2018年11月7日 更新

セブ島旅行で知っておきたい免税の話 お酒・たばこ・香水には注意!

セブ島旅行でたくさんのお土産を購入する方も多いはず。そんな時に関税のルールを知らないと、いい旅の思い出が嫌な思い出に一変していまうこともあります。今回は海外旅行で切り離せない「関税」について知識を身につけましょう。セブ島で購入したものは、いくらまで免税を受けて日本に持ち込めるのでしょうか??

gettyimages (11101)

セブ島旅行でたくさんのお土産を購入する方も多いはず。そんな時に関税のルールを知らないと、いい旅の思い出が嫌な思い出に一変していまうこともあります。今回は海外旅行で切り離せない「関税」について知識を身につけましょう。セブ島で購入したものは、いくらまで免税を受けて日本に持ち込めるのでしょうか??

旅行者の免税とは?

gettyimages (11102)

外国製品を日本に輸入する際、通常は所定の関税が課されますが、海外旅行に出かけた人が現地で買い物をして日本に持ち帰る場合は、一定の条件で関税が免除されます。これが、海外旅行者の免税です。では、その条件とはどのようなものなのでしょうか。まず前提として、個人的に使用するものであることが挙げられます。

必ずしも「旅行者本人が使用しなければならない」という意味ではなく、お土産として誰かにあげることも同じ意味合いになります。しかし、販売などビジネスを目的に持ち込む場合は、免税の対象外となります。

海外旅行者の免税範囲は20万円

gettyimages (11103)

後でご紹介する一部の品目を除き、海外旅行者の免税範囲は、大人一人につき海外市価で20万円まで。本人が手荷物として持ち込む物品に加え、旅行先で購入して別便で日本に送ったもの(別送品)がある場合は、それも合算します。

ただし、この20万円という枠にはちょっとしたカラクリがあります。一品目あたりの合計額が1万円以下の物品は原則として免税扱いになるため、計算に含める必要がないのです。

たとえば、1000円のチョコレートを5点持ち込む場合、品目の合計額は5000円と、1万円以下のため、20万円の免税枠から除外することができます。そのためお土産の場合、ほとんどはこの範囲内で収まるため、今まで申告などしたことがない方もいるというわけですね。

お酒・たばこ・香水は別ルール

gettyimages (11104)

金額に関係なく、個別にルールが定められている物品が、お酒とたばこ、香水。

それぞれ免税で持ち込める量が決められており、お酒は1本760ミリリットルのものが3本、紙巻たばこは400本、香水は2オンス(58ミリリットル)までです。ここでいう「香水」にオーデコロンやオードトワレは含まれず、それらはその他の品として20万円の免税枠に算入されます。

免税範囲を超えた場合の課税額は?

gettyimages (11105)

免税範囲を超えてしまった場合、いったいどのくらいの税金が課されるのでしょうか。

税率は品目によって異なりますが、一部の品目は簡易税率が適用されており、紙巻たばこは1本あたり12.5円、ワインは1リットルあたり200円、ビール・発泡酒は1リットルあたり300円が課されます。

関税と消費税の両方が課されるもの、消費税のみが課されるものと、条件によって課税の方法は色々ですが、一般的に、課税されたとしても同じ外国製品を日本で買うよりは安く済みます。


(REON)
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【セブ島おみやげ】「アイランドスーベニア」でセブ島グッズを手に入れよう♪

【セブ島おみやげ】「アイランドスーベニア」でセブ島グッズを手に入れよう♪

アイランド・スーベニアズ(Island Souvenirs)はセブで数多くの店舗を展開している有名なフィリピンお土産ショップです。セブ島のお土産屋さんとしては一番有名かもしれません。 こちらのショップは多くのブログや専門誌でも紹介されているので、ネットなどで見たことがある人も 多いかもしれません。今回はそんなアイランド・スーベニアズの詳細を大公開します。お土産選びは時間との勝負!事前に目星をつけて良いものをササッと手に入れましょう♪
REON | 696 view
セブ島を120%楽しむ!セブ島遊び完全攻略ガイド!【2017年度最新版】

セブ島を120%楽しむ!セブ島遊び完全攻略ガイド!【2017年度最新版】

今やアジアを代表するビーチリゾートとして知られるセブ島。快適なリゾートホテルと、歴史の面影を残すフィリピン最古の町という2つの表情が魅力です。 セブ島だけではありませんが、旅行のスケジュールでもっとも悩むのが現地での過ごし方ですよね。 今回はセブ島旅行に来られる方や、検討中の方に向けて、これを抑えれば間違えなくセブ島を楽しめる現地での遊び方や過ごし方を紹介します。 ツアーを申し込む前に読んでいただくと、自分にあったセブ島旅行のイメージが湧くのではないでしょうか?
REON | 4,153 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

REON REON