「火から生まれた島」カミギン島旅行ガイド2 おすすめの観光

119

フィリピンの島は7,641島

フィリピン国立地図資源情報局の発表では、新たに500以上の島が発見され現在の島の数は7,641島にも及びます。

大きく分けると3つのエリアに分けられており、最大の島はメトロマニラがあるルソン島エリアのルソン島でフィリピンの経済の中心となります。
次には日本でも有名なフィリピンの代表的なビーチエリアとなるビサヤ諸島エリア、そして「第16代フィリピン大統領ドゥテルテ」や「ボクシング6階級制覇の世界的な有名人マニーパッキャオ」の出身地でもあるミンダナオ島エリアとなります。
そして、日本人にも有名なセブ島や世界最高のビーチに何度も選出されたボラカイ島はビサヤ諸島エリア、世界最高の島に選出されたパラワン島などがあるルソン島エリア、ピンクビーチで世界的に有名なグレート・サンタ・クルス島はミンダナオ島エリアにあります。

しかし、7,641もの島があるフィリピン。日本人が知らないとても美しい島がまだまだあります。

今回はその中でもミンダナオ島エリアに属するカミギン島をご紹介していきます。

 

 

「火から生まれた島」/ The Island Born of Fire

フィリピンミンダナオ島エリアに「火から生まれた島」と呼ばれる平和な小さな島があります。
その島は、カミギン島、マンティグ島、ホワイト島などの群島からなるフィリピンで2番目に小さなカミギン州にあります。
「火から生まれた島」と呼ばれるのは、その群島を形成したのが火山の噴火によるものが始まりだからです。

Mt. Hibok Hibok

実際カミギンには環太平洋火山帯の一部のヒボクヒボク山(Mt. Hibok Hibok)・マンバジャオ山(Mt. Mambajao)・ギンシリバン山(Mt. Guinsiliban)・ティンプーン山(Mt. Timpoong)・バルカン山(Mt. Vulcan)・ウハイ山(Mt. Uhay)・トレスマリアス山(Mt. Tres Marias)と、7つの火山があります。これは、カミギンにある町の数よりも多いのです。

洋ナシの形をした火山島である「火から生まれた島」カミギン島は、ミンダナオ島の北海岸から10km離れたボホール海にあります。 総面積238平方キロメートル、東京都全体の面積2,194平方キロメートルのたった約9分の1しか無いこの小さな島に7つの火山があるとは信じられません。
しかし、火山島がゆえに特徴的な自然のたくさんの魅力を作っています。天然温泉、冷たくて純粋なソーダ温泉、巨大なアサリの聖域、水中の墓地、または沈没墓地としても知られる墓地の自然の驚異から、ヒボクヒボク山と十字架の道へのハイキングなどです。

今回はそんなカミギン島の魅力に迫ってみたいと思います。

 

カミギン島 / Camiguin island

「火から生まれた島」と呼ばれるカミギン島の7つの火山は、その独特の風景を形成し、またそれを変え続けています。

Lanzones Festival

ヒボクヒボク保護区として知られる森林保護区は、アセアン遺産公園 (ASEAN Heritage Park)にも指定されています。
歴史愛好家には、保存状態の良い先祖代々から伝わる家屋、スペイン統治時代の教会、そして島のあちこちに点在する遺産など、興味深い観光スポットが多くあります。
毎年開催されるランソネス(lanzones, langsat/ 東南アジア原産の甘い果実)祭が行われることでも有名です。

何より、ビーチ好きにとってカミギンを特別なものにしているのは、海をベースとしたアクティビティです。
この小さな島には、冒険好きな旅行者を喜ばせる数多くの滝、天然温泉、手付かずのビーチ、ダイビングスポットも隠されています。 また世界中からの旅行者を魅了し続けている神秘的な沈没墓地 (Sunken Cemetery)があります。

カミギンは、ボホール島やシキホール島などと同じくフィリピンで人気のアイランドホッピングの目的地としてのんびりとしたビーチの雰囲気を維持しています。

ボラカイ島やシャルガオ島など、他の大きな島の目的地に見られるような活気に満ちたパーティーシーンやナイトライフはないかもしれませんが、カミギン島は比較的安全で平和な時間を過ごすことができます。
初めての旅行者は手付かずの自然の景色とフィリピンの田舎特有の優しいおもてなしを楽しむことができます。

 

カミギン島の見どころとアクティビティ

カミギン島周辺の人気の観光スポットへは半日または1日ツアーで参加できます。ほとんどのツアーには、送迎とガイド(英語)が含まれています。

一人旅やバックパッカーは、有名な人気スポットを訪れるために、バイクやトライシクルを1日レンタルすることもできます。

沈没墓地

Sunken Cemetery

地震と火山の噴火によって形成されたカミギン島の最も象徴的なランドマークは、巨大な十字架で示された海底の墓地である沈没墓地です。

この魅力的な場所は、1870年代にバルカン山が噴火し、州都とカタルマン旧市街、そして墓地もが海面下に沈みました。
現在の巨大な十字架は、噴火で命を落とした人々への慰霊として建てられました。
この十字架はメイン道路からも見えますが、ボートに乗って近くまで行き、また上陸することもできます。

Old Spanish Church Ruins

もっと深く楽しみたい人は、スノーケルやスキューバダイビングで、実際に火山が噴火したときに水没した海底墓地まで行くこともできます。地元の人によると、十字架の下にあるサンゴがちりばめられた墓石へのスノーケルやスキューバダイビングは人気があるとのことです。

バルカン山の噴火ではまた、古いスペイン統治時代の教会とベルタワーも水没させました。これら水没した教会も遺跡として残っています。カミギンへの旅行では、この平和で穏やかな場所を必ず訪れるようにしてください。

 

ホワイトアイランドの美しい砂浜

White island

ホワイトアイランドは、カミギン島のマンバハオから約1.4キロ離れた場所にある無人のパウダーサンドが敷き詰められた白い砂州です。

風光明媚な白い砂州ホワイトアイランドは通常は馬蹄形ですが、潮の満ち引きにより島の形は常に変化します。島には樹木や建物などはなく、白い砂だけで構成されていて、何年もの間、何千人もの観光客を魅了しています。
太陽が照っている時間、ホワイトアイランドの海岸の水は鏡のように写ります。
すべての雲を写しだし、緑の山でさえ反射します。

White island

映画で見るようなこの砂州では、周辺を歩くことができ、インスタグラムなどの写真撮影のとっておきの場所です。

カミギン島からはビーチフロントのリゾートからボートをチャーターできます。

 

マンティグ島自然公園

カミギン島の東側に位置するマンティグ島はマグサイサイ島とも呼ばれる島で、白い砂浜に縁取られた4ヘクタールの常緑樹林があるこの保護された海洋保護区には、熱帯の楽園のすべての素晴らしさがあります。

Mantigue Island

人気が出始めているホワイトアイランドより、観光客は少なく快適です。マンティグ島は美しいビーチだけでなく、涼しいそよ風、植生が豊富で風に踊るココナッツの木、足を沈めることができる砂、冷たいターコイズブルーの海が暑さを和らげます。訪問者が探索できる小さな森の小道さえあります。島ののどかな雰囲気は、街のストレスを忘れることができます。

マンティグ島周辺は海洋保護区ということもあり、生態系の守られた素晴らしい環境の中スキューバダイビングやシュノーケリングを楽​​しめる場所としても有名です。

Mantigue Island

スタンドアップパドルボードを借りて、海岸近くの手付かずの海へ漕ぎ出すこともできます。

島の北側には漁村があり、反対側には白い砂浜があり、珊瑚砂と沖合にサンゴがあります。
この小さな島は、マヒノグの町のサンロケというバランガイの海岸から約3.5 km、ボートで25〜30分の場所にあります。

Image source: https://news.abs-cbn.com/

 

ヒボクヒボク火山 アーデント温泉

火山島であるカミギン島には、地元の人や海外からの旅行者に人気の多くの火山温泉と冷泉があります。

最も人気のあるものの1つは、ヒボクヒボク火山の地熱による新鮮で熱い硫酸水を備えた33°Cから40°Cのいくつかのプールがあるアーデント温泉です。温泉水は森から湧き出し、冷たい水と混ざり合い、滝の横に配置された4つの別々の温泉プールに流れ込みます。

日本人にとって少しぬるめの温泉かもしれませんが、日本とは違う温泉の雰囲気も楽しめるかもしれません。

Image source: https://www.camiguin-island.com/

 

サントニーニョ冷泉

サントニーニョ冷泉はさわやかに冷えた20℃の大きな冷泉のプールです。この自然の冷泉水も山から流れ出てきます。
マンバジャオ山からの水は、ミネラル層でろ過されており自然な美しさで透き通っています。
ダイビングマスクを持っていくと、水中でプールの一方の端からもう一方の端まで見ることができます。これは淡水湖では非常に珍しいことです。

メインプールは非常に大きくて深く、約120cmから約240cmの深さがあります。
地元の人々には、この温泉に1時間以上入浴すると、肌が滑らかになり若く見える有益な効果があると信じられています。

サントニーニョ冷泉へは、島の南西側にあるCatarmanの近くのLooc村から幹線道路から外れ北側に入ります。
幹線道路から森の中へ約2kmでリゾートエリアに到着する手前にあります。

Image source: https://www.camiguin-island.com/

 

ソーダウォーターパーク

カミギン島で最もユニークな天然温泉の1つは、天然の炭酸水があることで知られるソーダプールです。
地元の人々は、炭酸水を飲んでいるとのことです。ソーダウォーターパークの公式見解でも「炭酸水を飲むことは水分補給に適しています。研究は、ソーダ水が骨粗鬆症などを軽減することを示しています。」とのこと。
訪問者も近くの水飲み場から直接ソーダ水を飲んでみることができます。

時間が経つにつれ、天然のソーダが水中で劣化し、ソーダの味が淡水に変わりましたが、ここは風光明媚でさわやかな場所です。 ソーダスイミングプールは、緑豊かな木々や花の茂みに囲まれており、ピクニックにも最適です。

Image source: Soda Water Park FB @sodanature

 

カティバワサンの滝

Katibawasan Falls

カミギン島にはいくつか滝がありますが、比較的アクセスしやすく、訪問者のために開発された滝はごくわずかです。

最も人気があり、最も高い滝の1つは、カティバワサン滝です。
カティバワサン滝は、マンバジャオの南東5 kmに位置する、高さ76メートルの滝です。特に暖かい日には、ランとシダの森に囲まれた滝壺での爽快なひと泳ぎが人気で、公園内にはいくつかのハイキングコースがあります。これは、ティンプーン山の斜面での冒険を探しているトレッカーや登山家にとってもお気に入りのポイントです。

トゥアサンの滝は、カタルマンの北東6 kmにあります。地方自治体は、滝までの道路を造成し滝の近くに車を駐車場を作り、そこからは滝と滝壺に到達するまで数分ととても便利になっています。

 

いかがでしょうか。
フィリピン国内でも人気が出始めており、今後は旅行客が増えてくることが予想される島です。
ボラカイ島やパラワン島とは違った魅力のあるカミギン島に訪れてみても新たな思い出が作れるのではないでしょうか。

 

(SHIN)