ドゥテルテ大統領も訪れたお店で本場のシシグに挑戦!フィリピン料理のシシグのオリジナルはパンパンガ州だった!

373
これが本場のシシグ – Sisig – です。
豚の顔の肉(主にホホの肉)を細かく刻んだところに、玉ねぎなどを混ぜ込んだ料理。このシシグのオリジナルはパンパンガ州と言われており、その発祥の地でシシグを堪能してきましたので、そのリポートをします。

6a316354-944b-4bfd-870f-1fb8fc5676d2

今回訪れたお店はこちら Aling Lucing というお店。

看板の下の方には、SISIG QUEEN と書かれています。

52693912-9091-4800-93a2-cc638ce3fc09

シシグクイーンがどれだけすごいのかは、ちょっとわかりません。

しかし、実はこのお店、
現フィリピン大統領のドゥテルテ大統領も訪れた事もある有名店だったのです。

そして私が訪れた日も、やけにみんなが騒いでいると思ったら、テレビのスポーツキャスターが来店しており、みんなが順番に記念写真を撮っていました。

有名人らしいのですが、私は知りませんでした笑
名前も聞いたけど忘れました。
しかし、その有名人と言われてる人は、皆からの記念写真の依頼に笑顔で応えていてとても好印象でした。

aa80d936-5c92-45e4-ad60-d14d8b2f09f9

こちらが店先。

外から見た造りでは、とても有名店と思えない感じで‘、
どこにでもあるフィリピンの庶民的な食堂のカレンデリヤと見間違えるほど。
6eaa25d4-6e06-41b6-8ab4-dedda6c1f2e4
シシグ以外の注文は、こちらから選んで焼いてもらうだけ。

チキンバーベキューや鶏皮、パンパンガ州の伝統料理ブロなどが並びます。

6df6d203-faf0-48c8-8a27-8995508002e9

そして、フィリピンでは恒例の店先で焼いてくれます。

赤い服の店員さんが掴んでいるのが、シシグに使う鉄板。
その周りにあるのが、シシグ用の豚のほほ肉です。

1f772b4f-9697-436c-8b8b-d9b109f3e309そして、こちらが4人前のシシグとブロとサラダ。

本場パンパンガではマヨネーズなど使いません。
味はしっかり付いていて、ライスによく合います。このサラダもパンパンガ特有の野菜やマンゴーなど果物をふんだんに使ったもの。

このおいしさを知っている地元の友達が写真を撮るって言っているのにも関わらず、我慢ができずにすでに食べ始めてしまいましたけど。

こちらもパンパンガの定番料理 ブロ – BURO –

c28ae907-0446-4301-b2fa-5dbbe6fafb36ブロ – BURO – とはお米を発酵させた物のようです。

ペチャイ、オクラ、ナスなどの野菜と一緒に食べます。
パンパンガ州の家庭料理です。しかし、少し酸いにおいがするため、フィリピン人の中でも好き嫌いは分かれます。
私は、においに関しては問題はなかったです。
美味しくてオカワリが欲しくなるほどではありませんでしたけど。

しかしこの有名店に行けば、ドゥテルテ大統領や有名人に会えるかもしれません。

基本情報

Aling Lucing’s Sisig
住所:Glaciano Valdez St, Angeles, Pampanga
(SHIN)
前の記事セブ島初の家系ラーメン「SANOSUKE」
次の記事パシフィックセブリゾートの朝食ビュッフェをご紹介!
フィリピンに住み始めてバギオ、セブ、そして現在はマニラに住んでいます。 世界各国、特に東南アジア諸国を訪れ感じ、フィリピンの人々の持つ人間性が気に入りフィリピン定住となりました。 魅力的なフィリピンの良さを多くの人に知ってもらいたい。マニラやセブでの日常的なローカル情報から、フィリピン最後の秘境と言われるパラワン島エルニドや世界一のビーチに選ばれたこともあるボラカイ島をはじめ、ミンドロ島、ブスアンガ島など、またバギオやミンダナオ島ダバオなど様々なフィリピン情報に精通しています。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA