【近代都市BGCホテル】女子旅に!安心安全便利でおしゃれな近未来都市BGCのホテル4選

81

日本の女子旅でも注目されている、フィリピンマニラの近代都市BGC。
BGCとは(Bonifacio Global City/ ボニファシオ グローバル シティ)の頭文字の3文字を使った省略名称で、実際にはメトロマニラ内のタギッグ市内(Taguig City)の北側に位置します。
マカティも経済都市として、高層ビル群に囲まれていますが、こちらBGCは近未来都市といったイメージです。
もちろんハイストリートをはじめとした世界のブランドの出店があり、ショッピングモールもベニス グランド キャナルモール、マーケットマーケット、SM Auraなどがあり、比較的新しい街である為に今までのフィリピンの常識を覆すイメージを持っています。例えば街中のビルの壁面には大きなアートが描かれていたり、有名な博物館がいくつもあったり、ビル群に囲まれていながら、多くの緑や公園があったりと近代的な都市設計に基づいて構成されています。
またフィリピン特有の庶民の足であるジプニーの乗り入れが禁止されているため、マニラ在住の私でさえも異国の先進国に来たような錯覚に陥ります。

そんなBGCのホテルを4つご紹介します。

 

シャングリ・ラ アット・ザ・フォート SHANGRI-LA AT THE FORT

マニラ最新の最高級ホテルブランド「シャングリ・ラ」
シャングリ・ラ アット ザ フォート マニラはマニラの新興地区「ボニファシオ・グローバルシティ」内に完成した最新高級ホテルです。これまでシャングリ・ラホテルはマニラに「マカティ・シャングリ・ラ」と「エドサ・シャングリ・ラ」の2つがありましたが、今回完成したシャングリ・ラ アット ザ フォート マニラは最新で、タイプの異なるホテルになっています。

ボニファシオ・グローバルシティ、通称「BGC」は最先端の都市設計を取り入れた先進的な地区で、外資系企業など多くのビジネスマンが滞在、宿泊するエリアです。マニラの中でも最も治安が良いことでも知られており、街の美しさは日本やシンガポールにも引けを取りません。そんな中に2016年オープンしたのがシャングリ・ラ アット ザ フォート マニラ。国際高級ホテルブランドならではの充実した施設、スタッフの対応はもちろんのこと、他2つのシャングリ・ラホテルと最も異なるのはその眺望です。高さ250メートルもあるメイン棟からはグローバルシティ(BGC)、タギッグ市、マニラ市、マカティ市が一望できる他、BGCにある人気ショッピングエリア「ハイストリート」を眼下に見ることができます。施設面ではマニラで最も大きなジム施設、体育館、複数のプールがある他、テナントとして海外のファストファッションブランドの店舗も入っており、ホテルの中で一日中過ごしても足りないほどの規模です。またマニラのビジネスシーンでも使い勝手が良く、1,000人を超える大会議室まで備えている充実ぶりは目を見張ります。周囲にはショッピングスポット、レストランも多数見つけることができます。マニラでは最も高級なホテルの1つですが、是非一度宿泊をご検討されてはいかがでしょうか。

 

マニラで最高級の充実したブッフェレストラン
マニラのホテルのほとんどが朝食つきとなっており、多くの場合はブッフェスタイルで食事が提供されています。ブッフェはその種類と質で充実度が大きく変わってきますが、シャングリ・ラ アット ザ フォート マニラのレストランは最高級ホテルの名にふさわしく世界各国から選りすぐりの食材が集まっています。また日によってはマグロの解体ショーなども行われ、食事だけではなくその雰囲気までも楽しむことができるようになっています。

 

室内は美しく、眺望も最高級なシャングリ・ラ アット ザ フォート マニラの客室
眼下に見るボニファシオ・グローバルシティの整備された街の美しさも然ることながら、シャングリ・ラ アット ザ フォート マニラの客室は洗練され、非日常を感じる一方で、木材などをふんだんに使用しているためどこか温かみがあり親しみやすい空間になっています。家具や内装には色の統一感がありますので、高級な雰囲気を持ちつつゆったりとリラックスできる環境。アメニティも高級ブランドが無料で提供されます。

 

アスコットホテル グローバルシティ  ASCOTT BGC

高品質・長期滞在を快適に演出してくれる新興地区屈指の高級ホテル
新興地区BGCの中で屈指の高級ホテルであるアスコットホテルグローバルシティは、マニラ首都圏に多数のホテルを有する有名ホテルグループです。特にマカティとBGCのホテルは有名で、大きなホテルの建物が遠くからでも確認できます。比較的長期の滞在を念頭に置いているホテルであるため、客室の多くにキッチンが設置されているのが特徴的。日本以外の観光客の方々やビジネスでの長期滞在の方は、現地でも外食ばかりではなく自炊されるとのこと、現地のスーパーなどを訪れて、一度チャレンジしてみるもの面白いかもしれませんね。

BGCは発展著しいメトロ・マニラの新興地区であり、「マニラの表参道」と呼ばれることもあるほどに整備された地域です。しかしながらこのエリアにはまだまだホテルが少なく、エリア内でビジネスの予定がある方の一部はマカティや他のエリアにホテルを確保して朝BGCへ移動する方が多いようですが、渋滞の関係でアクセスが困難になることがあります。アスコットグローバルシティならそんな不便さも解消できます。周辺にはコンビニ、高級日本食レストラン、各ショッピングモール、ハイストリート、SM Auraなどのみどころがたくさん。観光でももちろん楽しめる良いロケーションで、マニラ観光をお楽しみ下さい。

 

長期滞在を想定したホテルならでは、広々としたフィットネススペースがあります。何台ものトレーニング機器が揃っており、トレーナーさんもいらっしゃいますので、体を効率的にトレーニングすることができます。BGCはジョギングなど外で体を動かすことも問題ない安全なエリアですが、せっかくアスコットグローバルシティに宿泊するなら是非このジムを利用して頂きたいと思います。プールも隣接しておりますので、全身運動で滞在中の健康維持にトライしてみてください。

 

高級ホテルらしさが存分に見られるアスコットグローバルシティのゲストルームは、十分な大きさのベッドとBGCの発展した都市の景観が魅力です。キッチンが設置されている長期滞在にも対応したお部屋なので、もちろんアメニティも充実しています。ビジネス目的での滞在が多いBGCですので、日中のお仕事で疲れた体は客室と各施設でじっくりと癒やして下さい。

 

セダホテル SEDA BGC

アヤラ系列のモダンなホテルで「フィリピンの表参道」を楽しむ
フィリピン国内では有名な、巨大ショッピングモールや都市開発を進めている「アヤラグループ」が展開するホテルチェーン「セダホテル」が新興地区のBGCに最新のホテルを誕生させました。都市の管理に詳しい企業だからこそ、立地や収容環境などは計算されている印象を受けます。特にロビーと、最上階のラウンジがホテル内の人気スポットで、セダホテルグローバルシティに宿泊された方のほとんどが、どちらかの場所で時間を過ごされているようです。面している「ハイストリート」はBGCの最も有名な場所で、ショッピングや食事などが楽しめる人気スポット。

日本のレストランなども次々進出しており、経済発展の面でも注目のエリアです。またハイストリートの両端にはフィリピン最新のシャングリ・ラホテルである「シャングリ・ラ・アットザ・フォート」が誕生、逆側には高級ショッピングモールである「SM Aura」と庶民の人気スポット「マーケット!マーケット!」など見どころが多いエリア。マニラの観光に何度も訪れたことがある方も、新しい街の側面を見ることのできるBGCと安心のセダホテルで快適なマニラ滞在をお楽しみ下さい。

 

広い方とは言えないセダホテルのロビーですが、良いポイントは周辺のホテルと比べるとシックで高級感を感じる装いです。清潔感も高く大人な雰囲気が漂います。朝食やコーヒーを飲んで一呼吸入れるには十分な環境で、ホテル自体の立地も良く使いやすいホテルです。欧米からのビジネスマンも少なからず利用されているため、国際色豊かな環境で海外旅行の雰囲気もより一層楽しめそうです。

 

シックな佇まいは客室にも見られるセダホテル。グレーの統一感が印象的です。ベッドの質やアメニティの充実はビジネスマンにも観光客の方々にもご満足頂けるフルセット。海外旅行では持ち物を少しでも少なくしたいものなので、特にアメニティがしっかりしているホテルは満足度も高いといえます。マニラでの短い滞在を有意義に、かつ快適に過ごしていただくために、ポイントを押さえた客室を持つホテルを選択されることをおすすめします。

 

F1ホテル F1 HOTEL

新興地区BGCのランドマークに滞在しよう。
フィリピンの首都メトロ・マニラで今最も注目の地域であるBGC。多国籍企業や外資企業が集まるビジネスの側面と、ハイストリートやSM Auraなどの高級ショッピングエリアが混在する場所で目立つF1ホテルは、地域のランドマークの1つとなっています。

高級ホテルのビルを買い取ってリニューアルオープンしたF1 ホテルは、5階がロビーというタワー型の滞在施設です。1階には日系の美容院も入っており、日本人も多く宿泊しています。価格に対して客室が非常に大きいのがこのホテルのオススメポイントで、ビジネスでも観光でも、ゆったり滞在できるホテルを確保できるのは嬉しいものですね。ブッフェスタイルの朝食会場、スパ、プール、バーラウンジなど滞在に必要な施設は基本的に全て揃っており、快適な環境を作り上げています。周辺には注目のショッピングストリート「ハイストリート」、フィリピンで有名なSM系列の高級ショッピングモール「SM Aura」があり、それぞれのスポットには沢山のレストランもあるため食事とショッピングには申し分のない立地です。更にこのエリアはマニラの中でも最も治安がよく、ジョギングや犬の散歩を楽しむフィリピンの方々を多く見かけます。東南アジアの混沌としたイメージを一変させるような発展した地域で、新しいマニラの楽しみ方が見つかります。

 

5階に位置しているF1ホテルのロビーは、新興地区のBGCの発展を見渡すことができる扇型の窓が設置されています。世界各国の企業がオフィスを構えるマニラでも注目のエリアで、洗練されたスタイリッシュなご滞在をお楽しみ下さい。

 

センスのある大人の色合いが嬉しい客室も、BGCの雰囲気を感じさせてくれます。このエリアにはビジネス目的と観光目的での滞在の方々が分かれており、どちらのケースでもしっかり対応できるホテルが人気。F1 ホテルはややビジネスマン向きであるためサービスもしっかりしており、結果的に観光目的の方も快適にご滞在頂ける環境が整っています。

 

いかがだったでしょうか。
マニラのイメージをも覆すほどのインパクトを持つBGC。是非一度BGCに宿泊しそのインパクトを実感してください。

 

(SHIN)