フィリピン最北端の楽園バタネス諸島 (Batanes) 8 バタネスでは何を食べるのか

114

フィリピンの最小および最北端の州:バタネス旅行ガイド

フィリピンのバタネスには、山、海、なだらかな丘、食べ物など、さまざまなタイプの旅行者のためのあらゆるものが少しあります。
しかし何よりも、バタネスはユニークなタイプのやすらぎを提供します。

それは、平和と静けさ、そして基本に立ち返るライフスタイル。

風の故郷と呼ばれるバタネスは、フィリピンで最も小さい州で、総面積はわずか230キロメートルです。
バタネスの魅力の一つは、混雑している近隣の州からのその距離にあります。

フィリピンの最北端の州として、その距離、大きさ、そして人口が少ないことは、その場所の手付かずの美しさとその人々の平和なライフスタイルを維持するのには重要なことです。
バタネスへの旅行は、都会の喧騒から逃れるための最たる目的の一つです。

旅行者は、バタネスのさわやかな寒さと平和な雰囲気は、島の生活の異なる味を味わえるでしょう。
よりシンプルで、よりのんびりとした、より静かな、しかし間違いなく活力を与えるもの。

熱帯の島々で知られる国にとって、バタネスの岩石層、趣のある灯台、広大な牧草地を自由に歩き回る野生の馬は、多くの人々にとって本当に独特な目的地となっています。

バタネス諸島とは

バタネス州(Province of Batanes)は、フィリピン北部カガヤン・バレー地方(Cagayan Valley, Region II)に属するフィリピン最北の州でです。
州都は地方自治体の1つバスコ(Basco)で、州内には都市はありません。州の面積は209.3km2、人口は17,246人(2015年)で共に国内で最小となっています。

ルソン島の北部より約250km、ルソン海峡に浮かぶバタン諸島。約190km北には台湾があります。
イバタン人と呼ばれる漁業で生活をする民族が住んでいるが、他のフィリピンの民族より言語・習慣など様々な面で台湾の原住民にはるかに近い人々となっています。

バタネスでは何を食べるのか

バタネスの素晴らしい景色だけでなく、バタネスの郷土料理にもきっと満足するでしょう。
バタネスのユニークな料理と旅行中に必見の料理を見つけるために確認してください。

郷土料理

イロコス、ビコル、セブ、イロイロなど、独特の郷土料理を提供するフィリピンの他の目的地とは異なり、バタネスはグルメとしての目的地としては有名ではありません。
それでも、ここには多くの郷土料理があり、その大部分はシーフードで驚くべき美味しさの発見となるでしょう。

バタネスには、プラスチック廃棄物を制限する独自のルールがあります。
ブヌンやパンノキの木の葉に包まれた伝統的な料理を提供していて、この体験は必須です。

この慣習は、マレーシア、シンガポール、インドネシアなどの近隣諸国でも見られます。
バタネスには、ブヌンの葉を紙皿として使うレストランや飲食店がたくさんあります。

おすすめの食べ物

バタネスには数軒のレストランしかありませんが、それでも、特に州内の特徴的な料理には困ることはないでしょう。
バタネスのレストランやホームステイ先の定番である必見の料理をいくつかご紹介します。

ウブド / Uvud

この料理は、すりおろしたバナナまたはバナナの茎にひき肉とみじん切りの魚を混ぜ合わせて作られています。
通常はミートボールの形で提供されますが、一部のレストランや飲食店では、ウブドを葉で包んで蒸します。

ウブドには肉を使わないベジタリアンバージョンもありますが、どちらにもソースが添えられています。

ブネス / Vunes

ライン(Laing)

バタネスには、ブネと呼ばれるビコルの有名なライン(Laing)のバタネス独自のバージョンがあります。

保存されたガビ(Taro/里芋)の葉と茎をクリーム、ニンニク、豚肉、パトラ(Patola/ヘチマ)で調理したものです。
これらは通常、バタネスのホームステイや地元のレストランでご飯と一緒に出されます。

ルニス(ルニズ) / Luñis or Luniz

バタネスはまた、ルニスと呼ばれるフィリピン料理アドボに載せる独特の古典的なスピンがあります。
通常のしっとりしたアドボとは異なって見えます。ルニスは豚肉と岩塩で作られ、豚肉の脂肪が黄金色になるまでゆっくりとゆっくりと調理されます。
彼らは醤油を加えないので、ルニスは薄くて乾燥しています。
またルニスは酢に浸してご飯と組み合わせるのが一番です。

マヒマヒ / Mahi-mahi

ディウラ漁村では、島の主食のひとつである干しマヒマヒをぜひ試してください。
マヒマヒ(ドラド/Dorado 日本名シイラ)は、緑と青が混ざったような金色の見た目をしています。
マヒマヒは保存のために天日干しされています。

アラユ(Arayu)と呼ばれる種の魚の収穫は、ディウラの漁村で古くから行われているカパイバヌバヌア(Kapayvanuvanua)の儀式の一部です。
イバタン人は豊作を願い毎年この儀式を続けています。

ディバン / Dibang

この魚を捕まえようとすると水面を「飛ぶ」ため、フライングフィッシュとも呼ばれます。
このバタネスの珍味は試してみる価値があります。

現地の調理方法のキラウィンスタイル(kilawin-style)で、または乾燥させて塩漬けにして食べることができます。
キラウィンは、ラテンアメリカ料理のセビチェに似ているため、フィリピンセビチェとも呼ばれます。
乾燥させたものは持ち帰り用やお土産にも最適です。

パイ / Payi

通常ロブスターは高価なものですが、バタネスではそうとは限りません。
地元の人からはパイと呼ばれ、マニラの何分の1かの価格で巨大なロブスター料理を楽しむことができます。
ここでは毎日ロブスターを食べることができ、他の地域ほど大きな負担にもなりません。

高級なバタネスのリゾートホテルのいくつかは、メニューに蒸したロブスターを用意しています。
バタネスで試してみるべき他のシーフードは、カナニス(Kanañis/タコ)、ユニ(Uni/ウニ)、デュメイ(Dumay/巻貝)で、州内のレストランやホテルでも提供されています。

 

風光明媚なバタネスには、自然を感じる緑豊かなところがたくさんあります。
今回はバタネス諸島での食事についてご紹介しました。

自然の魅力がたくさん詰まったバタネス諸島で是非楽しんでください。

Image source : Breathtaking BATANES FB@Batanes / Provincial Government of Batanes FB@BatanesProvinceehttps://commons.wikimedia.org
Referenced article “https://guidetothephilippines.ph/