2018年12月12日 更新

【新年】セブ島での年越しカウントダウンはどう過ごす??

2018年も残すところ半月になりました。皆さんによって今年はどんな年になりましたか?私のように旅行関係の仕事をしていると年末からが繁忙期になるため、「今年もこの時期か」と気合を入れ直す時期です。さて、私の話はさておき、今回の年末年始をセブ島でお過ごしになる方へ、今回は「セブ島での年越し」を紹介したいと思います。 おすすめの過ごし方はもちろん、日本やその他先進国とは違い、注意しておきたいポイントも紹介しますので、ぜひ参考までに読んでみてください。

gettyimages (11774)

2018年も残すところ半月になりました。皆さんによって今年はどんな年になりましたか?私のように旅行関係の仕事をしていると年末からが繁忙期になるため、「今年もこの時期か」と気合を入れ直す時期です。さて、私の話はさておき、今回の年末年始をセブ島でお過ごしになる方へ、今回は「セブ島での年越し」を紹介したいと思います。
おすすめの過ごし方はもちろん、日本やその他先進国とは違い、注意しておきたいポイントも紹介しますので、ぜひ参考までに読んでみてください。

■フィリピンの年越し(カウントダウン) 〜庶民編〜

 (11775)

年越しはどの国も盛大に迎えるのが一般的です。それはフィリピンも一緒です。一般的には親戚を呼んで家でパーティを開催したり、若者は友達と夜の街に遊びに出かけ、至るところで上がる花火を鑑賞したり、ナイトクラブで特別に開催されているイベントに参加して楽しい時間を過ごします。
しかし、フィリピンのカウントダウンの最大の特徴は「爆竹」です。爆竹を鳴らして新年をお祝いするのですが、その爆竹の量が半端ではありません。特に若者は個々で爆竹を
購入して、家の前や道など至るところ爆竹を鳴らすため、大変騒がしく、その爆音は明るくなるまで続きます。

■フィリピンの年越し(カウントダウン) 〜旅行客編〜

 (11776)

外国人旅行客を相手にするホテルでは「ガラディナー」と呼ばれる年越しイベントを開催するところが多く、宿泊客を楽しませてくれます。特にマクタン島内の高級ホテルではガラディナーの参加費は既に宿泊料に含まれていることが多く、そのようなホテルを利用する旅行客のほとんどは、自分の宿泊ホテルでカウントダウンを過ごすことになるかと思います。一方で、セブ市内にあるホテルや、小さめのホテルになるとガラディナーを行わないところもあります。その場合は、宿泊者以外の参加も受け入れているホテルのガラディナーに参加したり、街中から上がる花火を鑑賞したりして独自にセブ島のカウントダウンを楽しむ方法もあります。

ガラディナー以外のおすすめの過ごし方

①クラウンリージェンシーホテルで花火鑑賞

 (11777)

クラウンリージェンシーホテルはセブ市内中心部にある高層ホテルでスカイウォークやエッジコースターなどの絶叫系アトラクションがあるホテルです。
セブ島で最も高い建物の一つであることから、ここからセブ各地で打ち上げられる花火を楽しむことが出来きます。また、クラウンリージェンシーの屋上から花火も打ち上げられるので、カウントダウンの花火を見たい方にはピッタリの場所です。

クラウンリージェンシーに行く場合、午後10-11時位に到着して、屋上にある展望台へ行き場所を確保しておくのが良いでしょう。入場料は300ペソ(約660円)程度です。

②トップスに行ってセブ島全体を見渡す

 (11778)

セブ島の夜景を一番楽しめる場所といえば、やはりトップス!
個人的に移動するにはタクシー手配など少し何度は上がりますが、セブ市内だけではなく、遠く離れたマクタン島の様子まで見ることが出来ます。セブ島中で上がる花火を見下ろして自分たちだけの花火コンテストなんてことも出来きますね。トップス周辺は最近多くのレストランがオープンしましたので、少し早めに余裕を持つようにして、レストランで待機しるのがいいかもしれません。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

無重力??Upside Down World Cebuで不思議な写真をゲットしよう♪

無重力??Upside Down World Cebuで不思議な写真をゲットしよう♪

人が天井に張り付いている!!実はこれ、「トリックアート」と呼ばれるもので、室内は全て不思議な写真を撮るためだけに、さまざま工夫を施して作られている施設です。 トリックアートはテレビ番組で紹介されるなど、日本でも徐々に広がりを見せていますが、ここセブ島でもそんなトリックアートを楽しむことができる施設(Upside Down World Cebu)が出来ました。 今回は実際に行ってきたので、こちらから紹介したいと思います。
REON | 134 view
【要注意】ショッピングモールも閉まる? 2018~2019年のフィリピンの祝日

【要注意】ショッピングモールも閉まる? 2018~2019年のフィリピンの祝日

フィリピンの祝祭日は、毎年夏頃に翌年の祝祭日をフィリピン大統領府より正式に発表されています。曜日の関係から振替休日になるところは連休を作ると行った配慮があるため、毎年多少の変動があります。また、一般祝祭日(Regular Holiday)と、特別祝祭日(Special Non-Working Day)という2種類の祝日があります。 祝日は営業を休止しているお店や営業時間を変更している場合もありますので、祝日の把握と事前の下調べはとても重要です。もうすぐ2018年も終わりますが、年末年始にセブ島やマニラに旅行をお考えの方はこの時期にフィリピンの祝日をチェックしておきましょう。
REON | 1,554 view
実は魅力的な穴場がたくさん!!セブ島北西部のおすすめスポット♪

実は魅力的な穴場がたくさん!!セブ島北西部のおすすめスポット♪

セブ島といえば「ジンベイザメツアー」や「カワサン滝」「モアルボアル」など、南部に観光地が集中している印象がありますが、 実はセブ島北部にも魅力的なオススメスポットが多く点在していることをご存知ですか? セブ島の北部は南部に比べて交通量が少なく、所要時間があまりかからないというメリットがあります。 今回は移動時間2時間以内で行けるセブ島北部の観光地をいくつか紹介したいと思います。
REON | 1,190 view
セブ島を120%楽しむ!セブ島遊び完全攻略ガイド!【2017年度最新版】

セブ島を120%楽しむ!セブ島遊び完全攻略ガイド!【2017年度最新版】

今やアジアを代表するビーチリゾートとして知られるセブ島。快適なリゾートホテルと、歴史の面影を残すフィリピン最古の町という2つの表情が魅力です。 セブ島だけではありませんが、旅行のスケジュールでもっとも悩むのが現地での過ごし方ですよね。 今回はセブ島旅行に来られる方や、検討中の方に向けて、これを抑えれば間違えなくセブ島を楽しめる現地での遊び方や過ごし方を紹介します。 ツアーを申し込む前に読んでいただくと、自分にあったセブ島旅行のイメージが湧くのではないでしょうか?
REON | 6,622 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

REON REON