2014年2月22日 更新

通常のインスタントパンシットカントンと少しだけ違う?Lucky Meのアサド味をチェックしてみよう!

家にいる時に突然お腹が減った時に役に立つインスタント麺は日本で生まれた商品で、世界中に色んなバリエーションのものを見つけることが出来ます。その国の麺料理に合わせたものや、同じ日本式のラーメンでも現地の人達の味に合わせたものなど、色々あります。

フィリピンのインスタント麺もユニークな物があり、中でも日清フィリピンLucky Me(ラッキーミー)の商品は人気があり、日本へのお土産として持っていく観光客も多いです。

今まで何回かLucky Meのパンシットカントンを紹介してきましたが、以前紹介したものと少しだけ違うBeef Asado(ビーフアサド)味のものをみつけたので、どんな感じなのか、チェックしてみました!

 



フィリピンのインスタント麺といえば、ラーメンの様なスープもの、焼きそば風のものもあればスパゲッティなど日本と違った感じの商品を見つけることが出来ます。

以前エキサイトセブでも日清フィリピンが販売するヤキソバ、インスタントスパゲッティやお土産にもオススメのLucky Me(ラッキーミー)の商品を紹介してきましたよね。

中でもLucky Meのパンシットカントンは現地のフィリピン人のみならず、日本人から人気のある商品で、一度食べるとまた突然食べたくなってしまう気分にさせてくれるインスタント麺です。

こちらの記事をチェックしてみると、Lucky Meのパンシットカントンは大きく別けて黄色(通常)、緑(カラマンシー)、オレンジ(スイート&スパイシー)、赤(スパイシー)、の4種類と辛さが2倍の黒いパッケージ(カラマンシー/エキストラスパイシー)の商品をサリサリストアやスーパーで簡単に見つける事が出来ます。

でも、筆者がセブン-イレブンに行った時に違うパッケージを見つけました。それがこちらのPancit Canton Pares:Beef Asado(パンシットカントン・パレス:ビーフアサド味)

IMG_5145

 

価格は通常のものと同じで15ペソ(約33円)程度Sarsa Pak(サルサパック)が中に入っていると強調されています。

IMG_5147

 

一袋あたりのカロリーは230カロリー。お菓子や夜食にも良い感じです。

IMG_5149

中身は他のインスタント麺と変わらない乾燥麺が入っています。

IMG_5161

 

でも他のLucky Meのパンシットカントンと違うのがこちらのソースが入っている事。

IMG_5158 IMG_5162

通常の商品はシーソニングの粉醤油ベースのソース調味油が入っていて、麺を茹でた後にその調味料を入れてミックスする必要があり、手にソースが掛かったりして少し手間が掛かってしまいます。

IMG_5141

 

でも、こちらはそれらの調味料が混ざったペースト状にしてある事で簡単に準備が出来るようになっています。

IMG_5143

 

ソースであるペーストをお皿に入れて、麺を茹でてかき混ぜればビーフアサド味のパンシットカントンの出来上がりです!

IMG_5152

アサド味って何?と思うかもしれませんが、アサドとはフィリピンの肉まん(ショーパオ)で使われる味の一つで、醤油ベースの甘いソースが使われています。照り焼きソースをイメージした方が思い浮かびやすいかもしれません。

IMG_5154

 

そのため、このパンシットカントンも他の商品と違って甘い味付けになっていて、焼きそばに少し近い感じになっていると感じるかもしれません。

この商品は2011年からあるみたいですが、サリサリストアやコンビニなどでは販売している所をあまり見かけなかったので、セブ島では見つけるのが少し難しい商品なのかも。

でも他のパンシットカントンと違った味を楽しめると思うので、見つけたらぜひ試してみると良いでしょう!

 

(MIKIO)

 
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio