2014年4月6日 更新

美しいセブの「7つの海」表情の違いを見てみよう。

リゾートセブ島のイメージには「海」が欠かせません。青い海と空の境界線が時には水平線でわからなくなるほど、その「青」の濃さ、美しさは息を飲むものがあります。今回はそんな青い海の中からいくつかのものを紹介します。それぞれに表情が少しづつ異なる様子を御覧ください。



今回紹介するのは、筆者が特にご紹介したい7つの海です。
ホテルのプライベートビーチから離島まで織り交ぜてご紹介します。

シャングリラ・マクタンホテル


IMG_9490

マクタン島で最も美しいと評する方も多いこのビーチには、
ホテルの宿泊者だけでなく、デイユースも含めて多くの方が訪れます。

白い浜と青い海のコントラストが美しく、
パラソルなどもきれいに配置されています。

雰囲気や様子は「鮮やか」な印象で、
そこに身を置くことに充実感を感じるような場所となっています。


コスタベラホテル


COSTABELLA SUITE ROOM VIEW

マリバゴブルーウォーターから更にタンブリ方面に入ったところにある、
コスタベリアホテルは、シャングリラと比較すると落ち着いた雰囲気です。

海の色は水色に近く、視界が開けているのでとても広く感じます。


セブホワイトサンズホテル


WHITE SANDS BEACH 2

ダイバーの方が多く訪れるこのホテルは、
ビーチライフも楽しむことができます。

透き通った海水を眺めながら、周辺のヤシの木などが雰囲気を醸し出してくれます。

大きいビーチではないものの、
ホテルの名前の通り白い砂浜を存分に楽しむことができるはずです。


クリムソンホテル


CRIMSON BEACH

マクタン島のリゾートでも高ランクに位置するクリムソンホテルは、
到着後ロビーから海が一望できる設計となっています。

ビーチは解放感があり、全体的に洗練された印象を受けます。


アレグレビーチリゾートホテル


ALEGRE BEACH 3

セブシティーから1時間半ほど北上した場所にあるこのホテルには、
ホテルライフを満喫したい方が多く訪れます。

昨年の台風から一部リノベーションを行ったこともあり、
内装は美しく落ち着きがあり、広々とした雰囲気が感じられます。

ビーチも横に長く、椅子などで横になって時間を忘れ、
体全体でリゾートを感じることができます。


ナルスワン島


IMG_1518

アイランドピクニックでは必ず訪れるべきナルスワン島は、
この近辺でも有数のダイビングスポットです。

緑と青が混ざり合ったような独特の色は、
セブ島旅行の中でも、目にして頂きたい景色の1つです。

全長200メートルほどの細長い桟橋の両脇には、
たくさんの魚やサンゴが出迎えてくれます。


スミロン島


CIMG2281

セブ島最南端にあり、ジンベイザメのスポットでも有名な、
サンタンダー・オスロブの近くに位置するスミロン島は、
セブシティーから片道で3時間ほどかかる遠方の島。他の場所とは比較にならない、
独特の青を持つこの海では、多くの魚を見ることができます。
白い砂浜の島と、この青は日本ではまず見ることができないと思います。

 

今回は7つの海をご紹介しましたが、もちろん美しい海はこれだけではありません。
セブに訪れた際には是非「お気に入りの海」を見つけてみて下さい!

(タク)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

セブに来たら絶対行くべき!【ナルスアン島】マクタン島からお手軽に行ける楽園リゾート

LCCも就航し、直行便であれば5時間程で来ることのできるフィリピン、セブ! その手軽さと、物価の安さから比較的お手頃な価格で楽しむことができるセブは、幅広い年代の日本人に人気になっております! このページを見て下さっている皆様は、フィリピンという国がが7000もの島からなる国ということをご存知でしょうか? どの島にと独自の特色があり、唯一無二の魅力に溢れております! その中でも筆者が大好きな島の1つである【ナルスアン島】について今回紹介させて頂きます。
SHOTA | 227 view
マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

セブ、リゾート、、と来るとその次に来るのはやはりビーチ! セブ島に来たからには、ビーチでのんびりしたい!そう考える方は多いのではないでしょうか? そんな皆様必見!今回は、マクタン島にある公共のビーチ、ハドサンビーチをご紹介します!
SHOTA | 514 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku