フィリピン最北端の楽園バタネス諸島 (Batanes) 6 イトバヤット島の見どころ

78

フィリピンの最小および最北端の州:バタネス旅行ガイド

フィリピンのバタネスには、山、海、なだらかな丘、食べ物など、さまざまなタイプの旅行者のためのあらゆるものが少しあります。
しかし何よりも、バタネスはユニークなタイプのやすらぎを提供します。

それは、平和と静けさ、そして基本に立ち返るライフスタイル。

風の故郷と呼ばれるバタネスは、フィリピンで最も小さい州で、総面積はわずか230キロメートルです。
バタネスの魅力の一つは、混雑している近隣の州からのその距離にあります。

フィリピンの最北端の州として、その距離、大きさ、そして人口が少ないことは、その場所の手付かずの美しさとその人々の平和なライフスタイルを維持するのには重要なことです。
バタネスへの旅行は、都会の喧騒から逃れるための最たる目的の一つです。

旅行者は、バタネスのさわやかな寒さと平和な雰囲気は、島の生活の異なる味を味わえるでしょう。
よりシンプルで、よりのんびりとした、より静かな、しかし間違いなく活力を与えるもの。

熱帯の島々で知られる国にとって、バタネスの岩石層、趣のある灯台、広大な牧草地を自由に歩き回る野生の馬は、多くの人々にとって本当に独特な目的地となっています。

バタネス諸島とは


バタネス州(Province of Batanes)は、フィリピン北部カガヤン・バレー地方(Cagayan Valley, Region II)に属するフィリピン最北の州でです。
州都は地方自治体の1つバスコ(Basco)で、州内には都市はありません。州の面積は209.3km2、人口は17,246人(2015年)で共に国内で最小となっています。

ルソン島の北部より約250km、ルソン海峡に浮かぶバタン諸島。約190km北には台湾があります。
イバタン人と呼ばれる漁業で生活をする民族が住んでいるが、他のフィリピンの民族より言語・習慣など様々な面で台湾の原住民にはるかに近い人々となっています。

バタネスで何を見て何をすべきか


バタネスへ行くのチケットは比較的高価で、運航される月が限られているため、この美しい島へ行く際には滞在を最大限に活用することが重要です。
バタネスにいるときに見逃してはならない観光スポットのいくつかを次にご紹介します。

イトバヤット島へ自然体験旅行に行く

あなたが旅程に加えることができるイトバヤットのこれらの観光スポットをチェックしてください。

イトバヤットへのボートの運航は限られており、天気が良く、水が穏やかな時のみ、バスコ港から行くことができます。
バスコ港から移動時間は約2.5〜3.5時間です。

ゆっくり滞在するために、イトバヤットに1泊し翌日バスコに戻ることもできます。

イトバヤット教会 / Itbayat Church (The Santa Maria de Mayan Parish Church)

サンタマリアデマヤン教会は、通称イトバヤット教会として知られ、フィリピンのバタネスのイトバヤットにある歴史的な教会です。
教会を記念するために、現在はフィリピン国家歴史委員会である国立歴史研究所によって歴史的建造物とされています。

イトバヤット教会の元の構造は木でできていました。
元の木造教会は1853年から1858年にかけて建てられ、無原罪の御宿りの庇護の下に置かれました。

現在の教会は、1872年にマヌエルブラスコ神父の時代にドミニコ会によって建設が開始されました。
1888年に完成し、教会はブラスコ神父により祝福を受けています。

カロボバン山 / Mt. Karoboban

イトバヤットの最も標高の高いカロボバン山に行くと、バタネスの北にある4つの無人島の美しさを堪能できます。
ビューデッキは、イトバヤットの人々の定住地としての基盤の1つとなりました。

トロンガン洞窟とトロンガンヒルズ / Torongan Cave and Torongan Hills

イトバヤットにある巨大なトロンガン洞窟は、オーストロネシア人が紀元前4000年に最初に上陸した場所であると言われています。
洞窟にたどり着くには、最初にうっそうとした森を通って45分から1時間ほどハイキングします。

トロンガン洞窟を探索した後、ボートの形をした墓標が見えるトロンガンヒルズの頂上までハイキングします。
これは、洞窟の初期の入植者の埋葬地であったと考えられています。

ラパンの断崖 / Rapang Cliffs

綺麗な景色が見える地点への登頂に挑戦したい場合は、ラパンの断崖へ往復で5〜7時間をかけてトレッキングが必要です。
この自然公園は、盆栽のようなアリウスの木で飾られた崖と岩だらけの丘がある美しい場所です。

島の最高地点からの息を呑むような景色を楽しむことができます。

スモールラグーン / Small Lagoon

パガナマン港の崖のふもとに位置し、イトバヤットのスイミングホールで地元の人々とさわやかなひと泳ぎをすることができます。
スモールラグーンには、ツアーで一日中遊んだ後、リラックスして泳ぐのに最適ないくつかの浅い自然のスイミングプールがあります。

イラヤ山やマタレム山をハイキングする / Hike Mt. Iraya or Mt. Matarem

もっと体を動かしたいのならば、山でハイキングすることもできます。

活火山であるバタン島のイラヤ山は、バタネスで最も高い場所であり、自然愛好家や経験豊富なハイカーに人気です。

イラヤ山はペースにもよりますが、半日から一日のハイキングが必要です。
初心者の方は、代わりにバタンにあるマタレム山をハイキングすることもできます。
マタレム山はバタネスで2番目に高い山で、半日で登ることができ、素晴らしい景色も楽しめます。

 

風光明媚なバタネスには、自然を感じる緑豊かなところがたくさんあります。
今回はイトバヤット島をご紹介しました。
次回はバタネス諸島への旅のヒントと実用的な情報をご紹介します。

Image source : Breathtaking BATANES FB@Batanes / Provincial Government of Batanes FB@BatanesProvinceehttps://commons.wikimedia.org
Referenced article “https://guidetothephilippines.ph/