2018年10月3日 更新

丸ごと一匹!!マクタン島のカニ料理レストラン「RED CRAB」

ふっくらジューシー、旨味が詰まったカニ!ぷりぷりの身は子供も大人もみんな大好きですよね。今回は、マクタン島のマリバゴ地区に新しくオープンしたカニを思う存分食べられる「Red Crab(レッドクラブ)」ご紹介します。とにかくマクタン島のホテルに滞在していて、シーフードのレストランを探している人は必見です!

 (10109)

ふっくらジューシー、旨味が詰まったカニ!ぷりぷりの身は子供も大人もみんな大好きですよね。今回は、マクタン島のマリバゴ地区に新しくオープンしたカニを思う存分食べられる「Red Crab(レッドクラブ)」ご紹介します。とにかくマクタン島のホテルに滞在していて、シーフードのレストランを探している人は必見です!
 (10111)

Red Crabはマリバゴブルーウォーターリゾートから歩いて10分ほどの距離にあります。大通り沿いあるのですが、看板がとてもインパクトがあるので、ほとんどのタクシードライバー知っているはずです。
 (10115)

店内はこんな感じです!数ヶ月前にオープンしたばかりだけあり、とてもきれいで清潔感があります。席は室内の他、外にも設けられているので、冷房が苦手な方は屋外を選ぶと良いと思います。
 (10116)

早速メニューを見ていきましょう!
こちらのレストランの看板メニューは何と言っても店名にもなっている「カニ」です。調理方法は茹でたカニを調味料と一緒に「グリル(焼き)」したもので、味付けは全部で5種類から選ぶことが出来ます。
 (10118)

値段はグラム単位で決まっていて、自分で選んだカニを調理してもらいます。もちろん、大きなカニを選べばその分値段は張りますので、たとえば2種類の味付けを食べたい場合は、小さめなカニを2匹選んでそれぞれ違った味付けにしてもらうようにしましょう。
 (10120)

私が今回頼んだのは「ガーリックバナー味」です。このサイズで880グラム、2122ペソ(約4700円)でした。お値段は結構高いですね。880グラムと言っても分厚い殻に覆われているので、お腹が空いていれば1人でいけてしまう量です。
 (10122)

その他にもメニューの中には「Chilli Prawns(チリプラウン)」などのシーフード料理や、チャーハンなどがあります。2人の場合でもカニだけでは物足りないと思うので、一緒にオーダーするとちょうど良いかもしれません。

予算は2名で約4,000〜5,000ペソ(約8,800〜11,000円)なので、セブのレストランの中ではだいぶ高い値付けになっていますが、旅行の目玉ディナーとしては良いかもしれませんね。

(REON)

■店舗情報

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カリッカリのフライドチキンが食べられるお店!CHOSUN CHICKEN(チョーセンチキン)♪

カリッカリのフライドチキンが食べられるお店!CHOSUN CHICKEN(チョーセンチキン)♪

皆さんこんにちは‼ 突然ですが“フライドチキン”はお好きですか!? 私はたまに、無性に食べたくなることがあります^^ フィリピンではフライドチキンはとても人気があり、国民の好物といっても過言ではありません。 その証拠にマクドナルドやジョリビーなどのファストフード店では、ハンバーガーよりもフライドチキンの売上が圧倒的に高いとか。。。 そんなチキンの激戦区?で人気を誇る韓国料理店があります。ここで提供されているフライドチキンは誰もが病み付きになるとか。 今回は国民が愛して止まない「カリッカリッ」の美味しいフライドチキンを提供するお店「CHOSUN CHICKEN(チョーセンチキン)」を紹介します!!
REON | 164 view
MAKCHANGで美味しい韓国料理を食べよう!!

MAKCHANGで美味しい韓国料理を食べよう!!

セブ島と言えば海と韓国料理というくらい、セブ島には多くの韓国料理レストランがあるのをご存知ですか?? それもそのはず、セブ島を訪れる外国人で最も多いのは韓国人なのです。今では日本でもメジャーになったセブ島への語学留学も、もともと文化を作ったのは韓国の方達で、少し前までは語学学校のほとんどが韓国人経営の学校でした。 また、ハネムーンの旅先としても、韓国ではセブ島が非常に人気があり、セブ島では本当に多くの韓国人を見かけます。
REON | 126 view
いざとなったらここ!!24時間営業のローカルフードチェーン店!「Andok's」

いざとなったらここ!!24時間営業のローカルフードチェーン店!「Andok's」

海外を訪れると、やはり挑戦してみたくなるのが「ご当地グルメ」。セブのガイドブックに載っている鉄板のレストランとして「マリバゴグリル」、「ゴールデンカウリー」、「ライトハウス」等が挙げられますが、これらのレストランはローカルな人々にとっては少し高級感のあるレストランです。今回は、ローカルなレストランで、チェーン店として展開している「Andok's(アンドックス)」というレストランをご紹介します。 Andok'sは1985年に第一号店がオープンし、セブ島には3店舗しかないものの、フィリピン全体だと、首都マニラを中心に60店舗以上の支店を持つ、有名なチェーン店です。 (公式ウェブサイトはこちら) 今回は、セブのリゾート地であるマクタン島の店舗に訪れてました。ガイサノマクタンを背にしてすぐ右側に店舗を構えるこちらの店は、24時間営業。24時間営業となると、コンビニとファストフード店以外のレストランは中々見かけることのないセブ島では、貴重な存在です。
REON | 373 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

REON REON