2013年8月9日 更新

セブに来るためのパッケージ旅行と個人手配の違いってなんだろう?

最近はリゾート施設の人気とセブ島の設備の充実化に伴って、セブへの旅行の人気が上がって来ました。

そこで今日は、セブへの行き方、及び旅行の形態に着いて紹介していこうと思います。



今日ではセブへの旅行といえば、大手旅行会社を通じてツアーに参加する人が増えていました。それでも最近はそれ以外の方法でセブに来る人が増えてきたように思います。そもそも今日では旅行の形態が変わりつつありますが、それを踏まえてセブではどういう方法で来るのが一番良いのでしょうか?という記事です。

そもそも現在の旅行には3種類あると考えられます。1、パッケージツアー2、個人手配3、バックパックの単身旅行です。その中でも特に多い1と2の方法とセブ旅行との関係を考えていこうと思います!

Sunset in Bohol

 

1、パッケージツアーでセブへ行く


パッケージツアーとは文字通り、旅行会社が企画したツアーに参加する事になります。セブには様々な旅行会社の現地オフィスがあるため困った時に連絡先がある、という安心感が有るのが良いところです。

特にセブはまだまだ治安が良くないので、こういうのも良い方法でしょう!

セブでは送迎、日本語ガイドが付くのがスタンダードなので贅沢な気分が味わえます。特に休暇期間の夏休みや年末年始、ゴールデンウィークに最もお客さんが多いですね。この期間は同様にツアー代金も高く設定されるのが通常なので、ピーク時を外してツアーに参加するのも良いと思います!

carcacha

 

2、個人手配でセブへ行く


個人旅行で手配する場合は若干戸惑う部分があるかもしれません。というのもセブの空港は閉鎖的で、セブ市街までの移動手段はタクシーかジプニーになります。観光で来る場合ジプニーはオススメてきないので、必然的にタクシーでの移動となるかと思います。

また、この際はインターネットを活用するのがベストでしょう。最近ではエクスペディアやアゴダなどのインターネット経由でホテルを予約出来るサイトが増えてきました。この旅行インフラの充実により、旅行者はより楽に旅行に行けるようになったと思っています。

a47e6daab31411e2a23322000aaa04c3_7

もちろん航空券も直行便を選択したり、経由便を選択したり。オープンジョーで他都市でストップオーバーしてからセブに入るという事も出来るようになりました。

その一方でジェットスターやセブパシフィックなどのLCCの充実により安く航空券を買う事も出来ます。

IMG_1592

インターネットを利用する事により、旅行会社に頼らずに手軽に、そして便利に旅行に行けるようになった時代と言っても過言ではないと思います。

 

私の個人的な意見としてはパッケージツアーを利用するのも良いと思います。様々に検討してみると、料金が安い、連絡先があるのが安心、送迎付きという数々の予防ラインがあるためです。

個人手配の際は多少の苦労が付きものになるかと思います。もちろん海外に行くので、日本では上手く行く事がスムーズに進まないという事は当たり前ですが、その差を踏まえても個人的にはパッケージツアーの方が良いかとしれません!

もちろん時期によって値段の高低はありますが、セブはリゾート地が有名だからという点も大きいです。

是非ともパッケージツアーでセブへ行く事も検討してみてはいかがですか?少しでもみなさんの情報になれば良いなぁと思います!

(ひろ)

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

五つ星ホテル★シャングリラホテル内【アクア】で贅沢な朝食タイムを過ごしてみませんか?

五つ星ホテル★シャングリラホテル内【アクア】で贅沢な朝食タイムを過ごしてみませんか?

思いっきりリフレッシュしたい!!☆★ そんな思いから、海外旅行を検討される方はとても多いと思います! 旅先では、毎日の忙しい現実から解放され、ゆっくりとした時間を過ごしたい! そんな目的で選ばれることも多いセブ島への旅行が決まったら、まず探すのはホテルですよね♪ そこで、五つ星ホテルの中でも抜群の人気を誇るシャングリラ マクタン リゾート&スパの朝食をご紹介します!
Aika | 220 view
【MINISO 名創優品】で “JAPANクオリティ”を手に入れよう!

【MINISO 名創優品】で “JAPANクオリティ”を手に入れよう!

少しずつ日本の企業が参入しつつあるセブシティに、またひとつ新たなジャパニーズショップがオープン!日本の〇〇があったらな・・・と思ったことがある方も多いはず♡でも、もうそんな思いとはさよなら!?そんな気になるお店を早速チェックしてみましょう♡!
Aika | 137 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro