2014年1月29日 更新

アヤラモールの中にある「iStore」をみてみよう!

日本には渋谷などに有名な「Apple store」がありますが、フィリピンでApple製品が破損・故障すると簡単には直すことができません。大型電気店などもほぼないに等しいこのセブでは、Apple製品を直す場合どうしたらいいのでしょう?実際に筆者のMac book AirのSSDが破損してしまったので、その修復までのプロセスを見てみましょう。



Appleが委託している修理を行える電気店は、セブには4箇所存在すると公式サイトに記載されています。筆者は実際にその2つを訪れましたが、1つは大きな工場で個人の受け入れがなく、もう一つはオーナーの変更によって店舗が移転したそうで、移転先は全くわかりませんでした。そのため、セブ島で最も大きいモールの1つであるアヤラモール3階の、「iStore」に行ってみる事にしました。


IMG_2663 (700x525)

iStoreはアヤラモールの3階、エレベーターのあるエリアに店舗を構えています。日本のものと比較すると小さな店舗ですが、Appleの店舗らしくシンプルな内装になっています。


IMG_2660 (700x525)


Mac book AirのSSDとは、Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)の略称で、従来のHDD(ハードディスク)に比べて処理速度が高速である一方で、一部では寿命が短いとの指摘を受けています。

SSDの読み書き性能の高さ、静寂性、消費電力の低さなどが人気となり、ノートパソコンのハードディスクをSSDに交換するというブームが起こったこともあるそうです。

 

IMG_2661 (700x525)

このように様々な商品が展示されていますね。実際に触れて試すことができるのも日本と同じです。店舗が小さいことと、購入を検討している人もこの日は少なかったため、店内は空いていました。

またスタッフのシャツは緑に統一されていました。公式サイトを見ると青である事が多いAppleのスタッフシャツですが、緑も白には映えるので清潔感があります。

IMG_2662 (525x700)

今回筆者が修理に出したMacは1週間程度で修理の結果が通達されるそうです。携帯番号をスタッフに伝えて、テキストを待てばOKです。

また意外だったのは修理の預かりの際、傷や破損個所などを非常に細かく記録してくれたことです。日常的に比較的アバウトなセブの人たちですが、iStoreは高価な品を扱っていることもあり、製品管理には気を使っているようですね。

皆さんもiPhoneなどApple製品が故障した場合は、iStoreへ持ち込んでみてくださいね!

(タク)

(Info via http://www.toha-search.com/pc/ssd.htm)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブで大人気バイクの改造!

セブで大人気バイクの改造!

セブでは、最近乗用車の数も増えてきています。 これはフィリピンの経済が年々よくなっており自家用車を持つ人が増えたということなのでしょう。実はフィリピンはNEXT11の一国に選定されているほど、安定した経済成長をしてる国なのです。2005年以降はリーマンショックのあおりを受けた2009年を除いて4%~7%前後も安定した経済成長を続け、特に2010年には7.6%、2013年にも7.2%と7%を超える高い経済成長率を記録しております。また人口も爆発的に増えており特に若い世代が多いのも特徴です。 しかし経済成長の裏側では経済成長に追いつかない政府の遅れが露呈され、交通に関する整備の遅れから交通渋滞も頻繁に起こっています。 その為、渋滞を回避しやすいバイクの需要が高いのです。
shin | 34 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku