2014年8月29日 更新

元祖、セブ有数の日本人向けマッサージ”Ton-Ton Massage”

  

 

マッサージ巡業を続けている筆者が感じることとして、セブ・マクタン島内の多くのスパは、韓国人がオーナーいうこと。もちろん、セブ島を訪れる外国人観光客は韓国人が1番多いですから、それも当然でしょう。日本人向けといえば、以前にも紹介し、今や最大マッサージチェーン店の1つ「NUAT THAI」や、日本人スタッフがいらっしゃる高級感あふれるスパ「PRANA SPA」がございますが、今回ご紹介するスパはガイドブックやネットのレビューも多く掲載されている「TON-TON MASSAGE」です。日本人に人気のある、その秘密を探ってきました!

 



今ではセブ島でも多数見られるタイ式マッサージのキッカケとなった同店は、観光客だけではなく、地元の人も通うくらい質が高く、安い値段でサービスが受けられることが特徴です。

セブ島ではフェンテ・オスメニャサークルと、A.S FORTUNAの一力茶屋店、そして今回私が訪れたマクタン島内の3店舗ございます。

週末は混み合う事が多く、私も予約なしで行くと2回断られたことがありましたので、週末訪れる際には予約が必須です!(記事の最後に電話番号を記載します。)

 

IMG_0848

 

IMG_0849

 

 

マクタン島内の場所は、ニューブリッジとオールドブリッジの間の道にある、日本食レストラン「萬里」の正面にありますので、萬里を目指して探すと見つけやすくなっています。

 

IMG_0850

 

メニューは、ボディーマッサージ、フットマッサージ、バックマッサージのみとシンプルなメニューとなっております。

●フットマッサージ

30分 100ペソ(約230円)

60分 200ペソ(約460円)

●ボディマッサージ

1時間 200ペソ(+オイル付50ペソ)(約460円)

2時間  450ペソ(約950円)

と格安の値段になっております。セブにはもちろん、探せば更に安いマッサージがありますが、値段に対する施術内容が重要ですよね。

 

IMG_0944

 

このような注意を促す表記も、日本語表記ということは、日本人が多く訪れる店ということが伺えますよね。

 

さて、その重要な施術内容をご紹介致します。

 

IMG_0945

 

最初はマッサージ恒例、足を入念に洗ってくれます。

 

IMG_0946

 

足を洗う場所の右隣に、台所(?)のようなものがあり、足はタライのような桶で洗うので、何とも斬新な気分になりますが、それも含めてタイ式マッサージの真骨頂という所でしょうか。

 

IMG_0949

 

このようなカーテンで区切られた場所で施術を受けます。私がこれまで受けてきた数多くのマッサージの中でも、かなりオープンなスタイルとなっていますが、個人的にはこのようなローカルな気分の方が落ち着いて施術を受けることができました。綺麗なスパだと、少し気追ってしまってリラックスできない場合もありますよね!

 

気になる施術内容は・・・・セブ島に多いマッサージのスタイルとは異なり、予想通りのタイ式マッサージの老舗、という内容でした。体をさする、セブ島に多いマッサージ店のスタイルが中心ではなく、さまざまざ部位のツボを刺激してくれます。個人的には股関節を入念にマッサージしてくれて大満足でした。

また、マッサージのストレッチも、他店舗にないダイナミックなものばかりでした。タイ式マッサージならではですよね!

途中でマッサージの強さを何度も気遣ってくれる点も良かったです。普段施術を受けない部位を多く施術してもらうようになると思うので、自分に合った強さを正直に伝えることも、十分にリラックスできる要素の一つではないでしょうか。

 

セブに来て高価なマッサージに行くのも1つの案ですが、こうしてローカルな場所で施術を楽しむのも貴重な経験を味わってみてはいかがでしょうか。

 

Ton Ton massage mactan blanch

G & A BUILDING, M.L. QUEZON HIGHWAY
PUSOK, LAPULAPU CITY, CEBU, PHILIPPINES
 
032-341-0059/032-341-0818

 

(EIJI)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

eiji eiji