2012年9月29日 更新

留学生情報!セブに持って良いモノ!

皆さんこんにちは。一時帰国で日本に戻って来ました!

夏も終わり、そろそろ大学が始まる時期ですね。でも、半年間大学を休学して、セブで語学留学をしたいっていう人もいるかも知れませんね。そんな人達へ贈るのが今日の記事です。

留学したいけど、実際何を持っていけば良いのだろう?と悩む人が多いと思います。そこで今日は、ひろが実際に思った「セブに持っていった方が良いもの〜薬編〜」です!





フィリピンには、もちろん薬はあります。ですが「どれを買ったら良いか分からない」なんて事があります。他にも、「日本人にも効くの?」という疑問もあるかと思います。

その中でも、留学生の人たちが持っていった方がいい薬などをピックアップしてみました!

 

風邪薬について




フィリピンにも風邪薬はあります。ですが薬局へ行かないと買えません。いざ風邪を引いてからでは、買いにいくのは大変な事ですよね?

ですので、できればいつも常用している総合風邪薬を持っていくのがオススメです。また、頭痛薬もあると便利です!

頭痛薬は「Biogesic(バイオジェシック)」という総合風邪薬があるのですが、日本人には少し負担が強いかもしれません。それでもいい、という人はフィリピンの薬局でも購入する事ができますよ!各薬局で約8ペソ(16円)ほどで購入可能です。

 

腹痛などについて




海外で一番遭遇率が高いのが腹痛です。

たとえば、料理が体に合わない、食べたモノが傷んでいた、など原因は様々ではないでしょうか?ここでも常用している薬を持っていきましょう!筆者は「正露丸」をいつも持っていますよ!

また、「下痢止め」もあると便利かもしれません!聞く話によると、留学生でもそういった症状が多いとの事ですので、持っておくと安心かも。

フィリピンで下痢止めの薬はDiatabs(ダイアタブス)がお勧めです。結構早く効きます。薬局で10ペソ(約20円)ほどで購入が可能です。

 

その他の薬について




たとえば、鼻炎の人は鼻炎の薬、生理薬などの薬は絶対に持参しましょう!

フィリピンでは対処できないことがあるかもしれません。もちろんフィリピンの医療も充実しつつあります。ひろも三日間「Cebu Doctors(セブ・ドクターズ)」という病院に入院した経験がありますが、とくに問題はありませんでした。

ですが、不安要素は自分でケアする方が良いと思います!

 

サプリメントについて




これはあると便利です。例えば「マルチビタミン」系のサプリメントや「野菜サプリメント」など、野菜を摂る事ができるサプリメントです。

フィリピンでは野菜ではなく、肉料理が中心になる事が多いと思います。また、ライフスタイルにもよりますが、野菜不足がちにあることも。

ひろは、上記二つをよく補うことにしています。なぜかというと、あまり野菜を摂取する機会が無いからです。

サプリメントはフィリピンでも購入する事が可能です。なので焦って準備する必要はありませんが、気になる人は持っていっても損は無いでしょう!

 

その他の救急用品について




絆創膏などはセブで買う事ができます。たとえばスーパーマーケットなどですね。大きめのサイズを予備程度に持っておくと安心できます。ですが、使う機会があまり無いかもしれません。

指に巻くような、普通サイズは簡単に購入が可能です。またセブでの絆創膏は水に弱いです。気になる人は防水仕様を持っていった方が心強いと思います

 

いかがでしたか?

忘れモノはありませんか?少しでも不安があれば薬局で買い足しに行きましょう!

留学生活中に風邪を引いたら、時間無駄ですよね?しっかり前準備をして、心置きなく、セブ島をエンジョイしちゃいましょう!

 

(ひろ)

 
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro