スポーツバイクのメーカーのイメージではない感じ。 スクーターを買うならヤマハだな。って言ってます。
SHIN | 263 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio