ビーチとダイビングなど【フィリピンがアジア1位】となりました。ワールドトラベルアワードアジア2020

87

フィリピンが、アジアを代表するビーチとダイビングの目的地として1位を獲得しました

第27回ワールドトラベルアワードでフィリピンが、アジアの最たるビーチの目的地アジアの最たるダイビングの目的地と2つの表彰を獲得しました。

以下も併せて受賞しています。

  • アジアの最たる観光局: フィリピン観光省 / Philippines, Department of Tourism
  • アジアの最たる観光名所: イントラムロス / Intramuros, Philippines
  • アジアの最たるプライベートアイランド: アマンプロ / Amanpulo, Philippines
  • アジアの最たるビジネスホテル: ディスカバリープリメア / Discovery Primea, Philippines
  • アジアの最たるサービスアパートメント: アスコット ボニファシオグローバルシティ / Ascott Bonifacio Global City Manila, Philippines

ワールドトラベルアワードについて

ワールドトラベルアワード (WTA / World Travel Awards)は、観光産業のすべてのセクターにわたる卓越性を認め報奨し祝うために1993年に設立されました。
今日、WTAブランドは品質が究極の特徴として世界的に認められており、受賞者や受賞国は他のすべての人が目指す基準となっています。

WTAは、毎年開催される祝賀会で、一連の地域と世界中をカバーし、最たる地理的地域ごとに個人および団体の成功を祝賀しています。
WTAの祝賀会は、政府や業界のリーダー、著名人、国際的な印刷物や放送メディアが参加する、旅行業界で最高のネットワーキングの機会とされています。

WTAの詳細については、worldtravelawards.comをご確認ください。

フィリピン観光省のコメント

Kalanggaman Island, Leyte, Philippines

2006年以降、フィリピンは多数のカテゴリーでのノミネートに続いて、アジアの最たるビーチの目的地として選ばれたのは4回目であり、アジアの最たるダイビングの目的地として選ばれたのは2回目です。
そして、フィリピン観光省はアジアの最たる観光局として2度目の受賞をしました。

White Island, Camiguin, Philippines

また主要観光地としてマニラ市のイントラムロス、フィリピンの格安航空会社のセブパシフィック航空がアジアで最も効率的な航空会社に選ばれ、プライベートアイランドでアマンプロ、タギッグのアスコットボニファシオグローバルシティ(BGC)がアジアを代表するサービスアパートメントがそれぞれアジア1位を獲得しました。

観光大臣のプヤット氏は、「2020年のワールドトラベルアワードアジアでフィリピンに与えられた称賛に心から光栄に思い、感謝しています」と感謝の意を表明しています。
「これらの認識は、私たちが安全かつ徐々に観光地を再開する過程の中で、旅行業界に励みを与えます。これらは、私たちの観光関係者、地方自治体、パートナー企業、そして私たちのフィリピンの魅力、製品、文化を絶え間なく宣伝してきたフィリピン人の仲間の協力なしには不可能でした」と彼女は付け加えました。

Boracay island, Philippines

とりわけ、ダイブツーリズムは、フィリピン観光省(DOT/Department of Tourism)によって、国家観光開発計画(NTDP)2016-2022の主要分野のひとつとして特定されており、訪問者数の増加、滞在期間の延長、観光収入の増加など、業界の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

アジア部門での優勝とは別に、フィリピンとフィリピン観光省は、世界部門でも5つにノミネートされているため、さらに多くの賞を獲得するチャンスがあります。

今後のフィリピン観光

Amanpulo, Pamalican island, Philippines
Amanpulo, Pamalican island, Philippines

マニラの歴史的な「要塞都市イントラムロス」もアジアを代表する観光名所として認められ、パラワン州の絵のように美しいアマンプロ(パマリカン島)はアジアを代表するプライベートアイランドリゾートとして認められました。

先日にはパラワンとボラカイが、国際的な旅行ウェブサイト「Big 7 Travel」によって、世界で最も美しい50の場所の1つとしても認定されました。

Fort Santiago, Intramuros, Philippines

フィリピン観光省は、最近のCOVID-19の大流行の中で、国内で再開された観光地で最新の旅行勧告と安全ガイドラインを提供する公式旅行アプリケーションとして「Travel Philippines」を立ち上げました。今のところ、パラワン、ボラカイ、ボホール、バギオ、北イロコス、マニラ首都圏の6つの目的地でアプリが利用できます。

フィリピン国内の旅行先について、感染防止の観点から厳格な感染防止基準を設けながら、徐々に再開をしています。

今後も旅行可能になるエリアの拡大がされていくことでしょう。
そして、こうしている時間もフィリピンの海や空気がどんどん綺麗になり旅行者を待っています。

フィリピンのビーチとダイビング

旅行雑誌や旅行サイトなど数々で1位を獲得し、または上位を優占し続けるフィリピン。
我々の知っているフィリピンとは違うフィリピンを世界は見ているのかもしれません。

Great Santa Cruz Island, Zamboanga, Philippines

なぜ毎回、当然のように素晴らしい世界のランキングにフィリピンが選ばれるか確認するには、フィリピンを知ることが一番です。
自分の目で確かめることが一番の方法でしょう。

フィリピンには7,641以上の島があり、魅力的なビーチが数多く存在しています。
ホワイトビーチ、黄金のビーチ、ピンクビーチなどがあり、ビーチには様々な楽しみ方があります。
中には、手つかずの自然の生態系豊かなビーチ、ウォータースポーツが楽しめるビーチ、レストランやバーなどナイトライフが充実しているビーチなど、思い描く南国のビーチに当てはまるところがたくさんあります。

Parola Island, Camarines Norte, Philippines

また、真っ青な広い空の下のターコイズブルーの海には、フィリピンの固有種を含め多くの海洋生物の多くと出会うことができます。

マンタ、ジュゴン、ジンベエザメ、ウミガメ、イワシのトルネード、ハンマーヘッドシャーク、オナガザメ、世界遺産に登録されるほどのサンゴ礁群、その周辺には色とりどりの熱帯魚や美しいウミウシたち。
数えだせばキリがないほどのダイビング天国でもあります。

いくつもの顔を持つフィリピンの海を是非楽しんでみてください。

 

(SHIN)

Willy’s Rock, Boracay, philippines

Image source:   https://faq.ph / https://commons.wikimedia.org/facebook.com Lakbayers @lakbayersph