2014年3月5日 更新

セブのハーレー・ダビッドソン軍団に同行してみた!

セブには無数のバイクが走っています。電車がないセブでは、交通手段は基本的に2輪車か四輪車です。主なバイクは日本のものが多く、ホンダ、スズキ、カワサキなどです。そんな中、この土地に「ハーレー・ダビッドソン」をこよなく愛するチームがあるという情報を入手。今回筆者は彼らと一緒にセブの北部まで、片道3時間弱の道のりを取材してきました。



出発したのはSMの近くにあるTotalというガソリンストアから。7時半出発の予定が集まりが悪く、結局9時になってしまったのはセブならではのご愛嬌でしょうか。

今回はセブの北部にある町までたくさんのバイクが向かいました。台風Yolandaの被災者の方々を元気づけるイベントの一つとしてこのハーレー・ダビッドソン軍団が立ち上がったのです。筆者がお手伝いさせていただいてるNGOが同行し、救援物資を配布しました。

P1090005

P1090007P1090003 P1090009

P1090008

 

かっこいいバイクが大集合で、筆者含めたNGOスタッフも大歓声です!

彼らはセブのお祭りシヌログの前夜祭にも登場する程の有名なチームなだけに、バイクへの愛情も違います。全てのハーレーがピカピカ!セブの真夏の日差しを反射して、輝いていました。

 

その後、リロアンあたりで小休憩。整然と並んだハーレーが町の人々の目を惹きます。

P1090014

 

一口にハーレー・ダビッドソンといってもそのタイプは様々で、なんとこのチームには三輪のものも。日本ではほとんど見かけませんが、安定感がありそうでこちらもかっこいいですね。

三時間程の道のりには4WDの車二台も参加し、道行く人々の歓声を受けながら北へ北へと向かって行きました。

普段セブではこのような大型のバイクはほとんど見かけることはないので、筆者も珍しく、見入ってしまいました。

 

P1090021 P1090020 P1090018 P1090017 P1090016

 

そして最終的には支援地へ到着し、ドライバーの皆さんは支援物資の荷降ろしや配布に汗を流していました。

彼らの平均年齢は50歳ほどだと思いますが、いきいきとした表情が印象的でした。
いつまでも趣味を持って、更に人のために動こうとする人たちの笑顔はとても素敵ですね!

 

P1090022

 

到着後の支援の様子は、こちらをご覧ください。

 

(タク)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku