SHIN

SHIN

フィリピンに住み始めてバギオ、セブ、そして現在はマニラに住んでいます。 世界各国、特に東南アジア諸国を訪れ感じ、フィリピンの人々の人間性が気に入りフィリピン在住となっています。 魅力的なフィリピンの良さを多くの人に知ってもらいたい。 マニラやセブでの日常的なローカル情報から、フィリピン最後の秘境と言われるパラワン島エルニドや世界一のビーチに選ばれたこともあるボラカイ島をはじめ、ミンドロ島、ブスアンガ島など、またバギオやミンダナオ島ダバオなど様々なフィリピン情報に精通しています。

フォロー

0 人にフォローされています

アジア最古の鉄骨造の美しいサンセバスチャン教会がマニラにあるのを知っていますか?

アジア最古の鉄骨造の美しいサンセバスチャン教会がマニラにあるのを知っていますか?

マニラにはいくつもの教会が存在します。この教会はカトリック系の教会。 薄い緑に近い外観が美しいこの教会は、1891年建立されました。それは当時では珍しい鉄骨造。アジアでも最古の鉄骨造の教会として有名です。 その教会を見に行きました。
SHIN | 8 view
イスラム教徒の聖地。マニラのゴールデンモスクに行ってみた。

イスラム教徒の聖地。マニラのゴールデンモスクに行ってみた。

今では、世界でも有数の敬虔なキリスト教徒が多いと言われているフィリピン。 しかし、1521年にスペインに統治される前は、イスラム教徒が多くを占めていました。 スペインの統治後は、半ば強制的にキリスト教に改宗させられ、それがフィリピンのキリスト教の始まりであるのです。 その後は、世代の交代も続き、敬虔なキリスト教徒の国と言われるまでになったフィリピンですが、実は今でも多くのイスラム教徒が生活しています。
SHIN | 34 view
世界が認めた世界最高の島!ボラカイの魅力 - Boracay White Beach -

世界が認めた世界最高の島!ボラカイの魅力 - Boracay White Beach -

みなさん。 フィリピンに世界最高と選出された島があることをご存知ですか。 その島はボラカイ島。 フィリピンの中心あたりに位置し、ビサヤ諸島の西端あたりにある全長7.5km、幅は狭いところで2kmという小さな島。 何と言ってもボラカイ島の魅力は「ホワイトビーチ」。 そのホワイトビーチは全長4kmに渡り、美しい姿で世界の人々を魅了しています。 そのホワイトビーチを中心に、1990年にはトロピカル・ビーチ・ハンドブックで「世界最高のビーチの一つ」2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベルレジャー』でも、世界最高の島とされています。 この他幾度となく、様々なメディアにも取り上げられているほどの美しい島。 しかし、近年の急激な観光客の増加や、処理施設の未整備等によりボラカイ島周辺の海の汚染が深刻な状態となり、フィリピンのドゥテルテ政権は、2018年4月26日島全体の閉鎖されました。
SHIN | 54 view
毎年200万人以上が集まるブラックナザレ祭で有名なキアポ教会。

毎年200万人以上が集まるブラックナザレ祭で有名なキアポ教会。

マニラでは毎年1月9日にブラックナザレ祭が開催されます。 これは、400年以上もの間続けられている一大イベントで、敬虔なキリスト教徒が全国から集まります。 お祭りの内容は、普段キアポ教会にまつられている黒い十字架を背負ったキリスト像が、年に一度教会の外に持ち出され、台車にせて街中を練り歩くというものです。 当日は多くの人がブラックナザレと同じ衣装の黄色の服を着て、病を治すという奇跡を求めてブラックナザレに触れようとする人たちでごった返します。その参加者の数は毎年200万人とも300万人ともいわれています。
SHIN | 84 view
ローカルマニラの楽しみ方。デートスポット、家族連れ、マニラっ子の憩いの場、マニラ動物園!

ローカルマニラの楽しみ方。デートスポット、家族連れ、マニラっ子の憩いの場、マニラ動物園!

ローカルマニラの案内ととして、 メトロマニラ内のマラテにあるマニラ動物園(Manila Zoo)をご案内します。 マラテといえば、多くの高級ホテルやレストランやバーなどが集まる観光客には有名な場所ではありますが、そのマラテの南にマニラ動物園があります。 ここは外国人はなかなか訪れることが少ない場所とは思いますが、その様子をご案内します。
SHIN | 49 view
マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラ駐在の日本人の方のご利用も多い釣りをご紹介します。 今回の釣りスポットはアニラオ。 アニラオと言えば、マニラから日帰りで行けるダイビングスポット。 しかもダイビングスポットとしてのアニラオは、マクロ派と呼ばれる小さめの熱帯魚や生き物、サンゴなどを目的とした撮影を好むダイバー達にはとても有名なところ。 特に欧米のマクロ派には有名なようです。 今回はそのスポットで釣りをしてみたいと思います。
SHIN | 67 view
マニラから3時間で行ける 海の楽園 プエルトガレラのホテル3選

マニラから3時間で行ける 海の楽園 プエルトガレラのホテル3選

いきなりですが、皆さん! マニラ近郊の海がとてもきれいなことを知っていますか。 マニラはフィリピンの首都のイメージが強いとは思いますが、 そこはさすが島国フィリピン。 少し足を運べば、手付かずの自然や綺麗な海と生き物の宝庫が待っているんです。 マニラから行くリゾートではボラカイ島やパラワン島が有名ですが、実はそれらだけではありません。 今回は、美しいダイビングスポットが多く欧米では有名になっているものの、まだまだ穴場的なプエルトガレラをご紹介します。 欧米やオーストラリア人経営が多いことから、それぞれのホテルの造りも’凝ったものが多く、リピーターを飽きさせません。 本場欧米のリゾート感を味わえるのもプエルトガレラの魅力の一つ。 そんな中から、独断で選んだ3つのホテルをご紹介します。
SHIN | 186 view
ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

私が数回過ごしたフィリピンのお正月のなかで、今回はローカルの友達の家に年越しを過ごすのにお呼ばれされて行ってきたので、その様子をご紹介します。 場所はメトロマニラ内のラスピニャス(Las pinas)。マニラベイエリア辺りから車で30分〜1時間程度のところにある都会からは少し離れた一般的な家庭が集まるエリア。 アラバン(Alabang)に近いエリアです。 特にお金持ちの住宅地って訳ではなく、本当に一般的な家庭の集まりです。 皆さまご存知のように、フィリピンでは年越しの際に大きな音を鳴らして邪気を払うという風習があり、それに伴い年越しには大きな花火が至る所で上がります。 またそれに飽き足らず各家庭や、特に若者などは自分たちで花火や爆竹を大量に買い込み、年越しにそれらを使い、大きな音を出して邪気を払い、新年を祝います。
SHIN | 89 view
スペイン統治時代の豊かな文化とフィリピンの歴史へタイムスリップ

スペイン統治時代の豊かな文化とフィリピンの歴史へタイムスリップ

ラス・カサスはフィリピンがスペインの植民地であった時代の豪華な歴史を持つベースとしての役割を果たしています。それは22棟にも及ぶ大邸宅で構成され、合計50棟の古き邸宅に起源時期の州や町の名前を付けられました。ラス・カサスは2017年にヒストリックホテルズ・ワールドワイドに加入しています。 2010年、Las Casasは正式にリゾートとしてオープンしました。ここでは、レジャーやレクリエーションの場所ともなっています。「カサス」に宿泊することもでき、宿泊のお客様は、本格的なフィリピン料理と各国料理を選べるレストランでおいしい料理をお楽しみいただけます。
SHIN | 63 view
よくある市内観光に飽きた人はココ!滝あり、大聖堂あり、現代ミュージアムもあるフィリピン アンティポロの見どころはココだ。

よくある市内観光に飽きた人はココ!滝あり、大聖堂あり、現代ミュージアムもあるフィリピン アンティポロの見どころはココだ。

今回はメトロマニラ内にあるリサール集のアンティポロをご紹介します。 アンティポロへは、メトロマニラ中心部から車でおよそ1時間から1時間30分程度でいくことができます。 そのアンティポロには、マニラ在住の人にとっても魅力的なものが多く存在しています。 そんな魅力的な街アンティポロの一部をご紹介します。
SHIN | 77 view
ローカル感を味わいたい人向けバクララン!なんでも安く揃うフィリピン庶民の台所第2弾!

ローカル感を味わいたい人向けバクララン!なんでも安く揃うフィリピン庶民の台所第2弾!

本日はマニラ在住の一般庶民の強い味方バクラランをご紹介します。 場所は、LRT-1 (Manila Light Rail Transit System - マニラ・ライトレール・トランシット)の始発駅であるバクララン駅(Baclaran station)から、ロハスブールバード(Roxas Boulevard)へ向かう道中に広がります。 土日になると、ロハス通りのサービスロードの一部が通行禁止となり、歩行者天国状態となります。そして、人でごった返します。
SHIN | 275 view
空港に早くついても大丈夫!マニラ空港ターミナル3のフードホールをご案内。

空港に早くついても大丈夫!マニラ空港ターミナル3のフードホールをご案内。

ニノイ・アキノ国際空港 (Ninoy Aquino International Airport、略称: NAIA ナイア)には、4つのターミナルがあります。しかもそれぞれのターミナルが独立して離れています。 それが、乗り継ぎが難しいと言われる所以となっています。 今回はその中でも、比較的新しく施設も充実しているターミナル3のフードコートをご紹介します。
SHIN | 231 view
世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。 こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。 ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
SHIN | 54 view
100万円の高級観賞熱帯魚アロワナも売っている フィリピン庶民の台所カルティママーケット Cartimar Shopping Center

100万円の高級観賞熱帯魚アロワナも売っている フィリピン庶民の台所カルティママーケット Cartimar Shopping Center

今回は、メトロマニラに住む日本人の強い味方、カルティママーケットのご紹介です。 こちらのマーケットは、そもそもマニラに住む現地の人に向けたマーケットです。 ウェットマーケット(Wet Market)とドライマーケット(Dry Market)に分かれており、ウェットマーケットには、その名の通り魚介類、牛肉や豚肉・鶏肉などの肉類などが売られています。 しかし、現在ウェットマーケットの現状は広いスペースの中に数店お肉屋さんが入っているだけで、閑散としています。 そして、ドライマーケットの方には、今でもびっしりとお店が並んでいます。
SHIN | 142 view
フィリピンに古くからあるフィリピン中華って何? 中華料理? フィリピン料理? ローカルには有名なClassic SAVORY

フィリピンに古くからあるフィリピン中華って何? 中華料理? フィリピン料理? ローカルには有名なClassic SAVORY

実はフィリピンには、中国と昔から深い関係があります。 紀元前から中国との交易の伝承や出土品もあるようで、その後スペイン統治時代以前にもフィリピンとの交易があったとの文献が中国にも多数残っているようです。 それだけ、古い中国との歴史の中で、中国語由来としたフィリピン言語の経済用語も多く残っているようです。 そうした中で、もちろん中華料理を由来としたフィリピン料理も多くあります。 そのレストランがフィリピン系中華料理。
SHIN | 123 view
83 件