2018年3月4日 更新

[2018年版]マクタン・セブ空港ドメスティックエリアを紹介!出国時のセブ空港の内部をご紹介!

前回はセブ空港のパブリックエリアをご紹介しました。今回は、マクタン・セブ空港のドメスティックエリアをご紹介します。

 (5059)

セブ空港のドメスティックエリアは?

前回はセブ空港のパブリックエリアをご紹介しました。

今回は、マクタン・セブ空港のドメスティックエリアをご紹介します。
まずは、パブリックエリアからセキュリティチェックを受けます。
ここでは航空機チケットがないと中には入れません。
 (5048)

セキュリティゲートを通過すると、向かって右側(南ウイング)に国際線のチェックインカウンターが並びます。
左側には(北ウイング)には国内線のチェックインカウンターです。
 (5060)

今回はマニラに行く航空機に搭乗するので、国内線カウンターに並びました。
チェックインは至って簡単。
Eチケットなどの搭乗券とパスポートを提示します。
 (5062)

そして今回は多めの荷物を運ぶので、別料金が必要となりました。
こんな時にどうするかというと、そのままチェックインカウンターにて追加料金を支払ってもいいのですが、今回はカーゴ(運送サービス)を使ってみます。
 (5063)

重量超過した荷物はどうする?

事前に複数に分けていた荷物の中で、超過分の荷物だけをこのカウンターに持っていきます。
そして、搭乗する航空機のフライト番号を伝えて荷物を預けます。
そして荷物の重量を計り料金を払います。
ちなみに今回は25kgの超過でチェックインカウンターで支払うと6000ペソ超(約12,300円)だったのが、カーゴサービスを使うことにより、2,320ペソ(約4,800円)で済みました。
半額以下です。
くれぐれも気をつけたいのが、同じ便で運んでくれるかどうか。
今回は念には念を入れ、何度も確認しました。
ま、違う便で運ばれる事も想定しつつなので、その時は笑って諦めます。
だって、フィリピンですから笑

もう一点の注意点が、マニラ空港で受け取る際には、カーゴ用のカウンターに行かなくてはいけないと言うこと。これは空港内では無くターミナル2近くにはあります。
また、飛行機到着後すぐではなくここまでは運んで来る時間がない必要になります。
今回は2時間かかりました。
 (5064)

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN