知らなかったら絶対損するフィリピンのおいしいフルーツ!

112

フィリピンは高温多湿の熱帯性気候に属している国になります。つまり、1年中あまり気温の変化がなく、日本で言うと1年中夏のような感覚です。

そんな熱帯性気候と聞いてどのようなフルーツが思い浮かびますか。

絶対聞いたことのあるフルーツも日本ではあまり見かけない珍しいフルーツも紹介していきます。

興味のあるフルーツがあったら是非食べてみてください。

バナナ

最初は、熱帯といったらこのフルーツ。「バナナ

日本でも親しみのあるバナナ。実は9割がフィリピンから輸入したバナナなのです。

フィリピンにはミンダナオ島というフィリピンで2番目に大きい島で、日本向けの広大プランテーションができたことにより、フィリピンからの輸入が大体をしめています。

そうすると、フィリピンでわざわざバナナを食べなくても日本で食べられる。と思うかもしれませんが、フィリピンで売っているバナナはまた品種が違うのです。

日本で売られているバナナの品種はジャイアント・キャンベッシュと言って、別名フィリピン・バナナです。

フィリピンで売られているバナナの中で、最も好まれているのはラカタンという品種で実の色がゴールドで後味がすごく甘いのが特徴です。聞いただけでも甘そうでおいしそうですよね。

さらに日本との違いは生食用と調理用が分かれているところです。サバという品種のバナナは煮たり揚げたりするのに適していて、おやつにぴったりです。

お土産にバナナチップスなどを買っていくのもすごくおすすめです。

そして、フィリピンで是非調理用のバナナを購入して揚げバナナに挑戦してみて下さい。バナナを春巻きの皮のようなもので巻いて揚げたものをフィリピンでは「バナナトロン」と言います。中がトロトロとした触感でフィリピンでは定番のおやつです。たまに屋台などでも売ってるので見かけた際は試してみて下さいね。

マンゴー

次に紹介するのは「マンゴー

これは絶対に食べてもらいたいフルーツno.1といっても良いくらいおすすめです。

日本でもマンゴーは売られていると思いますが少し高い印象があります。なかなか家で食べることは無いのではないでしょうか。

そこで、フィリピンのマンゴーをおすすめします。フィリピンのマンゴーは世界でもトップクラスの品質と味といわれています。もちろん栄養価も高く評価されています。

甘さと酸味のバランスが絶妙で、口当たりがすごくなめらかなのが特徴です。

日本にも多くのマンゴーが輸入されていますが、フィリピンマンゴーは味がとても安定しているため、ファミレスなどでも多く取り扱いされています。

フィリピンのマンゴーには多くの品種があります。「カラバオ・マンゴー」が最も有名ですが、「ピコ」「インディアン」「アップルマンゴー」といった品種が存在します。青いまま食べるマンゴーもあり、現地の人はサラダ感覚で青いままのマンゴーを食べることもあります。もちろん熟していないので酸味が強く固いのですが、この機会にたべてみるのもいいかもしれないですね。

さらに、女性にはうれしい美容効果もマンゴーにはあるのです。目に良いビタミンA、コレステロールを下げ整腸作用のある食物繊維、老化防止に働くβカロテン、美白に効果的なビタミンCなどなど、美容や健康にも役立つ栄養がたっぷり含まれています。

日本では1玉2000円くらいしますが、フィリピンでは1キロ(約3玉)が200円程で買えるので、すごくお手頃です。

フィリピンに来た人だけが食べられる甘くておいしいマンゴーを食べない手はありません。

パイナップル

次に紹介するのは「パイナップル」です。

パイナップルもマンゴーやバナナと同じく南国のイメージがあると思います。

もちろんフィリピンにもおいしいパイナップルがあります。

日本でもよく売られているパイナップル。

もう何となく想像つく方もいらっしゃるかもしれませんが、日本にあるパイナップルの中で海外から輸入している内、なんと8割がフィリピン産です。

日本では輸入しているため、採ってからある程度の時間が経ってしまっているのですが、それが、フィリピンに行けば新鮮ですごく甘いパイナップルが食べられるのです。

さらに驚きなのがマンゴー同様、価格の安さです。

日本でパイナップルを買うとなると海外産で400円、国産だと800円程になっています。それに比べてフィリピンでは140円程で買えてしまうのです。新鮮でおいしく、さらに安いパイナップルはおすすめです。

パイナップルは食物繊維がとても豊富なので便秘の改善などにも効果があります。

美容にも良い成分がたくさん入っていて、肌荒れや風の予防にもよいといわれています。

スムージーなどにして食べることもできますし、もちろんそのまま食べてもすごくおいしいです。

ここからは、あまり聞いたことのないフルーツを紹介していきたいと思います。

フィリピンならではのフルーツなので、こちらもフィリピンに行った際には食べてみてください。

マンゴスチン

最初に紹介するのは、「マンゴスチン

名前だけみると、マンゴーのようなフルーツかと思ってしまいそうですが、マンゴーとは全く違うフルーツです。

マンゴスチンは赤紫色の硬い皮に包まれていて、それを向くと白い果肉が出てきます。

中に種が入っていることもあるので気を付けて食べてください。

非常に甘くおいしいフルーツです。

マンゴスチンは果物の女王と呼ばれていて、日本でも売られているようなのですが1個100円程するようです。

フィリピンでは1キロ200円程で買えるので、日本で見たことあるけど食べたことないという方は、ぜひフィリピンで食べてみてください。

ポメロ

次に紹介するのは「ポメロ

ポメロはあまり日本では流通していないフルーツだと思います。

名前を聞いてもあまりどのようなフルーツか想像しにくいかもしれませんが、簡単に言うと、みかんとグレープフルーツを足して2で割ったようなフルーツです。

柑橘系のフルーツが好きな方はきっと好きだと思います。

食べ方はみかんのように皮を剥いて、中の実を食べます。

皮はとても堅いので基本的には食べません。

ローカルの市場で購入すると、すでに皮を剥いたのが売られていたり、スーパーよりも安く売っていることもあるみたいなので、寄ってみてみるのもいいですね。

ランブータン

最後に紹介するのが「ランブータン

名前だけなら聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、このフルーツは見た目が少し独特で、おいしいのかと疑ってしまうかもしれません。

私は、日本で見たことはありませんでしたが、フィリピンでは至る所で売っています。

気になるランブータンの味は、例えるとライチに似ていると思います。

皮が赤いほど甘みが強いみたいなので、買うときは1番赤いものを選んで食べると、すごくおいしいランブータンが食べられます。

ライチが苦手な方は、もしかしたらランブータンも苦手かもしれません。

まとめ

今回は6種類のフルーツを紹介しました。

気になるフルーツはありましたでしょうか。

この他にも、たくさんのフルーツがフィリピンには売っています。是非、スーパーや市場、フルーツスタンドに足を運んで、お気に入りのフルーツを見つけてみてください。