2012年5月4日 更新

日本でもお馴染みの食べ物を発見!

 フィリピン人はみんな食べることが大好き。

 

3時のおやつは欠かせません。



私のオフィスにもたまにお菓子の売り子さんがやってきます。

 

毎回売りに来るものが違うので、いつもどんなものを売りに来るのかちょっと楽しみなんです。

 

先日は、その売り子さんが日本でもお馴染みのこんなものを売りにきました。

 



 
「とうもろこし」です!

 

日本でもお馴染みのとうもろこし、セブにもあったんです!

 
実は私も最近知りました・・・

 
普通のペンと比べるとこんなに大きいです!

 



 

これで12~20ペソ(24~40円)くらい。安い。


甘くておいしかったです。


 

でも、同じとうもろこしでも、食べ方に違いがありました

 
日本ではとうもろこしは何もつけないか塩で食べますよね?

 
だけどセブでは・・・

 

粉チーズ

マーガリン

砂糖 

 

 などをつけて食べます。




 
これもまた文化の違いですね。

 
でも私的にはやっぱり何もつけずに食べるのが好きです。

 
コーンはスーパーやモールに売っているので、見つけたら試してみてくださいね。

 

(SHIHO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブで大人気バイクの改造!

セブで大人気バイクの改造!

セブでは、最近乗用車の数も増えてきています。 これはフィリピンの経済が年々よくなっており自家用車を持つ人が増えたということなのでしょう。実はフィリピンはNEXT11の一国に選定されているほど、安定した経済成長をしてる国なのです。2005年以降はリーマンショックのあおりを受けた2009年を除いて4%~7%前後も安定した経済成長を続け、特に2010年には7.6%、2013年にも7.2%と7%を超える高い経済成長率を記録しております。また人口も爆発的に増えており特に若い世代が多いのも特徴です。 しかし経済成長の裏側では経済成長に追いつかない政府の遅れが露呈され、交通に関する整備の遅れから交通渋滞も頻繁に起こっています。 その為、渋滞を回避しやすいバイクの需要が高いのです。
shin | 34 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

shiho shiho