2018年10月17日 更新

まさに男のロマン!にわとりに栄養ドリンク!?ローカルギャンブル「闘鶏」を見てみよう♪

フィリピンで楽しむ娯楽の一つといえば「カジノ」です。フィリピンでは政府機関が行っているカジノがあり、地元人も出入りが可能なため、多くの人がギャンブルを楽しんでいます。しかし、カジノは庶民にとっては金額が大きく、少しハードルが高いのが現実です。そんな彼らはカジノ以外のローカルなギャンブルを利用してギャンブルを楽しんでいます。今回はそんなローカルギャンブルについて、中でも人気がある「闘鶏」についてこちらから紹介したいと思います。

 (10586)

フィリピンで楽しむ娯楽の一つといえば「カジノ」です。フィリピンでは政府機関が行っているカジノがあり、地元人も出入りが可能なため、多くの人がギャンブルを楽しんでいます。しかし、カジノは庶民にとっては金額が大きく、少しハードルが高いのが現実です。そんな彼らはカジノ以外のローカルなギャンブルを利用してギャンブルを楽しんでいます。

今回はそんなローカルギャンブルについて、中でも人気がある「闘鶏」についてこちらから紹介したいと思います。

闘鶏とは?

 (10587)

闘鶏はフィリピンのローカルギャンブルの中で、1番人気のあるギャンブルです。戦闘用に調教された鶏同士を戦わせて勝敗を競うものです。闘鶏はローカルなギャンブルで農村部から町中までさまざまなところで行われていますが、ローカルギャンブルといっても大きな大会では数百万ペソ(数百万円)ほどのお金が賭けられることもあります。

そして、そのような名誉ある大会でチャンピオンになったニワトリまたはその子孫は、とても高値で取引されることもあります。

日本で言う「競馬」に近い感覚ではないでしょうか。

闘鶏のルール

 (10588)

闘鶏のルールはとても簡単です。対戦した鶏のどちらかが動かなくなった、または逃げた時点で勝敗は決まります。1/2でどちらが勝つかを予想するギャンブルです。もちろん倍率はどちらも2倍ではなく、人気がある鶏は倍率が下がります。その反対で期待されていない鶏は倍率がとても高くなり、競馬でいうところの万馬券のような高配当が返ってくる可能性があるのです。

鶏主になること

 (10589)

もちろん各鶏にはそれぞれオーナー(育ての親)がいます。オーナーはどの鶏よりも強く育てるために、実践式のトレーニングはもちろん、時には高級な栄養ドリンクなどを与えることで自分の鶏を育てています。そんな彼らにとって闘鶏はまさに男のロマン。いつかチャンピョンとなって一攫千金を夢見る男は後を立ちません。

タレの役割

 (10590)

しかしながら、そもそも裸の鶏が戦ったところで決着はつくのでしょうか。答えは限りなくNOに近いです。裸の鶏同士では決着がつくまでにそれは長い時間がかかってしまいます。そこで闘鶏では、タレ(tare) と呼ばれる鋭い刃物をそれぞれの鶏の足首に付けて戦わせるのです。タレを付けた場合、決着はものの数分、ときには数秒で決着がつき、大抵の場合、どちらかの鶏は息を引き取ります。その光景は少しばかり私からするグロテスクですが、それが男のロマン「闘鶏」なのです。

(REON)
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【第2弾】フィリピンのローカルギャンブルを見てみよう!

【第2弾】フィリピンのローカルギャンブルを見てみよう!

フィリピンで行われているギャンブルの中から闘鶏をご紹介しましたが、今回は第二弾として、その他のローカルギャンブルをご紹介します。今回もフィリピンのローカルライフの一部を一緒に見ていきましょう!
REON | 72 view
【初心者必見】カジノに挑戦!!◇セブ島ナイトライフ◇

【初心者必見】カジノに挑戦!!◇セブ島ナイトライフ◇

旅行先でのナイトライフの1つの過ごし方として、カジノがあります。 せっかくの海外旅行なので、カジノに挑戦したいと思うものですよね。しかし、多くの方はカジノに行ったことがないし、海外なので、言葉の壁も。。。と、初めてのカジノはとても仕切りが高いように感じるのも現実のようです。 カジノを楽しむことができる施設は世界でも多くありますが、カジノに初めて挑戦する方は、セブ島はとてもおすすめです。その理由として、フィリピン国内のカジノは政府によって運営またはライセンスを与えられているため、安全・公平性が保たれています。また、ホテルに併設されているカジノでは、日本人を始めとする旅行者が多く利用するため、ビギナーでも楽しめる工夫がされています。
REON | 777 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

REON REON