【絶品ローカルフード】コルドバ地区限定のバカシティノーラスープとは?

81
bty
皆さんはフィリピン料理が好きですか?

フィリピン料理で代表的な料理の一つに「ティノーラスープ」というものがあります。今回はコルドバ地区限定で提供されている「バカシティノーラスープ」をご紹介したいと思います。

フィリピン料理は少し味が濃いのが特徴ですが、「フィリピン料理は以外においしかった」という意見はよく耳にします。私はというと毎日はさすがに辛いですが、基本的に普段からフィリピン料理を食べているほど口に合います。特に、観光客はほとんど利用しない露店で食べられるローカルフードが好きです。

そんなフィリピンのローカルフードで有名なのが「ティノーラスープ」です。
ティノーラスープは基本的に鶏肉を煮込み、独自の味付けを施した料理で、フィリピンを代表する料理です。
日本でも同じように、地域によって入れる食材や味付けに少し違いがあるようで、マクタン島のとなりに位置するコルドバ地区のティノーラスープは鶏肉の代わりに「バカシ(BAKASHI)」と呼ばれる魚を使います。バカシはうなぎの仲間ですが、コルドバ地区でとれるバカシはドジョウほどの小さなサイズのものがほとんどです。
コルドバ地区ではバカシが多く住み着く地域で、いろいろな食材の代わりにバカシを使うようです。

ここのお店では2種類のバカシ料理を提供していました。
一つは、ティノーラスープで、もう一つはバカシの丸焼きです。
どちらにしても、はじめにしっかりとぬめりを落として下味をつけるために調味料が入ったバケツに浸します。
肝心なティノーラスープとの相性は抜群でした!思わずおかわりをしたほどです。。。

コルドバ地区の露店では一般的のようですので、フィリピン料理好きの方や興味がある方はぜひトライしてみてください。
ちなみにバカシは主に精力アップに効果的な食材のようです!

(REON)

前の記事最高級スパに宿泊?CHI SPA内の宿泊施設「マヌムバリックヴィラ」に潜入!
次の記事激安!ラプラプ市場の近くのデパートを紹介!
学生時代に語学留学のためにセブ島を初めて訪れ、その後、バックパッカーとして世界各国を訪れた際に、発展途上国の活気と成長性に魅了され、将来は発展途上国で働くことを決意。大学卒業後はビジネスの基礎を築くために、一度日本のコンサルティング会社に入社。2016年に退社し、現在はセブ島の現地旅行会社でツアーコーディネーターとしてセブ島の魅力を広げる活動に従事。 バイク、車、カジノ、アウトレジャーなど基本的に男の子が好む遊びが大好きです!週末はバイクでセブ島内をツーリングするなど、仕事・プライベートと充実した日々を送っています!生きる上でのモチベーションは毎年セブ島で開催されるトライアスロンの大会(アイアンマン)に参加することで、毎日トレーニング中です。朝・晩、マクタン島内で走っているフィリピン人風の日本人を見かけた際はぜひ話しかけてください。笑