フィリピン・セブ島のカジノでの遊び方【初心者向け】

107

海外では日本ではできない体験ができるのが魅力です。

食事・宗教・文化などありますよね。

男性の方は「カジノ」を目的に海外旅行に行く方もいるのではないでしょうか?

ここセブ島にもカジノ施設が多くありますので、本記事にてご紹介致します。

また、セブ島のカジノは初心者の方でも気軽に訪れることができますので、ゲームの種類、カジノのルールも併せてご紹介致します。

セブ島のカジノの特徴

まずはじめにセブ島の特徴をご紹介します。

気軽にカジノに入られる

セブ島のカジノは外国人観光客がほとんどです。

特に中国人・韓国人です。

ただ若いフィリピン 人や日本人も多くカジノをしにくるため入りやすい雰囲気です。

ドレスコードが緩い!

海外のカジノと聞くとドレスコードがあり、厳しいイメージではないでしょうか。

TシャツNG、短パンNG、サンダルNG等、厳しいドレースコードがありますが、セブ島のカジノにはほとんどありません!

Tシャツでも短パンでも入場でき、パスポートのチェックがない所がほとんどです。

ですので、ちょっと観光した後に行くこともできます。

賭け金がやすい

カジノではミニマムベットがありますが、セブ島のカジノはゲームによって10ペソからゲームを楽しめます。

年齢制限は日本と異なります

セブ島のカジノでは、男性21歳以上、女性18歳以上と年齢制限が定められています。

パスポートの提示を求められないことも多いので、見た目で判断される場合があります。

セブ島のカジノはホテル敷地内にある

セブ島のカジノはほとんどがホテル内に併設されています。

事前に旅行の目的の1つにカジノの体験がある方は、ホテル予約段階でカジノがあるホテルを予約している滞在中いつでもカジノに行くことができます。

下記にカジノのあるホテルも紹介しておりますので、ご予約する際の参考にしてください。

 セブ島のカジノで遊べるゲーム

・ルーレット

テレビや映画でよく見る「ルーレット」

ラスベガスや欧米圏で人気のゲームです。

・スロット

日本のパチンコ店にもあるルーレット。

セブ島でも定番のゲームとなっていて、ディーラーと話すこともないので初心者におすすめです。

小額の賭け金でも一攫千金が狙えるます!

・バカラ

カジノで最も古く、定番テーブルゲームのバカラ。

ブラックジャックと似ているとも言われていて、ルールが簡単ですので、初心者にもおすすめのゲームです。

・ブラックジャック

カジノの花形ともいえる「ブラックジャック」。

こちらも初心者にもおすすめの定番ゲームです。

しかし、ルールがわからないと痛い目にあうとも言われているので、事前にルールは勉強しておきましょう。

セブ島おすすめカジノ

「ウォーターフロント セブシティ ホテル & カジノ」

セブ島で1番有名なカジノといっても過言でもない「ウォーターフロント セブシティ ホテル & カジノ」。

留学施設やビジネス街として有名なITパークの目の前にあります。

お城のような外観で敷地も大きく、ホテル内にはカフェやレストランが入っており観光客に人気なホテルです。

カジノはメインエントランスから入って右手に階段がありますのでそちらを登った2階にあります。

カジノは24時間営業ですので、「ウォーターフロント セブシティ ホテル に宿泊するなら、いつでもカジノに行けます。

カジノに入る前に軽く荷物チェックはあります。

HP

ちなみ、ウォーターフロントホテルはマクタン国債空港に直結した場所にもあります。

ホテル直結ということもあり、多くの日本人が利用します。

セブシティに比べるとゲームの数は少なく、規模も小さいです。

家族旅行におすすめ「Jパークホテル」

家族旅行におすすめのJパークホテル。

子どもたちがプールで遊んでいる間や子どもたちが寝た後にちょっぴり大人な遊びをするのもいいのではないでしょうか。

Jパーク内にあるカジノですので、ホテルから徒歩で行けます。

またこちらのカジノも24時間営業ですのでいつでも行くことができます。

しかし、上記で紹介したウォーターフロントホテルに比べると、Jパーク内カジノの方が狭く、種類や台数も多くありません。

 

セブ島でカジノ体験

上記でご紹介した通り、セブ島のカジノは初心者にもおすすめです。

他の国のカジノと比べると賭け金が低かったり、ドレスコードの規制が緩かったりするので、気軽に中に入ってカジノデビューしてみませんか?

しかし!羽目を外しすぎて、お金の散財には注意しましょう!