2012年12月12日 更新

セブでダイビングライセンスを取得!その心構えと準備について

皆さんこんにちは!ダイビング担当(?)となってしまいましたひろです。

さて、前回の記事ではセブでダイビングをしてみたい!というような記事を書きましたね。皆さんも覚えていますか?

今日はその一歩先。実際にセブでダイビングのライセンスを取得するとなると一体何が必要になるのでしょうか。皆さんが気になる話題をリサーチです!



さて、セブでダイビングをする!というのは良い意味で素敵な経験となるでしょう。もちろん興味はあっても、なかなか挑戦できなかった人が多いはず。

セブはそんな人にとっては強い見方でもあります。

 

1、観光も楽しめる


 

セブでライセンスを取得する人は語学学校に留学中の生徒だったり、観光で来てその合間に取ったりする人が多いように思います。

オープンウォーターというダイバーへの第一歩のライセンスを取得するには、学科講習・海洋実習・プール講習の三つの講習を受ける必要があります。

中には日本で学科講習を受けて、残りの二つの講習をセブで消化する人も多いです。

コチラの方法は講習期間でも比較的余裕ができるため、観光と合わせてセブを満喫できるのです。



 

2、海が綺麗!


 

皆さんも知っていますね?

セブの海は透明度が高い事で有名です。綺麗な海には魚やその他生き物が多く、講習生も一人前のダイバーをも楽しませるのです。

プール講習では少し大変!と思う人が多いようです。それは真水で練習するのと、景色も無く閉鎖空間だからという理由です。

ですが、プール講習で大変だと思った人も海洋実習に入ると「こんなに面白いとは思わなかった!」という人が多いです。

きっと、綺麗な海に魅了されてしまうのもその理由の一つなのでしょう。



 

3、日本人が多い!


 

セブには、在住日本人が多いです。そのためかダイビングショップにも日本人が常在している事が多いのです。

講習中に分からなかった事はもちろん、プール講習の際に気になった事も質問すれば教えてくれます。

学科講習をセブで受ける際でも、日本人スタッフが教えてくれるので安心して講習に集中できますね!

 

4、沢山のダイバーと知り合える!


 

セブは常夏の島として有名ですね。

そう、この島には年中沢山のダイバーさんがやってくる場所なのです。ベテランダイバーから始めたばかりだけど、セブへやってくるダイバーまで実に様々。

そんな人達は新しくライセンスに挑戦しているダイバーに優しく教えてくれます。もちろん講習で分からなかった事も聞いてみると良いでしょう!

他にも海の中の話題など、ダイビングの話で盛り上がる事間違いなしです。様々な人と知り合える所もセブでダイビングを始める一つの楽しみでもあります。

筆者もダイビングショップで新しいダイビング仲間との出会いが楽しみでもあります。出会いが広がれば、活動の場も広がりますよ!



5、機材だってレンタルできる!


 

初めての人には機材であったりと、少し分からない事だらけでしょう。

ですが、ダイビングショップでは各個人に合わせ機材をレンタルサービスを行っています。そのため、セブでの講習で必要な物は水着くらいなものです。

ウエットスーツ、BCDなどの重器材、スノーケルセット、フィン、ウエイトなど必要な者はすべて貸してくれるのです。

もちろん自分で少しは持ってきても大丈夫ですよ!例えば、マスクやフィンは日本でも簡単に買えてしまいますよね?事前に器材を扱うダイビングショップへ足を運んで、お気に入りのマスクやフィンを購入して持っていっても大丈夫!

お気に入りのマスクとフィンで潜ればやる気も120%ですよね?気を付けなければならないのは、講習ではスノーケル装備が義務となります。

もちろん、スノーケルだけでも貸してくれるので心配はいりません!ダイビングショップのスタッフさんに気軽に訪ねてみましょう!



さて、今回はセブでオープンウォーターライセンスを取得するのに大切な情報を記事としました。この記事を読んだあなたはきっとライセンスを取りたくなるはず!

筆者もセブで新しいダイバーが誕生するのを心待ちにしていますよ!もしセブでライセンス取ったよ!っと言う人がいましたら、体験談を添えてメールで教えてくださいね!あなたの体験談が記事になっちゃうかもしれませんよ。

今回の記事はいかがでしたか?これからもダイビング関係の記事を増やしていく予定ですので、よろしくお願いします!

(ひろ)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

LCCも就航し、直行便であれば5時間程で来ることのできるフィリピン、セブ! その手軽さと、物価の安さから比較的お手頃な価格で楽しむことができるセブは、幅広い年代の日本人に人気になっております! このページを見て下さっている皆様は、フィリピンという国がが7000もの島からなる国ということをご存知でしょうか? どの島にと独自の特色があり、唯一無二の魅力に溢れております! その中でも筆者が大好きな島の1つである【ナルスアン島】について今回紹介させて頂きます。
SHOTA | 165 view
マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

セブ、リゾート、、と来るとその次に来るのはやはりビーチ! セブ島に来たからには、ビーチでのんびりしたい!そう考える方は多いのではないでしょうか? そんな皆様必見!今回は、マクタン島にある公共のビーチ、ハドサンビーチをご紹介します!
SHOTA | 364 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro