2013年6月7日 更新

実際セブでガジェットを買うとお得なの?損なの?

セブ島は物価が安いというのが魅力の一つですよね。マンゴー1キロ買ってもたったの60ペソ(約140円)しか掛かりません。一日の生活費も日本と比べて10分の1以下で暮らすことが出来るので、リタイアメントでセブ島に住む方も多いかと思います。

音楽プレーヤーや携帯電話などの古いの持っていると新しいのが欲しくなりますよね。新商品などが出たら思わず買ってみたいと思う方も居るんじゃないでしょうか?

セブの物価の安さってガジェットにもあるのでしょうか?こっちでガジェットを買うと得するのか、損するのか検証してみましたよ!



ガジェットは個人のものから仕事に使うものまで色々ありますが、セブ島にやって来る方は大抵日本で買ったものを持っている方がほとんどだと思います。筆者の場合コマーシャルなどの制作業なので、仕事で使う外付けハードディスクなどのガジェットから携帯電話、イヤホンまでは全てセブで購入しています。

セブ島に滞在中の方は持っているガジェットが壊れたり、新商品が出て思わず買ってみたいと思う方は居るんじゃないでしょうか?

IMG_0796

物価が安いと言われているセブですが、ガジェットだとどう違うのでしょうか。得しているのか、損しているのか気になっていたのでチェックしてみました!

今回カテゴリー別に検証してみたいと思います。日本だとポイントカードの関係で変わってくると思いますが、セブでの平均価格と日本での平均価格を元に見てみようと思います。

今回対象になっているガジェットはイヤホン、ノートPC、外付けポータブルハードディスク、スマートフォン、アップル製品です。

イヤホン


Voices

まずは日本でもフィリピンでも購入のしやすいイヤホンを紹介です。標準的なイヤホンの日本での相場は大体900円から2,000円程度です。フィリピンのはメーカーに寄って安い高いが出てきますが、良い物だと大体500ペソ程度からで、少し日本より高めな感じがしますね。

今回見つけたPHILPS製のイヤホン、SHE3590は日本だと安い所で799円しますが、アヤラモールで見つけた同製品は699ペソ(約1500円)日本の約2倍の価格をしています。

一部高い製品もありますが、SENNHEISERやBOSEのブランドにいくと日本と同じような価格になる場合があるので、メーカーによっては損したり、得したりの差はあるかもしれません。

ノートPC


laptop
フィリピンまで来てわざわざPCを買う人は少ないと思いますが、気になる方にASUS社VivobookというノートPCを参考に調査してみました。フィリピンだとこのレベルのラップトップの価格は27,000ペソ(約63,000円)でした。日本でも安くて61,000円なので、さほど価格の差はない感じです。

ただ一つ注意するべきことは、フィリピンでパソコンを購入すると、使われているOSの言語が英語になっていることです。ノートPCに関しても、キーボードがUS版になるので、@マークの位置が違ってたり、英語日本語の変換キーが無かったりします。

もちろん海外版のパソコンで日本語を表示したり入力することもできますが、ある程度パソコンの知識がないと厳しい部分がありますね。

外付けポータブルハードディスク


IMG_2327
仕事などに役に立つポータブルハードディスクですが、ハードディスクの場合、フィリピンと日本の価格の差はあまりないという感じがします。バッファローの製品を例にあげてみると、1TBのサイズの価格が4,150ペソ(約9800円)、500GBのサイズが3,500ペソ(約8,300円)でした。

日本の場合は1TBがAmazon.comで9,700円、500GBが5,600円と、容量が少ないと価格が高くなるみたいです。

スマートフォン


IMG_0172
日本でスマートフォンを購入する場合、各キャリアとの縛りで販売されています。フィリピンの場合、キャリアから購入することもできますが、各メーカーのショップからSIMフリー版の携帯端末を購入することが出来るので、フィリピンでスマホや携帯電話を購入する良いメリットの一つでもあります。

スマートフォンの中でもSAMSUNG製の携帯電話が人気だと思いますが、つい最近Galaxy S4が登場しましたよね。セブでもサムスンショップから端末を購入することができますが、価格は30,099ペソ(約70,900円)でした。

アンロック版の端末を日本で購入をすると変わってくると思いますが、Amazonによると、71,500円で購入することが出来るみたいです。若干安いのと簡単にSIMフリー版の端末を購入できるということを考えてみればフィリピンで購入してみるのも一つの手だと思います。

アップル製品


IMG_0264
世界中でも人気のあるアップル製品。家電販売店で購入すると安くなる場合がありますが、大体の場合はアップルストアで決められた価格で売っている場合が多いと思います。今回の場合は日本のアップルストアと、フィリピンのオンラインアップルストアでの価格を見てみましょう。

日本のオンラインショップとフィリピンのオンラインショップを比べ、現在の為替での単純変換で見てみると、ノートPCであるMacbook Proは日本で138,000円、フィリピンは69,990ペソ(約165,000円)2−3割高になっています。

ノートPCのみならずiPad,iPod touchも同じ事で、どれも日本の価格よりも20%高い印象があります。こちらの場合はフィリピンよりかは日本でアップル製品を購入するほうが断然いいですね。

iPhoneの場合、日本と違ってキャリア以外に端末のみを販売店で購入することができます。キャリアで購入する場合はロックが掛かっていますが、お店で端末を購入するとどれもSIMフリーになっているはずなので、簡単に購入することが出来ます。

IMG_2328

価格は大体25,000ペソ-30,000(約58,000-71,000円)程度で日本の価格である76,000円より若干安い場合があります。先ほど書いたように簡単に購入できるというのも一つのメリットかもしれませんね!

 

総評として、フィリピンでガジェットを購入するとどちらかと言うと損している感じですね。ノートPCなど海外で買うともちろん言語環境、キーボードが英語なので、日本語の入力をしてみたい方や、USキーボードに慣れていない方は、フィリピンで購入しない方が良しかも知れません。

短期間セブに居る方は日本に戻って購入する方が良いと思いますが、滞在が長い方や、日本にめったに帰らない人などは飛行機代の費用も含めると日本と同じになるので、そういう方はフィリピンでガジェットを購入するほうが正しい選択になると思います。

筆者自身もあまり日本に帰る機会がないので、手持ちのiPhoneはもちろん、ハードディスクやその他ガジェットはセブで購入しています。でもガジェットによっては日本に売らてていない物もあったり、日本より断然安い商品もあるので、その時その時で変わってくるのだと思います。

メーカーによっては世界中での保証対象などもあるので、こちらでガジェットを購入しようとしている方はその部分も考えて購入すると良いですよ!

 

(MIKIO)

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【セブの歯科医院調査】フィリピン・セブで歯医者に行ってみた。

【セブの歯科医院調査】フィリピン・セブで歯医者に行ってみた。

フィリピン・セブの歯科医院はどんなものなのか。歯のクリーニングをしてみました。歯に対する意識が高いフィリピン。その治療を体験。
SHIN | 148 view
SIMロック解除のススメ!!いつでもどこでもLINEにFacebook にインスタグラム!その2

SIMロック解除のススメ!!いつでもどこでもLINEにFacebook にインスタグラム!その2

海外ローミングなんて怖くない!いつでもどこでもLINEやFacebook の利用、インスタグラムでのアップロードをしよう! SIMロックの解除なんて簡単にできないと思ってる方々に、実は簡単に出来るということを分かって頂きたく具体的なSIMロックの解除をした経験談のご紹介です。体験談なのでDOCOMOのみになりますが。
SHIN | 59 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio