2013年8月16日 更新

海へ行こう!アイランドホッピングを更に楽しめる覚えておくと良い7つのコツ。

8月中旬になってきました!

日本ではちょうどお盆の期間を利用して海外旅行やセブ島へやって来る方も多いかと思います。

セブ島の楽しみはもちろん海です!リゾートやセブ島北部、南部のビーチを楽しむのはもちろんの事、バンカーボートに乗ってセブ周辺の島々を回っていくアイランドホッピングもオススメなビーチアクティビティの一つです。

アイランドホッピングにオススメの島々をこちらの記事で紹介してきましたが、今回は、そんなアイランドホッピングを更に楽しめる7つのコツをご紹介したいと思います!

 



アイランドホッピングとはこちらの記事で書いてある様にバンカーボート色んな島々を回りながらスノーケリングや海遊びが楽しめるビーチアクティビティです。

Bantayan Island

クルージングの他、ダイビングやスノーケリング、バーベキューなどが出来るので、十分楽しめる様になっています。でも、初めて自分たちでアイランドホッピングをしてみたいと思う方や、更に楽しめるにはどうしたほうが良いの?と思う方に覚えておくと良いコツを紹介するのでチェックしてみてください!

1. 安定した良いバンカーボートを選ぼう


Island Hopping Cover

アイランドホッピングはバンカーボートでの移動が基本です。走っている途中にエンジントラブルや船が少しボロボロだったりするとテンションが下がってしまいますよね。安定した良いコンディションのバンカーボートを選ぶとその様な問題は起きないと思うので、慎重に決めておくと良いですよ!

ツアーなどを利用してバンカーボート使う場合は特に問題はありませんが、自分たちでボートを貸しきりたいと思う方はモーベンピックホテルの隣にあるヒルトンポートからバンカーボートを探すことができます。

ボートによっては事前に予約も行うことが可能なので、こちらのリスト(英語)から問い合わせてみると良いでしょう。少し高めですが、ボートによっては特典があったりするのでオススメです。

2. 早めにアイランドホッピングを楽しもう!


STA. FE BEACHES

フィリピンでは夏休みが3−4月にあるので、オフシーズンではありますが、週末を使ってアイランドホッピングを行う人達が多いです。そのためバンカーボートを取りたくても上手く取れない事も起こりえます。

そんなトラブルを回避するには昼ごろスタートするよりかは、8−9時からアイランドホッピングを楽しむのがベストです!人が少ないだけではなく時間があるので思う存分楽しい時間を過ごすことができます。

3.スノーケリングやダイビングははヒルトゥガン島がベスト!


Waving Sunshine

ビーチを楽しむだけではなく、スクーバーダイビングやスノーケリングでセブ島の海を楽しみたいと思う方は、ヒルトゥガン島(Hilutungan Island)がオススメ。景色とビーチが綺麗なため、最初の島として訪れる事が多いです。

オランゴ島から少し離れたエリアにあるので、ヒルトゥガン島付近は魚類保護区として指定されているため、サンゴ礁や多くの魚達を見ることが出来ます。

4.食べ物を持ってくると更に良し!


The Island and The Plane

島によってはレストランがあるので、バーベキューを楽しむことが出来ます。ただ、観光地でもあるので、料金設定が若干高めな所が多いですよね。でも海を楽しみながら昼食を取ると凄く美味しく感じるので、食べ物は絶対必要です。

あまりお金を掛けず、美味しい料理を食べる方法の一つが、セブシティやマクタン島で事前に食べ物やライス(またはプソ)を大量に買ってくること。基本ボートの上で食べるのが普通ですが、島によっては持ち込みOKの所もあるので、利用してみると良いですよ!

5. 日除け止めクリームやサングラスは持ってこよう!




海に行くと必ず焼けるので、船に乗り込む前や島へ向かっている間は必ず日焼け止めクリームを付けておきましょう!

サングラスを持っていると更に便利です。付けるのが面倒くさい方や付けても特に問題はないですが、日差しが強いので、後でシャワーなどで痛い思いをするよりかは事前に付けておく事をオススメします。

6. ドリンクはクールボックスなどで持ってくると良し!


Heaven on earth: Camotes Island

綺麗な景色や美味しい料理を食べてキンキンに冷えたビールやソーダーなどを飲むととても気持が良いですよね!

4番に書いてある食べ物の他、ビールなどの飲み物をクールボックスに入れて持ってくると良いでしょう。日本からわざわざ持ってくるのではなく、発泡スチロール製の安いクールボックスを購入すること。

アヤラモールなどのハードウェアショップで約500-1000ペソ(約1200-2300円)程度で購入が可能できるので、放棄可能のクールボックスがオススメです。

7. カメラは水中でも使えるものだと更に良し!


Hagnaya

せっかく綺麗なビーチに居るのにそれを写真やビデオに収められないと物足りないと思いませんか?

ボートの上の思い出も、海の中の思い出も撮れる水中カメラを持っておくと便利です。海水でも大丈夫なコンデジが安く販売されているので、簡単に購入ができると思います。

筆者的には小さくて、安くて高画質なビデオや写真が撮れるGoPro Hero3は中でもオススメです。セブ島にあるダイビングショップやカメラショップに置いてある場合があるので、チェックしてみるのも良いでしょう!

セブ島のビーチアクティビティは驚きいっぱいなので、色々と楽しめると思いますが、初めてアイランドホッピングをしてみる方や更に楽しみたいと思う方はここに書いてあることを覚えておくと良いかもしれません。

残り少ない夏を思う存分楽しみましょうね!

(MIKIO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

LCCも就航し、直行便であれば5時間程で来ることのできるフィリピン、セブ! その手軽さと、物価の安さから比較的お手頃な価格で楽しむことができるセブは、幅広い年代の日本人に人気になっております! このページを見て下さっている皆様は、フィリピンという国がが7000もの島からなる国ということをご存知でしょうか? どの島にと独自の特色があり、唯一無二の魅力に溢れております! その中でも筆者が大好きな島の1つである【ナルスアン島】について今回紹介させて頂きます。
SHOTA | 136 view
マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

セブ、リゾート、、と来るとその次に来るのはやはりビーチ! セブ島に来たからには、ビーチでのんびりしたい!そう考える方は多いのではないでしょうか? そんな皆様必見!今回は、マクタン島にある公共のビーチ、ハドサンビーチをご紹介します!
SHOTA | 251 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio