フィリピン最北端の楽園バタネス諸島 (Batanes) 4 バタン島南部の見どころ

107

フィリピンの最小および最北端の州:バタネス旅行ガイド

フィリピンのバタネスには、山、海、なだらかな丘、食べ物など、さまざまなタイプの旅行者のためのあらゆるものが少しあります。
しかし何よりも、バタネスはユニークなタイプのやすらぎを提供します。

それは、平和と静けさ、そして基本に立ち返るライフスタイル。

風の故郷と呼ばれるバタネスは、フィリピンで最も小さい州で、総面積はわずか230キロメートルです。
バタネスの魅力の一つは、混雑している近隣の州からのその距離にあります。

フィリピンの最北端の州として、その距離、大きさ、そして人口が少ないことは、その場所の手付かずの美しさとその人々の平和なライフスタイルを維持するのには重要なことです。
バタネスへの旅行は、都会の喧騒から逃れるための最たる目的の一つです。

旅行者は、バタネスのさわやかな寒さと平和な雰囲気は、島の生活の異なる味を味わえるでしょう。
よりシンプルで、よりのんびりとした、より静かな、しかし間違いなく活力を与えるもの。

熱帯の島々で知られる国にとって、バタネスの岩石層、趣のある灯台、広大な牧草地を自由に歩き回る野生の馬は、多くの人々にとって本当に独特な目的地となっています。

バタネス諸島とは

バタネス州(Province of Batanes)は、フィリピン北部カガヤン・バレー地方(Cagayan Valley, Region II)に属するフィリピン最北の州でです。
州都は地方自治体の1つバスコ(Basco)で、州内には都市はありません。州の面積は209.3km2、人口は17,246人(2015年)で共に国内で最小となっています。

ルソン島の北部より約250km、ルソン海峡に浮かぶバタン諸島。約190km北には台湾があります。
イバタン人と呼ばれる漁業で生活をする民族が住んでいるが、他のフィリピンの民族より言語・習慣など様々な面で台湾の原住民にはるかに近い人々となっています。

バタネスで何を見て何をすべきか


バタネスへ行くのチケットは比較的高価で、運航される月が限られているため、この美しい島へ行く際には滞在を最大限に活用することが重要です。
バタネスにいるときに見逃してはならない観光スポットのいくつかを次にご紹介します。

バタン島南部

バタン島南部への観光は約1日かかるため、旅行を最大限に活用できるように、早朝に開始することをお勧めします。
次の観光スポットをご紹介します。

マルボロカントリー(ラクアパヤマン) / Marlboro Country or Rakuh a Payaman

マルボロカントリーはバタネスで最も写真に撮られている観光スポットでしょう。

マハタオ(Mahatao)に位置するこの広大な牧草地には、野生の馬、水牛、放牧牛がいる、のんびりとした空気と陸と海と空が合わさった絵に描かれたように美しく息を呑むような景色を楽しめる場所です。

また、タイド灯台とディウラビーチの海岸線に押し寄せる波を見るのに最適な場所です。
すべての散歩から一息つく場所を探しているならここが最適です。
観光に最適な見晴らしの良い場所につながる狭い歩道があります。

タイド灯台 / Tayid Lighthouse

タイド灯台はマハタオの中でバタン島のマルボロカントリーにあり、バスコ灯台と同じくらい古くからあります。
近くにある1700年代に建てられた更に古い灯台は現在は機能していません。

また、白い塗装のボディと赤いランタンルームがありますが、タイド灯台は、丸い柱があるバスコの灯台とは異なり、六角形の形をしています。
太平洋に面しているタイド灯台は観光客にはアクセスが難しく、ディウラ漁村(Diura Fishing Village)とラクアパヤマン(マルボロカントリー)から眺めることができます。

ダカイの家 / House of Dakay

バタネスは、美しい灯台などとは別に、イバタン人の自然災害への備えとその強さの象徴である石造りの家でも有名になりました。
1990年代初頭に島が強い地震に見舞われ、バタン島のダカイの家はバタネスで5つしか現存しない石造りの家の1つです。

また、バタン島のダカイは1887年にルイサ エストレラによって建てられた最古のものでもあります。
この家の名前は、ルイサの甥であるホセ ダカイ エストレラがこの石造りの家を贈ったことにちなんで名付けられました。

ホモロンブルーラグーン / Homoron Blue Lagoon

バタン島のマハタオにあるホモロンブルーラグーンは、スペイン植民地時代スペイン人だけがここで泳ぐことを許可されていたため、スパニッシュラグーンと呼ばれていました。

もちろん、今では、好きなときにいつでも誰でもこのラグーンを楽しむことができます。

ここから、波が穏やかな浅瀬で泳ぎたい場合は、近くのホワイトビーチまで歩いて行くことができます。
ホワイトビーチは、ピクニックに人気のスポットでもあります。

ディウラフィッシングビレッジ / Diura Fishing Village

マハタオにいる間、ディウラフィッシングビレッジを訪れ、地元のアクティビティに浸りましょう。

特に3月と4月には、古くからのカパイバヌバヌの儀式(Ritual of kapayvanuvanu)が行われます。
この儀式は、地元の漁師が次の釣りシーズンが豊漁になるように祈念するものです。

サンホセデイバナ教会 / San Jose de Ivana Church

この教会の設立は1775年にまでさかのぼります。

元の教会の遺跡は今でも新しい教会の裏側にあります。
フィリピン国家歴史委員会は、サンホセデイバナ教会を国定歴史建造物と宣言しました。
その歴史以上にこの教会はフィリピンとスペインの職人技の美しく融合した例です。

オネストリーコーヒーショップ / Honesty Coffee Shop

サンホセデイバナ教会の近くには、有名なオネストリーコーヒーショップがあります。
コーヒーやお土産では有名ではありません。
それはその正直なシステムのために有名です。まるでサリサリストア(フィリピンの個人商店)のようですが、カフェは無人です。

インスタントコーヒー、地元のパンやペストリー、お土産のシャツ、キャンディー、クラッカー、カップヌードルなど、旅行者が必要または望んでいる可能性のあるあらゆる種類のアイテムを安価に販売しています。彼らはあなたのインスタントコーヒーとカップ麺のために温かいお湯で満たされた魔法瓶を用意しています。

お客は欲しいものを手に入れ、アイテムの代金を払い、お客自身が後片付けをし、そして良い気分で店を去ることができます。
退職者のホセとエレナ・ガビロは1995年に初めてオネストリーコーヒーショップをオープンしました。
今のところ、このシステムは地元の人々と観光客の両方が利用します。お店は午前6時から午後6時まで営業しています。

 

風光明媚なバタネスには、自然を感じる緑豊かなところがたくさんあります。
今回はバタネス島の南部をご紹介しました。
次回はバタネス諸島にある別の島サブタン島をご紹介します。

Image source : Breathtaking BATANES FB@Batanes / Provincial Government of Batanes FB@BatanesProvinceehttps://commons.wikimedia.org
Referenced article “https://guidetothephilippines.ph/