2017年9月8日 更新

SMシーサイドシティモール内にあるオシャレな韓国系カフェ、Coffee Bay(コーヒー・ベイ)をチェックしてみよう

セブ島は韓国系の語学学校が多く、韓国からアクセスがしやすい観光地であることから、マクタン島やセブ市内に数多くの韓国料理店やショップなどを見つけることができます。

しかし店名やメニュー等は韓国語で書いてあたったりするなど、現地の人でも入りにくい場合があるのですが、最近は可愛らしい韓国風のカフェが出てきており、特に若者を中心に人気が出てきています。

ポストイットを店内にいっぱい貼ったものから、靴を脱いで個室でくつろげるタイプのもの、明るいパステルカラーを使用した可愛らしいものまで数多くのカフェを見つけることが出来るのですが、今回SMシーサイドシティモール内にあるCoffee Bay(コーヒー・ベイ)というカフェを見つけたので紹介したいと思います。



Coffee Bay(コーヒー・ベイ)は2009年に韓国で展開されているコーヒーショップ。2015年現在で中国やインド、ベトナム、フィリピンなどを含む東南アジアにも展開されており530店舗あるそうです。

オシャレなお店であることからか、韓国のテレビドラマなどで使用されるほどのコーヒーショップですが、フィリピンではセブ島のSMシーサイドシティモール内にある店舗がフィリピン1号店になっています。

こちらのカフェはモールの3階シティウィング内にあります。シティウィングの出口沿いにあるので、簡単に見つけることが出来ると思います。

IMG_2910

店内は広々としており、コンクリートブロック風の壁や黒、赤などのコントラストの高い色合いのデザインになっていました。スターバックスやボスコーヒーよりもう少しオシャレなイメージになっている感じです。

IMG_2905 IMG_2903 IMG_2904

品揃えはコーヒーやフラペチーノなどのドリンクはもちろんの事、デザートや軽食も用意されてありました。パフェのようなかき氷など冷たいスイーツが用意されているというのも特徴的の一つです。

IMG_2902

今回筆者はアイスラテとグリーンティー・ムースケーキをオーダーしてみました。

IMG_2899

アイスラテは苦味の効いたコーヒーになっていましたが、ミルクの量が丁度よいバランスになっていました。価格はレギュラーサイズで135ペソ(約289円)、セブ市内でも平均的な価格になっていました。

IMG_2896

こちらはグリーンティー・ムースケーキ140ペソ(約300円)
IMG_2898

抹茶ベースのムースケーキの上にはなんとブドウが乗っているという、あまり日本人には馴染みのない組み合わせになっていました。ムースの方は抹茶の風味が薄めで甘みが強い味付けになっていました。ブドウも熟しており甘くて美味しかったのですが、抹茶ムースと組み合わせてアリかと言われたら少し微妙なところ。

IMG_2901

無料WIFIも提供しており、会計の際に店員さんにパスワードを聞けば教えてくれます。利用者が少なかったからかもしれませんが、比較的普通に利用することができました。

IMG_2908

SMシーサイドシティモールには他にも色々カフェがあるものの、人が多くなかなか座れない場合があるなか、こちらのコーヒー・ベイはそこまで混雑している感じもありませんでした。モールのショップングの合間に一休みしたいという方はぜひチェックしてみてはいかがですか?

(MIKIO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

台湾式ミルクティータピオカショップ「 FORMOSA」

台湾式ミルクティータピオカショップ「 FORMOSA」

現在日本でも大流行のタピオカショップ! 日本だと「chatime」や「ゴンチャ」が流行っていますよね❤️ 実はフィリピンでもタピオカドリンクは大流行しています😍 上記2大タピオカショップはセブのショッピングセンターに 入っています!! しかしチェーン店ではなく、本格的なタピオカドリンクが 飲みたいという方!!実はセブ島マンダウエ市内に 台湾式本格ミルクティーショップがオープンしました!
SHIHO | 63 view
インスタ映えのカフェ Café Mary Grace in MOA

インスタ映えのカフェ Café Mary Grace in MOA

インスタ映えの安めのカフェをご紹介します。 場所はモールオブアジア(通称モア MOA)にあります。 非常に行きやすい場所なので気軽に行けます。 こちらフィリピン資本のお店ですが、写真好きインスタ好きのフィリピン女子が多いことから多くの店舗があります。 そして何より店内の雰囲気がいい。 一緒に行った女子達は、インスタ用に写真を撮ってました。
SHIN | 20 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio