夏の離宮・松の街 バギオの観光ガイド3

120

夏の離宮・松の街 バギオの観光スポット City of Pines / the Summer Capital of the Philippines

バギオは、ルソン島北部の山岳地帯コルディリェラ行政区にある高度に都市化されたフィリピンの都市です。
1900年にカファグウェイ(Kafagway)と呼ばれたイバロイ村が、アメリカによって避暑地として開発されました。それはアジアの中で米国の唯一の避暑地でした。

フィリピンの夏の離宮として知られているのは、平均海抜約1,470メートルに位置し平均気温は15〜23°Cで、乾季には猛暑に見舞われるマニラ首都圏やその他の低地の首都や大都市に比べ、バギオの天気が比較的涼しく避暑地として最適だからです。

一年で最も暖かい時期でも26°Cを超えることはめったになく、その気候はまた、植物、蘭、松の木など様々な植物の成長を助長し「松の街」とも言われています。
バギオに近くなると、すべての美しい花と緑豊かな植物からのもてなしを楽しめます。まるで別の世界に入っているかのように感じるでしょう。

今回は「夏の離宮」「松の街」バギオをご紹介していきます。

バギオ市とは

この地域は、先住民族の人々から「カファグウェイ/Kafagway」と呼ばれていました。

「バギオ」という名前はアメリカの時代に由来し、当時「バギオ」としてヒスパニック化されたイバロイ語のバギオ(苔)に由来しています。
街の原住民の呼称「イバギウ/Ibagiw」も「バギウ/bagiw」に由来します。 毎年恒例の市の芸術祭の名前にもなっています。

バギオは海抜約1,400メートルに位置し、ルソン島北部の山脈に囲まれています。
ベンゲット州に囲まれていおり、57.5平方キロメートルの小さな領域です。開発された都市部分のほとんどは、北部の丘陵地帯に建てられています。
ダニエル・バーハムがバギオ市の開発計画を立てたとき、市庁舎をバギオ市の境界が東から西に8.2キロメートル、北から南に7.2キロメートルとしました。

バギオで行くべきところ/見るべきもの

涼しい気候で避暑地と過ごすことに加えて、バギオには、豊富な植物や美しい公園、ユニークな食べ物や記念品など、見るものがたくさんあります。
これらの代表的な場所でいうと、バーハムパーク、キャンプジョンヘイ、バギオ大聖堂などです。

自然と一体となって自転車やボートに乗ったり、バギオのさまざまなエリアで心ゆくまで買い物をしたりすることもできます。
さらに、いちご農園に行って新鮮な果物を摘んだり、いちごタホを味わったりすることもできます。
ルソン島北部に位置するこのマウンテンリゾートシティは、バスや車で簡単に行くことができます。

7.タムワンビレッジを発見する


この地域の先住民の芸術形態についてもっと知りたい場合は、コルディレラヘリテージツアーに参加して、タムワンビレッジから始めてください。

1998年にチャヌム財団(Chanum Foundation)によって建てられたタムワンビレッジは、イフガオの原住民の村をモデルにしており、他の地域を垣間見ることができます。
地元の方言でタムワンという言葉は「見晴らしの良い場所」を意味します。タムワンビレッジは南シナ海のパノラマの景色を望む丘の中腹にあるので、適切な名前です。

見事な景色と豊かな緑で、タムワンビレッジの周りに点在するいくつかのコルディリェラ小屋を探索するのをきっと楽しめるでしょう。
村のいくつかの展望台へハイキングすることもできます。
タムワンビレッジのアートギャラリーもあります。村では、地元のアーティストと訪問アーティストの両方による定期的な展示会や文化ショーも開催しています。
より没入感のある体験をするには、タムワンビレッジツアーに参加して、描画、油絵、水彩、木彫りのワークショップに登録してください。

1日以上滞在したい人のために、村には本格的なコルディレラ料理を味わうことができるカフェや宿泊用の小屋もあります。

8.バギオナイトマーケットで掘り出し物を探す


バギオは有名なバーゲンショッピングのホットスポットです。価格交渉を試してみたいなら、バギオナイトマーケットに勝る場所はありません。
この掘り出し物を探す天国は、すべての倹約家のファッショニスタの楽しみです。

午後9時から午前2時まで、バーハムパークの北東にあるハリソンロードの一部がフリーマーケットに変わります。
ここでは、ウカイウカイ(ukay-ukay)の屋台の列のおかげで、お財布にやさしいカジュアルな装いを見つけることができます。

Ukay-ukayは、他の国から出荷された余剰品や、洋服、バッグ、靴などの古着をお買い得価格で販売することを表すフィリピン語です。
バギオナイトマーケットはウカイウカイで溢れています。高品質の中古ジャケット、ブーツ、洋服、アクセサリーを元の価格の何分の1かで購入することができます。

また、運が良ければ、または目利きのある人には、ヴィンテージものを発見、または新品同様のアイテムを獲得できます。

買い物が終わったら、スイートコーンやヌードルスープなどの屋台でストリートフードの食べ物を楽しみましょう。

9.ライトパークで乗馬を楽しみましょう

ライトパーク(Wright Park)は、バギオの風光明媚な場所の1つです。

花が咲く静かな遊歩道、松の木が並ぶプール、乗馬サークルへと続く長い階段です。
ライトパークはバーナムパークよりもかなり小さいですが、混雑が少なく、より平和です。バギオの東部に位置し、ザ・マンション(大統領の夏の宮殿)の正門に面しています。

ライトパークの長い長方形の池は「松のプール」と呼ばれ、湖の長さの両側に松の木が生えています。
座ってリラックスしたり、揺れる松の音を聞いたりできるパークサークルやパビリオンもあります。
ライトパークは開放的な緑地ですので、気軽に散策してその自然の美しさを満喫してください。

ライトパークは馬を愛し、馬に乗る方法を学びたい人にとって完璧な場所です。
これは、バギオの日帰り旅行によく含まれる観光スポットへの素晴らしい追加です。ライトパークの遠端にある長い階段をたどって、乗馬ができるライディングサークルに到着します。

子供用のフレンドリーなポニーもいます。

すべての馬には経験豊富なハンドラーがいて、常にライダーをガイドして見守っています。
特に初めての場合は、ハンドラーが馬を導きながら、あなたを乗せた馬と一緒に歩きます。

Image source : https://commons.wikimedia.org/