セブ島北部にある離島「バンタヤン島」で見ることができる最高の海とは?!

170

7000個以上の島から成るフィリピン。

今回はその中でもリゾート観光地セブ島の北部にある離島「バンタヤン島」についてご紹介していきたいと思います。

バンタヤン島とは?

バンタヤン島は、フィリピンのセブ島からバスなどで北西に5時間行った場所にあり、大きさは宮古島よりも少し小さめの人口約13万人の島です。

日本人の観光客は少なく、欧米人が多い印象です。
青い海と白い砂浜、そして自然が未だに多く残るのどかなネイチャーランドです。

バンタヤン島のビーチは1つだけではなく、シュガービーチやバドヨンビーチなど様々なビーチがあることが特徴です。それぞれのビーチはまさに南国と思わせる美しさが特徴です。

一味違ったセブ島旅行をしたい方にお勧めの島です!

バンタヤン島のビーチと言えばここ!

アニカ(ANIKA)ビーチリゾート

アニカビーチリゾートはサンタフェ港から徒歩圏内にあるリゾートで、市内からも1.0 Kmほどの距離に位置しており、市内アトラクションやアクティビティへのアクセスも抜群です。

主要観光地へのアクセスも良く、滞在拠点として抜群の立地です。
ホワイトビーチが広がっていて、完全プライベートビーチなので、利用客が多い時期でもそこまで混み合うことがなく、キレイなビーチで静かに過ごしたい方にはおすすめです。

宿泊施設も清潔感があり、宿泊場所として使用することもできます。

パラダイス(Paradise)ビーチ

パラダイスビーチは中心部からは若干離れている場所にあります。

バイクタクシーで15分ほどの距離です。道路からビーチへは茂みの中を10分ほど歩きます。このビーチはパブリックビーチで誰でも50ペソの使用料を払うと利用することができます。

バンタイヤン島に行ったら皆さん必ず訪れるという超人気ビーチです。

Yooneek(ヨーネーク)ビーチ

カップルでロマンティックなひと時を過ごしたい方におすすめなのが、ヨーネークビーチです。

周辺施設はきれいに整備されているので日本人のようなキレイ好きな旅行客には非常に人気があるリゾートです。

干潮時には浅瀬からビーチが現れ、セブ島にはなかなかない珍しいビーチです。

ノースビル(NORTH VILLE)ビーチリゾート&レストラン

ノースビルビーチリゾートは南国をイメージさせる高床のコテージが特徴的な穴場リゾートの一つです。

ビーチではヤシの木の影の下でゆっくりと時間を贅沢に使ったり、海で思いっきりはしゃいだりと南国気分を思う存分味わうことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はセブ島北部にある綺麗なビーチが有名な離島「バンタヤン島」をご紹介しました。

ちょっと変わった旅をしたい方やもっとセブ島を知りたい方などにおすすめの島なので、是非行ってみてはいかがでしょうか。